コロナ禍でも受験者数が増加している中学受験。いざ「受験しよう」と決めて準備を始めてみると、志望校選びから日々の子どもとのかかわり方まで、親の悩みは尽きない。新著『なぜ中学受験するのか?』で「中学受験はやり方次第で良薬にも毒にもなる」と指摘するおおたとしまささんが、受験に向き合う親の心構えを考える。

*  *  *
 巷では、中学受験に「向いている子」と「向いていない子」がいると、まことしやかに言われている。たしかに努力が偏差値に結びつきやすい子とそうでない子はいる。しかしそれは高い偏差値をとることに向いているか向いていないかの違いであり、中学受験そのものに向いているかどうかはまた別の話である。

「中学受験そのものに向いている」とはどういうことか。偏差値的にはそこそこでも、仮に第一志望校には合格できなかったとしても、中学受験という機会を通して人生において大切なことをより多く学べたのなら、その子は中学受験に向いていたといえる。

 ズルをしたくなる気持ち、自分さえよければライバルを蹴落としたっていいと思ってしまう気持ち、たまたまうまくいっていないひとを見下してしまう気持ち、まわりから「すごい」と言われたい承認欲求の底なし沼……。

 そういうときに、テストの点数や塾のクラス分けなどのわかりやすい目先の成果よりも、ひととして正しい道を選ぶ勇気を示すのが、中学受験の親の役割だ。目先の損得勘定を超えたところの価値をつかむ。その経験が、子どもの人生を支える指針になる。親から子へと価値観が継承される。

■中学受験の親が言ってはいけない3つのセリフ

 勉強は塾の先生が教えてくれる。親の役割は人生を教えること。親がその役割をたくさん果たすことができれば、偏差値の高低にかかわらず、子どもは人生にとって大切なことをたくさん学ぶことができる。そうすれば、その子は中学受験に「向いていた」ことになる。

 つまり私に言わせれば、中学受験に「向いている子」や「向いていない子」がいるのではなく、中学受験に「向いている親」や「向いていない親」がいるだけだ。

 私が「中学受験に向いていない」と感じる親のセリフが3つある。「あなたのため」「いい教育を与えたい」「選択肢を増やしてやりたい」だ。

「あなたのため」は、ほとんどの場合、「あなたはわかっていないから私が決めてあげる」という意味にほかならない。親と子はまったくの別人格であり、もっている価値観も特性も違えば生きる時代も違う。なのになぜ、「あなたの人生について私のほうがわかっている」と思えてしまうのか。自分の経験則から「世の中はこういうものだ」「人生とはこういうものだ」と思い込んでおり、視野が狭くなっているからだ。いくら愛情とはいえ、時代錯誤な価値観をもとにした損得勘定を押しつけられる子どもはたまったものではない。

「いい教育を与えたい」と言うひとの話をよくよく聞いてみると、「いい教育」が暗に「他人よりも優れた教育」「費用面や学力面で簡単には得がたい教育」の意味で使われていることが多い。他人との比較からしか教育の良し悪しをとらえられていない。しかし私に言わせれば、たとえばお爺ちゃんやお婆ちゃんが昔話をしてくれたり、手遊びや歌遊びを教えてくれたりするのは最高の教育だ。同様に、長年の取材経験に基づいて言わせてもらえば、偏差値に関係なく、たいていの学校は「いい学校」だ。

「選択肢を増やしてやりたい」と言うひとは、受験を頑張って偏差値の高い学校に行けば、そのぶん選べる職業の選択肢などが増えると考えているようだ。決して間違ってはいないが、そのために努力を重ねて“いい学校”に入ったとすると、それによって増えた選択肢の差分からしか人生を選べなくなることがある。この理屈で中学受験を始めると、望みの学校に合格できたとしても、さらに大学受験で「最低でも早慶くらいには進学しなければ……」というような呪縛に囚われる。しかも、自分よりも低い偏差値の学校に進むひとたちのことを、無意識で見下す視点をもってしまう危険すらある。

 本当にわが子の人生の選択肢を増やしてやりたいのなら、親のすべきことはシンプルだ。職業に貴賤などなく、ひとそれぞれに役割があり、世の中のすべての人生がかけがえのない愛おしいものであることを、実感とともに説くことだ。

■中学受験が「毒」になるか「良薬」になるかを分けるもの

「あなたのため」「いい教育を与えたい」「選択肢を増やしてやりたい」については、「あっ、自分も言ってしまったことがある!」と不安になったひとも多いだろうが、安心してほしい。中学受験生の親の多くは最初、この3つのセリフを口にする。つまり中学受験生の親になったばかりのころはみんな、「中学受験には向いていない親」なのだ。

 中学受験の日々を通して、中学受験生がだんだんと本当の中学受験生になっていくように、中学受験生の親もだんだんと「中学受験には向いていない親」から「中学受験に向いている親」になっていけばいいというのが近著『なぜ中学受験するのか?』の主旨でもある。

 中学受験生の親として成長できるかどうかは、中学受験の日々の中で感じる不安や恐怖を、自分自身の人間的未熟さの表出だととらえられるかどうかである。親が謙虚に自らの未熟さを認め、それを乗り越え、成長すれば、子どもも大きく成長できる。しかし、親が自分の感じる不安や恐怖をいつまでも子どもの成績の悪さややる気のなさのせいにしていると、子どもは簡単に壊れる。

 中学受験が子どもにとって「毒」になるか「良薬」になるかの違いはそこにある。

(教育ジャーナリスト・おおたとしまさ)