積み立てるなら、おすすめは利益が非課税になる「NISA」だ。投資信託を始めるなら、少しでも得な買い方を覚えておきたい。AERA 2021年11月22日号は、非課税枠を増やす方法を伝授する。

*  *  *

 いざ冬のボーナス片手に出陣。買い方について、三菱UFJ国際投信の佐藤尚慶さんにアドバイスしてもらおう。

「初心者は特に、一括でお金を入れるのではなく積み立て購入をすすめます。そしてせっかくなら、国のお得な非課税投資制度を活用しましょう」

 最も手軽なのは、金融庁のつみたてNISAである。どうお得なのか。前述の通り、米国株投信に毎月1万円ずつ積み立てていたら直近20年では240万円が946万円になっていた。このうち利益は706万円。本来なら706万円から20.315%の税金=143万円が引かれるが、利益が非課税だと、まるまる706万円の利益が手元に残る。つみたてNISAは年間40万円、1カ月約3万3千円まで投信を積み立てられる。積立期間は2042年まで。そして利益が非課税になる期間も買った年からそれぞれ20年だ。

 現在のNISA制度には、今説明したつみたてNISAに加え、投信や個別株、ETF(上場投信)も買える「一般NISA」がある。非課税投資枠は年120万円。こちらの非課税期間は買った年から5年間。一般NISAは2023年12月に買い付け期間が終了する。

■NISA乗り換え可能

「ETFの『MAXIS米国株式』や『MAXIS全世界株式(オール・カントリー)』を一般NISAで買う人も増えました。信託報酬はいずれも0.0858%(税込み/別途ファンドの品貸料が必要)で、分配金を受け取りたい人に人気です。もちろん一般NISAで通常の投信も積み立てられます」

 2024年1月からは、一般NISAを2階建ての構造に改良した「新NISA」が始まる。買い付け金額は年122万円まで。非課税期間は一般NISAと同じく最長5年間。新NISAの終了は2028年12月だ。

 さて、ここからが本題。つみたてNISAを始めると、「毎月3万3千円といわず、もっと非課税で積み立てたい」と思う人も多い。ただ、「いったん、つみたてNISAを始めたら一般NISAには変更できない」と思っている人も意外にいる。

「一般NISAとつみたてNISAを同時期に『併用』することはできません。しかし『乗り換えていく(順番に消化する)』ことは制度的には可能です」

 ということは、2023年12月に終了する一般NISAを先に消化すれば、非課税投資枠が年120万円×2年間で240万円増える。そのまま2028年終了予定の新NISAに移行すれば122万円×5年間で610万円、さらに非課税投資枠が増える。一般NISAと新NISAを合計すると7年間で850万円もお得に投資できる。この二つを消化してから、つみたてNISAをしてもいい。

「既につみたてNISAを始めている人も、12月までに“2022年1月からは一般NISAにします”という手続きを完了させれば切り替えられます。念のため利用している金融機関に確認してください」

 そんな“寄り道”もできるとは。早速、確認した。人気のネット証券4社(SBI証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)に書面で詳細な質問を送付。その回答を要約する。

(1)いまつみたてNISAをしていても、2022年から一般NISAに切り替えられる

(2)一般NISA終了後、2024年からは新NISAに移行できる(ここでつみたてNISAに戻すことも可能)

(3)新NISAの買い付け期間5年が終わったら、再びつみたてNISAへの切り替えも可能

■投資元本の増加優先

 NISAの「乗り換え」は可能だった! つみたてNISAだけなら800万円の非課税枠が、すべてのNISAを使えば総額1450万円に(現行のままつみたてNISAの延長がなかった場合)。

 これはぜひ実践したいワザ、いや正攻法だ。若者なら順調に非課税投資枠を増やせる。40〜50代で貯金がある人は、毎月の収入から積み立てるというより「ためてきた円預金の半分を投信に移動したい」などのニーズも強い。非課税期間は5年とつみたてNISAより短いが、年120万円まで買える一般NISAや年122万円まで買える新NISAを先に利用したほうが、投資元本を早く増やせる。

 ここでつみたてNISAの非課税期間は最長20年だから、“5年間しか非課税にならない一般NISAや新NISAは損”と考えるのは早計。買い付けられる金額と非課税期間をごっちゃにして判断するのはよくない。

「利益が非課税になる期間を延ばすか、元本そのものを積み上げるか」の選択だ。運用状況にもよるが、たとえばつみたてNISAでも一般NISAでも全く同じ投資信託を積み立てるなら、元本を積んだほうが運用効率は高まるはずだ。逆に「月3万円以上は投資に回せない」と決まっているなら、つみたてNISAだけを続ければいい。

 一般NISAは個別の日本株やETFを選びたい人が使うものというイメージも強いが、米国株式や先進国株式などの投資信託を買うことも可能だ。つみたてNISAのように「自動積み立て」もできる。年120万円までだから、毎月積み立てなら1カ月10万円が上限。

 つみたてNISAから一般NISAへの切り替え手続きは、楽天証券のみネットで即時完結する(楽天証券のつみたてNISA口座を持っている場合)。それ以外の証券会社は書類手続きのため、できるだけ早く切り替えを申し込むのが無難だ。

 なぜ金融庁は、「すべてのNISAを乗り換えながら使えます」と告知してくれないのか。せめて金融機関が教えてくれたらいいのに。そう言うと、あるネット証券担当者は答えた。

「金融機関というものは『できないこと』に関しては、ホームページで正確にお知らせします。でも『できること』をすべてお知らせしていたら、膨大な情報量になり収拾がつきません」

 なるほど。自分の頭で考えて賢く投資しろ、ということか。(経済ジャーナリスト・安住拓哉、編集部・中島晶子)

※AERA 2021年11月22日号より抜粋