「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。

思い切って「偏差値」というものさしから一度離れて、中学受験を考えてみては――。こう提案するのは、探究学習の第一人者である矢萩邦彦さんと、「きょうこ先生」としておなじみのプロ家庭教師・安浪京子さんです。連載4回目の今回は、塾選びに悩んでいる親御さんからの相談です。

*  *  *
【相談4】

「来年から4年生になるので、入塾を考えています。駅前に大手進学塾が2つあるほか、少し離れたところに個人塾もあります。他のお友達はすでに小1から大手塾に入っている子もいて、かなり焦ってきています。我が子に合う塾の選び方を教えてください」(小3男子の母)

■塾に早く入れたほうが合格しやすい、という法則はない

安浪:この方はある意味、恵まれた環境にいますよね。通える塾がたくさんあるんですから。地方では電車に1時間乗って通える塾が一つだけ、というところが普通です。

矢萩:僕は神奈川出身なんですが、1時間電車に乗って通っていていました(笑)。まず言いたいのは、お友達が小1から塾に通っているからといって焦る必要はないですよ、ということ。

安浪:そうそう。塾に早く入れた方が合格しやすい、といった法則はないです。むしろ、低学年に模試で上位にいた子がそのまま6年生まで上位をキープして合格しました、という子は少ないかもしれない。実際は3年生で上位だった子が5、6年では姿が消えている、というケースも多いです。

矢萩:厳しいようだけどそれが現実かな。先取り学習をやっている子、小学校受験をやって小学生になってからもまた塾に行っています、というような子は3年生までは点が取れる。ただそういう子は伸び悩む可能性がある。問題をパターンで覚えていることが多いからです。低学年のうちは座学よりもとにかく遊びを含めた体験量を増やして欲しいですね。

安浪:塾に早く入れておけば安心、というのは親の保険に過ぎないですもんね。

矢萩:ご質問の方がおっしゃっているように、大切なのは子どもと塾の相性かな。

■合格実績を出す塾が、わが子に合うかはわからない

安浪:塾選びに関する質問は私もよく受けますが、やはりお子さんの状況によってアドバイスは変わってきますね。学校の勉強もよくできるし、学ぶことにも意欲的。新しい場所にもなじみやすく、負けず嫌い。こういった子であればぜひ大手塾へどうぞ、ってなる(笑)。でも学校のテストもおぼつかない、精神年齢も低め、ということであれば、大手塾でないほうがいいですね、そもそも学校選びから考えましょう、という話をします。

矢萩:そうですよね。難関校の合格実績をズラリと出している塾はコスパが良く見えるかもしれないけれど、それがわが子に合うかどうかわからない。

安浪:大手塾は合格までのスキームを持っていることは確かです。大手塾は“もともとできる子”を最難関・難関校に合格させるために“さらに伸ばす”場所です。その上で、塾によってカリキュラムの内容、進度が違うので、それにうまく乗れるか、も大事です。

矢萩:僕はとにかく体験に行ってみることをおすすめしています。行ってみて教室・講師・生徒たち、それにテキストや授業スタイルとの相性が良さそうなら、候補としてキープしつつ、3つは見てください、と言っています。

安浪:サピックスは体験授業を受け付けないですけどね。

矢萩:それは、みせないことでブランドを保持しよう、ってことですよね。「鉄のカーテン」みたいな。

安浪:「勉強が好き」「苦ではない」という子ならサピックスのような最難関・難関校対象の塾に行っていたほうが、後からついていけないとなった時に転塾しやすい、というのはありますね。逆に、6年生になって他塾からサピックスに転入というのは、かなり力がないと難しいですね。

矢萩:関東の4大塾と言われるのが、サピックス、日能研、四谷大塚、早稲田アカデミー。それぞれ塾ごとのキャラクターがありますし、校舎や室長によってのカラーの違いも出てきます。とにかく体験できるところは体験してみることですね。

安浪:4大塾のカラーに関してはいろいろな書籍やネット記事でも調べることができます。だいたい同じようなことが書いてあるので、前提知識として持っていてほしいです。気をつけてほしいのは、日能研は本部系と関東系で全くスタンスが違うということ。あとプリント教材かそうじゃないかもしっかりチェックしたほうがいいです。プリント教材の整理は子どもには無理。親は覚悟したほうがいいです。

矢萩:本当の相性は通ってみないとわからないことも多いのは事実です。まずは楽しそうに通っているかどうか。全く伸びている感がないとか、自分たちが成長している感が全くないなら相性は悪いと思いますよ。

安浪:ひとことで相性といっても、塾との相性なのか、先生との相性なのか、テキストとの相性なのか、ハイブリッドなのか、いろいろケースはありそうですけどね。

矢萩:4教科全ての先生と相性がいい、というのはほぼあり得ない、ということは心しておいた方がいいです。

■4年生までは似たような塾が多いが…

安浪:あとは何といってもご家庭の価値観ですよね。遠くまで電車に乗っていくより、近くの塾にしたい、とか。お弁当が必要か否かもありますし、4年、5年、6年でどんな生活になるのかをシュミレーションしてみるといいです。

矢萩:4年生までは似たような塾が多いですけどね。

安浪:特に関東の塾は4年生まではゆるいのでどこも一緒に見えます。でも5年になると一気に難度が上がって、学習量も宿題も増えるなどガラっと変わるので要注意です。拘束時間もどんどん長くなって、6年生になると週7で塾、というところもありますしね。

矢萩:そもそも週7でやらないと受からないのか?そこまでやらなければ合格できない学校に入学して大丈夫なのか?というのは疑問ですけれども。

安浪:話は変わりますが、小規模塾に関してはどのように考えられていますか?

矢萩:大人数が苦手、奥手な子などは、大手塾に行くよりいい場合があります。個人経営者がなぜ小規模塾をやっているか?って考えると、大手塾にそもそも雇ってもらえなかった、人間関係など何らかの事情があって辞めた、教育方針や授業方法の相違、個人でやったほうが儲かると思って独立した、このどれかに当てはまるんじゃないかな。どのパターンにも当てはまらない人は、かなり強烈な教育哲学をもっている人。つまり、よくも悪くもすごく個性的。だから、個人塾ほど相性がある、と考えています。

安浪:なるほど。時々情報がアップデートできていなくて時代遅れになっている個人塾も見かけるので、そこはちょっと心配かな。

■「新型入試」を受けるなら、個人塾の選択肢も

矢萩:小規模塾、個人塾こそいろいろ見たほうがいいと思う。最近増えている「新型入試」を受けるなら、学校のことをよく知っている先生がもし塾にいるなら、大手塾よりいいと思います。

安浪:とはいえ、個人塾で最難関校合格を目指すのは、ほぼ無理じゃないですか? 最難関校は大手塾が威信をかけて対策講座を開講し、練りに練った教材を作っているので、それをひたすらやっている子との差はやはりついてしまいます。

矢萩:個人塾で最難関校に受かる子はたまにいるけれど、そういう子は元々できる子で、何らかの理由で個人塾に引っかかってきた、ということが多いかな。ゼロから鍛えていくのは難しい。もちろん、大手塾から最難関校に合格する子も、元々できる子が大半ですが。

安浪:あとはマンツーマンで教える個別塾ですね。最近は最初から個別塾を選ぶ家庭もあります。最初から個別、というのもちょっと引け腰かな。お稽古ごとを頑張ってるので週2以上通えない、など明確な理由があるならわかるけれど、「集団だとかわいそう」など消極的理由だと成績が上がらない。個別塾だから成績が上がる、というのも幻想です。

矢萩:個別塾は教室長以外、学生が教えているところが多いしね。

安浪:中学受験に足を踏み入れたものの、本気の世界が怖い、ガチでやるのが怖い、って親が思ってしまっていたり。

矢萩:そう。ちょっとビビっている。寿司屋に入るのか、回転寿司に入るのか(笑)。

安浪:逆に、「わが家の目標はこの程度でいいかな?」という気持ちで大手塾に入るのもしんどい。

矢萩:そうすると、塾に丸投げになりがち。親の覚悟は絶対的に必要。勉強教えなくてもいいから、その子のための学びを一緒に本気で探そうよ、っていう。

安浪:そう、子どもが可哀想ですよね。親の関わりすぎもよくないけど、放置も絶対に良くない。適切に関わっている家庭はやっぱり強いです。どの程度が適切なのかは、子どもにも親子関係にもよるけれど、中学受験はそれを常に探っていくことでもありますね。

(構成/教育エディター・江口祐子)