一見、「天守や櫓がなく、土と山だけ」と思われがちな山城。しかし開発にさらされがちな平城等に比して保存状態が良く、ほぼ往時の姿をとどめている山城も多い。土塁、石垣、堀切……。ぜひ現地で遺構に目をこらして、戦国の武者たちに思いを馳せていただきたい。週刊朝日ムック『歴史道 Vol.17』では、「戦国の山城の歩き方」を特集。3人の専門家に「オススメの山城」を推薦してもらった。今回は、静岡大学名誉教授で日本城郭協会理事長の小和田哲男氏のベスト10。選定のテーマは「落城悲話に惹かれる山城」だ。

*  *  *

――今回は、落城悲話に惹かれる城をご紹介いただきたいと思います。城をめぐる合戦というと、落城をめぐるさまざまな物語が思い浮かびます。どのようなところが心に残りますか。

 山城は、櫓や塀など目立つ遺構がない場合も多いです。それだけに、その地に秘められた悲話を知ってから訪れると、より一層リアルな情景を思い浮かべられると思います。なお、悲惨な籠城戦というのは、数限りなくありますが、今回はあくまでも山城に限定しているということは、ご承知おきください。

 まずは鳥取城です。羽柴秀吉によって、鳥取の「飢え殺し」と呼ばれる兵糧攻めが行われた城です。おそらく我が国で起きた籠城戦のうち、もっとも悲惨なものの一つでしょう。兵糧攻めで、飢えた城兵が草や木の根まで食べたという話はいくつもありますが、ついに味方の人肉まで食べたという逸話が残るのは、鳥取城攻めくらいでしょう。しかし、攻めた秀吉の側からすると、後に天下人となる栄光の「太閤秀吉物語」の一ページを飾る、重要な戦いです、秀吉は別所長治が守る播磨の三木城でも兵糧攻めを行いましたが、城方に兵糧米が潤沢にあったため、城を落とすのに1年10カ月もかかってしまった。鳥取城攻めは、その経験に学んだ秀吉が、事前に城下の米を買い占め、さらに民衆を襲って城に追い込み、城内の食い扶持を増やしておくという策略を用いて、落とすことができました。

――鳥取城の見どころは?

 秀吉が本陣を置いたとされる太閤ヶ平からの景色です。眼下に鳥取城を見下ろすことができる壮大な景色で、当時の戦いの様子が目に浮かびます。

 小谷城は、浅井亮政・久政・長政の3代が居城とした難攻不落の名城です。普通に攻めても落とすのは難しい。攻撃側の織田信長も、小谷城を落とすのに約3年を費やしています。最期は浅井久政・長政父子が、お市の方と3人の娘を敵に引き渡したあと、城を枕に討ち死にするという、絵に描いたような落城の仕方です。小谷城は、私が昔から何度となく上った城で愛着もあるので、2位に入れました。

――女性がからむと、より悲劇性が増しますね。

 第3位の岩村城もまさにそうです。女城主の城として知られる岩村城ですが、織田信長の叔母にあたる遠山夫人が、武田家臣の秋山虎繁と結婚して岩村城は武田方になります。これを信長が攻めるわけですが、秋山は信長の和平交渉を受け入れて城を出たところを捕らえられ、長良川で磔になり、遠山夫人も殺されてしまいます。これも山城の落城悲話としては落とせませんね。

 そして、秀吉の小田原攻めのときに落城した八王子城。激しい戦いの末、落城の際に残された婦女子が身を投げたと伝わる御主殿の滝が今も残っています。この滝に本当に身を投げたかどうかはわかりませんが、武将だけでなく女子がたくさん亡くなったというのは事実でしょう。落城の悲劇を伝え、印象深いですね。

 高天神城の落城は、ちょっと異色です。通常、城方が降伏すると講和を結んで開城となるのですが、攻め手側の織田信長は降伏を許さなかったため、城を守る武田方の岡部元信以下家臣たちは城から打って出て討ち死にしました。信長は、武田方にはもう高天神城を守る力がないということを周辺の国衆らにアピールする意図があったのでしょう。

――降伏さえできずに落城した、と。

 信長の戦略的な意図で落城させられたという意味で、実に悲劇的です。

――第10位にあげていただいた岩屋城の戦いも、戦国ファンには人気です。

 岩屋城の城主高橋紹運は、私は名将だと思っています。それが島津氏に攻められ絶体絶命になる。息子の立花宗茂にも降伏を勧められますが、主君である大友氏から岩屋城を任された以上、何としても城を守りぬく覚悟で戦いを続け、家臣とともに壮烈な最期を遂げます。戦国時代的な武士の道徳観念が非常に色濃く出ている落城物語です。

■小和田哲男さん「落城悲話に惹かれる山城」ベスト10

1位 鳥取城
鳥取城攻めは、天下人秀吉の栄光の戦いに位置付けられるが、実情は悲劇的な兵糧攻めだった。太閤ヶ平からの眺めは絶景。

2位 小谷城
戦国屈指の山城のひとつ。信長の妹で浅井長政の妻のお市の方と娘の「浅井三姉妹」が落城間際に織田方に引き渡された逸話は有名。

3位 岩村城
城主遠山景任の妻(遠山夫人)は信長の叔母。景任の死後、遠山夫人は武田方の秋山虎繁の妻となって和睦。信長の怒りをかった。

4位 八王子城
秀吉の小田原攻めの一環として、上杉景勝、前田利家、真田昌幸ら1万5千に攻められたが、小田原開城後まで抵抗を続けた。

5位 高天神城
武田勝頼が長篠の戦いに敗北したのち、織田方の徳川家康が高天神城を攻め、信長の意図を忖度して城方の降伏を許さなかった。

6位 七尾城
上杉謙信に攻められた際、まだ幼かった城主の畠山春王丸が城内に蔓延した病気で亡くなった。病が原因で落城した珍しいケース。

7位 岐阜城
斎藤氏の当時は稲葉山城。織田信長によって天下の堅城に造り替えられたが、関ヶ原の前哨戦においてはわずか1日で落城してしまう。

8位 月山富田城
中国地方の雄・尼子氏の居城。大内氏を撃退した名城だが、陶晴賢を討った毛利元就に包囲され、兵糧攻めの末に落城した。

9位 八上城
信長の命で丹波攻めを行った明智光秀は、城攻めののち降伏勧告。城主の波多野三兄弟は降伏したが信長によって処刑された。

10位 岩屋城
城主の高橋紹運は名将として知られ、最後まで徹底抗戦した。攻め手の島津方も損害が大きく、島津氏の九州統一の夢はくじかれた。

◎小和田哲男(おわだ・てつお)/1944年生まれ。静岡大学名誉教授。日本城郭協会理事長。戦国時代の研究を専門とする。『戦国の城』(学研M文庫)、『名城と合戦の日本史』(新潮文庫)、『人生を豊かにしたい人のための日本の城』(マイナビ新書)など、城に関する著書も多数。

(インタビュー構成/安田清人)