安浪京子先生と、いずれも子どもの中学受験を経験した3人の担当編集者によるオンラインセミナーが開かれた。AERA 2021年11月8日号は、受験を目前に控える6年生へのアドバイスを紹介する。

*  *  *

──オンラインセミナーの参加者から6年生の今の時期の悩みを集めると、「勉強」「志望校」「塾」「メンタル」のほぼ四つに分類できました。まずは勉強の悩みにどう向き合えばいいのでしょう。

「模試の判定が悪い」「塾のクラスが落ちた」という悩みはこの時期でもあります。私たち指導者からすると、もはや全員が受ける模試の判定は気にしていないのですが、親はこの時期の模試の結果が悪いと「志望校を変えたほうがいいのだろうか」と悩んだりしがちです。

 しかし、今大事なのは模試の判定より過去問を取れるようにすること。優先順位を間違わないようにしましょう。

 模試よりクラスにこだわる子どもも、この時期はまだ多いです。そのようなときは「この時期にいちばん大切なことは何か」を改めて話し、あくまで志望校の合格が目的であることを伝えます。それほど、まだ子どもにとって入試が現実味を帯びていないのです。

 その他にも、勉強しない、取りかかりが遅い、といった悩みも依然としてありますが、学校行事も重なるこの時期は子どもも疲れがたまっています。そのような時に親がさらにむち打つような言動をすると、子どもは塾に行かなくなります。さらに気力が低下して学校にも行けなくなります。そして入試本番、布団から出られなくなることも。この時期、やみくもに追い込むのは要注意です。

■塾の拘束時間が長い

──塾へは今まで通り通っていいのかという悩みもあります。

 秋以降、塾では志望校別の特訓講座が始まります。最難関校の学校名がついたいわゆる「冠特訓」のほか、「難関校男子」「難関校女子」のように、あらゆる志望校の子を詰め込んだ講座など、さまざまあります。

 これらの特徴は、拘束時間が長いこと。お弁当持ちで6、7時間というのもザラです。そうすると、家で過去問を解く時間が十分取れなくなり、悩むご家庭が増えます。冠特訓はいいのですが、それ以外の特訓講座では、自分が志望している学校では出題されない問題をやらされることも。もしそうなら、特訓講座を間引いた方がいい場合もあります。  

 また、塾のクラスが荒れてくるのもこの時期の特徴。子どもたちにストレスがたまり、いじめが発生することもあります。

 いじめが原因であるなしにかかわらず、子どもが塾に行くのを嫌がります、という相談も増えてきます。そのようなときは無理させず、休むことを勧めます。

 残りの約3カ月、「これをやればいい」というものはありません。講座を間引く、塾をやめて個別指導に切り替える、など今置かれた状況に合わせながら、細かく打ち手を考えていく必要がある時期です。

──志望校を最終的にどうするか悩ましいです。

 いちばん多いのは、「志望校の合格圏内に届かない」ということです。我々としたら、志望校別の模擬試験を受けてきて、40%の合格率を取ってきたら、「お、40%取ってきたか! 残り3カ月頑張るぞ!」となりますが、親からすると60%でも不安なんですね。

 第1志望はともかく、併願校が決まらない、という悩みも多いです。子どもの希望を聞いていると全部難関になってしまう、というのもありますし、親のほうが「こんな偏差値が下の学校に行かせたくない」と志望校の選択にバイアスがかかってしまう場合もある。

■受験動向の変化に注意

 たいていの塾は第1志望校に応じて併願パッケージを持っていますが、これはあくまで日程を偏差値で組んだもの。子どもに合うか否かは度外視です。特にコロナによって受験の動向も変わり、合格可能性や通学時間など、多角的に「安全志向」が高まりました。塾が提示したパッケージを鵜呑みにせず、わが子に合うプランについてアドバイスをもらいましょう。

 また、第1志望がチャレンジ校の場合は、そのまま受けさせていいのか悩むご家庭もあると思います。もし全然届きそうになくても、子どもにその学校をどうしても受けたいという意思が明確にあるならば、かなえさせてあげるべきでしょう。その場合は、第2志望以降は現実的なところをきっちりと押さえてください。

 子どもには、「第1志望の学校は絶対受けようね。でも第2が取れないのに第1が取れるわけがないから、まずは第2、第3の対策をバッチリやっていこう」というように気持ちを乗せ、併願校をしっかり押さえることが肝要です。

■やるべきことを淡々と

──本番に向け子どものやる気をどう高めたらいいでしょう。

 最後はやはり、メンタルです。「あと3カ月しかないのに子どもはまるでやる気がない」とヤキモキすることも多いと思いますが、親御さんたちにお願いしたいのは、この時期の子どもを必要以上に責め立てないでください、ということです。

 私はこの時期、疲れて気力がしぼんでいるな、という6年生を教える時は、あえて授業前に雑談を多くしたりします。そうすると土色だった顔色に赤みがさしてきてみるみる元気になったりします。そうしたちょっとしたことでいいんです。子どものストレスを発散させる時間を作ってあげるといいでしょう。

 そもそもやる気は周りの大人が無理やり引き出すものではなく、本人の中から芽生えるものです。やる気がなくてもいいから「今日やるべきことを淡々とやっていく」。これにつきます。ここでいかに寄り添えたかが、残り期間の密度を決めます。

 そのほか、「模試のたびに泣いている」、逆に「模試の結果が悪くても悔しがらないでヘラヘラしている」など、親の心配や悩みも尽きません。たとえ点数が悪いことを悔しがらなくても、これは子どもの性格によるので、一概にそれが良い、悪いとも言えないのです。

 6年生の秋は悩みのピーク。でもここを乗り切れば濃い中学受験になることは間違いありません。

(構成/AERA with Kids編集部)

※AERA 2021年11月8日号