コロナ禍でオンライン授業の大学生活では、友だちをつくろうとしても難しい。そうした中、学生の孤立を避けようと大学が動き出している。AERA 2021年10月25日号は、法政大学と早稲田大学の対策を取材した。

*  *  *

 法政大学の学生14人が10月4日の夕方、オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」に集まった。

「これから読書会を始めます」

 図書館事務部の森川愛子さんの進行で始まったのは、本でつながるオンライン読書コミュニティ「法政ブックLab(ラブ)」だ。大学からプレゼントされた課題本を読み、感想をチャットアプリ「Slack(スラック)」で共有し、10月下旬に再びオンラインで集う。読書習慣をつけてもらう目的に加え、コロナ禍で孤立しがちな学生がつながる機会を作ろうと、法政大学が今年度から始めた。同大生なら誰でも参加できる。

 この日は顔合わせ。いくつかの読書法が紹介され、お堅い読書会かと思いきや、

「本は相性で合わない本があっても当然。最後まで読めなかったら作者のせいにしてOKです」

 と森川さんは言う。さらに、

「対話で他者に自分の意見をぶつけて再考することが大事。たとえ1ページも読んでいなくても堂々と語って」

 と呼びかけた。

■内面的な対話の場に

 対話タイムでは、今回の課題本『嫌われる勇気』(岸見一郎、古賀史健著)を読みたいと思った理由について語り合った。

 あるグループでは、男子学生が体育会の部活動の主将として人の嫌がることも指示せざるを得なかった経験から「活動を振り返るために読みたかった」と明かし、女子学生は高校時代に嫌われるのが怖くて人間関係に疲れたことを語った。

 別のグループでは、それぞれ好きな本の話題になった。文学部1年の高橋梨咲さん(18)が「(進学で)上京する前に読んでいた本です」と『東京百景』(又吉直樹著)の印象に残った箇所を紹介すると、別の学生が「今、本棚から取ってきます」としばらく中座。自宅から参加できるオンラインならではのシーンだ。

 参加した理工学部1年の加治木基洋さん(19)は言う。

「去年入学したけど、コロナ禍で授業は全てオンライン。起業を目指してサークルを作っても仲間は集まりませんでした。思い描いていた大学生活と全く違うなか、学生同士が交流できるイベントはすごくよかったです。もっと増やしてほしい」

 進行役の森川さんはこう話す。

「昨年、オンライン読書イベントを開いたときに『初めて学生同士で話せた』と話す新入生が何人かいて、交流の機会が必要だと感じました。内面的な対話ができる場にしていきたい」

 大学では昨秋から、「コロナ禍であっても充実した学生生活を止めない」をテーマに学生生活応援プロジェクトを展開。大学周辺の散歩など気軽な課外活動から海外の学生との交流まで企画は多様で、読書会もその一つだ。文学部准教授で学生センター長の齋藤勝さんはこう語る。

「コロナ禍のため大学生になった実感を持てない学生は少なくなく、学生センターには深刻な相談も寄せられています。外に出ることに不安を抱き、社会活動が止まってしまっているように感じている人もいます。ポジティブなメッセージを発信し続けることで、不安を抱えている学生たちに、大学がリアルに動いていることに気づいてもらい、少しでも前向きな気持ちになってもらえればと思っています」

■大学主催企画の安心感

 早稲田大学も「友人の輪を広げる交流の場」と題して多種多様な交流イベントを実施してきた。今年4月には2日間、2年生を対象に対面の交流会「しゃべり場inワセダ」を開催。応募を始めるとすぐに定員に達したという。当日は3、4年生も来て、学生生活の困りごとや留学の相談などにも応じた。教育連携課の荻原里砂課長は言う。

「これまでキャンパスに来たことがない学生がほとんどで、参加理由を尋ねたアンケートでは8割が『対面だから』と回答しました。リアルに話ができる場を求めていると感じています」

 学生生活課では、「温泉につかるように気軽な交流」をコンセプトにしたオンライン交流会「わせだ温泉」を4、5月の毎週月曜日と金曜日の昼休みの時間帯に開いた。学生スタッフで3年生の酒井亜花里さんは言う。

「昨年から相談会やサロンをオンラインで開くなかで、『友だちが初めてできた』という人もいました。この秋には交流の場に参加しづらい、より深刻な悩みを抱える学生を対象にカウンセリングや精神科について学ぶイベントも実施しています」

 同課の久保山尚英課長によると、オンラインではどんなサークルかわからないため入るのを躊躇(ちゅうちょ)する1、2年生もいて、大学主催のイベントなら安心して参加できるという声がアンケートなどで聞かれるという。(編集部・深澤友紀)

※AERA 2021年10月25日号より抜粋