年明けの中学受験シーズンが迫り、不安と焦りを感じる親子も多いだろう。また、小学3年生の家庭などでは、中学受験に向け来春からの塾選びも本格化している。なぜ中学受験するのだろうか? 問い続ければ最後に笑顔になるのだという。AERA 2021年11月22日号の記事を紹介する。

*  *  *

 中学受験をテーマにしたドラマ「二月の勝者−絶対合格の教室−」が話題だ。原作のコミック(小学館)は累計200万部を超えている。朝比奈あすかさんの小説『翼の翼』(光文社)も売れている。いずれの作品も、中学受験のエグい部分をこれでもかと表現しながら、しっかりとエモい部分も描いている。そう、中学受験はエモいのだ。

 首都圏模試センターによれば、2019年まで首都圏の中学入試総定員数は、総受験者数よりも多かった。椅子取りゲームに例えれば、椅子が余っている状態がリーマン・ショック以降長く続いていた。しかし20年には椅子が足りなくなった。

 さらにコロナ禍への対応で公立学校と私立学校(私学)の差に注目が集まり、私学人気が上昇。中学受験者数は増加傾向にある。かつては一定以上の偏差値の学校に合格できなければ中学受験をする意味がないという意見も多かったが、コロナ禍を経て、偏差値的には多少妥協してでも私学に入れたいと考える家庭が増えているようなのだ。

 ただし中学受験はやり方次第で「毒」にも「良薬」にもなる。

■反抗期が漂白される

「中学受験のメリットとデメリットは何か?」という質問を頻繁に受ける。私はいつも「中学受験の何をメリットと感じるか、何をデメリットと感じるかに、そのひとの教育観、幸福感、人生観などの価値観が表れる」と答える。結婚のメリットとデメリットを尋ねられても一般論としては答えようがないのと同じだ。

 一方、「中学受験で得られるもの」は挙げられる。それはさらに、中高6年一貫教育で得られるものと、およそ3年間におよぶ中学受験勉強の日々で得られるものとに分けられる。

 受験が終わってから、中高6年一貫教育で得られるものを端的にいえば「ゆとり」だ。

 高校受験がないので、中学生のうちに目先の1点、2点にとらわれない学習がたっぷりできる。理科実験や英語の多読や英会話などに時間をかけることができる。このような体験的な学習が結果的に、大学受験勉強の土台になる。中高一貫校の大学進学実績が高いのは、決して先取り教育によるアドバンテージだけではないのだ。

 そもそも反抗期のピークに当たる時期に、高校受験のような教育的ビッグイベントを設けている国は世界的に見ても極めて珍しい。

 反抗期が強く出れば高校受験でのパフォーマンスは下がる。高校受験勉強に最適化し、内申点まで気にしていれば、反抗期は漂白される。それでは精神的自立や批判的精神の涵養が危うくなる。高校受験と反抗期の両立は至難の業なのだ。

 子どもから大人へと成長する多感な時期には、誰もがさまざまな葛藤を経験する。葛藤を乗り越える経験を通して、人間的成長を成し遂げる。言葉で教えられるものではない。流行りの言葉でいうならば、まさに「非認知能力」だ。

 特に私学だと、この時期の少年少女に葛藤を経験させる方法とその乗り越えさせ方に、それぞれの「スタイル」がある。学校ごとの「非認知能力のブレンド」といってもいい。それを身につけられることが私学の魅力だ。そのために外車が一台買えるほどのお金を投じるかどうかの選択ともいえる。

■初めての本気の大冒険

 約3年間の中学受験勉強の日々で得られるものをひと言でいえば「大冒険」だ。

 映画「ロード・オブ・ザ・リング」のようなもの。21世紀の日本のコンクリートジャングルを舞台に、中学受験生とその家族は、映画の登場人物さながらの恐怖や不安をガチで味わう。「二月の勝者」には「中学受験は課金ゲーム」という名ゼリフがあるが、実際の冒険は課金ゲームなんて生やさしいものではない。バーチャルな世界とは比較にならない本当の恐怖や不安を味わう。

 子どもが数々の試練を味わうのはもちろんのこと、親だって試される。一生懸命努力を重ねているのに前に進んでいる感覚さえ得られない焦り、なかなかやる気を見せてくれない子どもへの苛立ち、つい言い過ぎて子どもを傷つけてしまったあとに味わう自己嫌悪……。

 回り道、落とし穴、魔物との対決など、さまざまな試練を乗り越えて映画の主人公とその仲間が成長するのと同様に、中学受験生とその家族も成長する。最初から「そういうものだ」と思っていれば、試練に出くわしても、それをどうやったら成長の糧にできるだろうかと前向きにとらえられるようになる。

 試練に出くわすたびに、それをどう乗り越えたら自分たちらしいかを親子で語り合う。その日々を通して、人生の選択や生き方に対する親の価値観が子どもに伝わる。これも言葉だけではなかなか伝えられない類いのものだ。家庭の「非認知能力のブレンド」といってもいい。

 すべてを終えて振り返ると、中学受験の日々を通して自分たちのたどってきた道のりが、一つの物語になっている。「あのときああしていれば……」と思うことの一つや二つもあろうが、それすらもいずれ、物語の味わいを引き立てる「ほろ苦さ」だったのだと思えるようになる。

 生まれて初めての本気の大冒険を、子どもは何年たっても忘れない。そのとき感じた恐怖、苦しみ、喜び、そしていつもそばにいてくれた親の存在感の大きさを、映画の回想シーンのように思い出すことができる。

■親が魔物に襲われる

 中学受験で第1志望校に合格できるのは3割にも満たないといわれている。「結果」だけを見れば、あまりにも分が悪い。しかし結果の如何にかかわらず、「中学受験をして良かった」と振り返る家族には共通点がある。合格か不合格かの結果より、中学受験という機会を通した人間的成長に焦点を当てているのだ。しかしおそらく、最初からそう思える親は少ない。

 中学受験という魔界に棲む魔物は、親の未熟な部分を執拗に突いてくる。そこで痛みを感じているのは自分の未熟さゆえであることを謙虚に受け止められる親は、成長できる。親が成長すれば、子どもも大きく成長する。でも、いつまでも痛みを子どものせいにしていると、子どもは簡単に壊れる。中学受験が「毒」になるか「良薬」になるかの違いはそこにある。

 魔物に襲われそうになったら、「なぜ中学受験するのか?」という大きな問いに立ち戻るといい。どんな受験攻略本にも書かれていない、自分だけの進むべき道が見えてくるはずだ。向き合うたびに答えは変わるかもしれない。でもそれは、親として成長している証拠だ。

 特に小6の11月には、ほとんどの中学受験生の親が魔物に襲われる。模試の機会も残りわずかとなり、いよいよ現実を受け入れることを迫られるからだ。

 目の前の、ままならない現実に我を見失いそうになったら、「仮に第1志望校に合格しなくても、最後に笑っていられるとしたら、どういう状況か?」を考えてみてほしい。そこで親が視野を広げ、腹をくくれれば、入試本番直前期にパニクってわが子の足を引っ張る心配もなくなる。

■無機質な環境の中で

 ひるがえって、たとえば反抗期に受験勉強もしなければならない負荷の中でこそ精神的に成長できるのだと考えるのなら、むしろ中高一貫校に行くべきではないし、親自身が人生をかけた挑戦をしていてその背中を見せて子どもを育てるのだというのなら、新たに親子の冒険を始めなくたっていい。

 しかしもし、21世紀の日本社会で子育てをしており、そんな一見無機質な環境の中で、それでも子どもとともに熱い大冒険を経験したいと思うなら、中学受験という機会を利用してみるのも一案だと思うのだ。(教育ジャーナリスト・おおたとしまさ)

※AERA 2021年11月22日号