「東大に3回落ちて早稲田へ」。自民党総裁選で岸田文雄首相を紹介する言葉として、よく登場したフレーズだ。一般的にもよく聞かれるが、その背景にある心理は何なのか。AERA 2021年11月29日号から。

*  *  *

 その大学で、何を学べるか。いまの学生はそこをよく考えていて、以前より「学歴信仰」は薄れてきていると話すのは、中学受験専門塾スタジオキャンパス代表の矢野耕平さん(48)だ。

「たとえば『上智ならどこでも』と複数学部を受けるのではなく、日本文学を学びたいから早稲田や法政、学習院に加えて日本文学分野で有名な國學院や二松学舎大学も受ける。自分が何をやりたいかを模索して大学を受験する子がすごく増えました」

親世代の「高学歴」信仰

 なのになぜ、SNSやキャンパスで「○○落ち」は飛び交うのか。矢野さんは学生たちの親に注目する。大学受験戦争が最も過熱したのは「団塊ジュニア」が受験をした30年ほど前。いまの受験生や大学生の親は、まさにその世代。「高学歴」への思いが強いだけに、子どもが第1志望に不合格だったときに「本当はより高いレベルの大学に行けたかもしれないのに」という後悔を引きずり、それを子どもにぶつけてしまう。

「大学生とはいえ、まだ親の顔色を見てさまざまな価値基準が決まっていく面がある。抱かなくてもいいコンプレックスを抱いてしまった結果、ついポロッと『おれ、東大落ちなんだよね』という言葉が口をつく。そんな影響もあるかもしれません」

 若い世代にも影を落とす「学歴」へのこだわり。日本の社会は学歴を重要視しすぎであり、「学歴の境界線を溶かしていくこと」が必要だと訴えるのは、幅広い世代にSDGs教育を行う「World Road」共同代表で、青年版ダボス会議日本代表の平原依文さん(28)。「○○落ち」と話す大学生に、共感できるところはあると言う。

「受験は、この学歴社会の中で『成功』として認められるために必要な大きなステップであり、ゴール。『ウチの高校を出たならこの大学でしょ』など周囲の期待がありつつ、一生懸命努力したのに受からなかった悲しみの深さは想像に難くない。『○○落ち』には、『頑張ったけどだめだった』ということを、まずは伝えて認めてもらいたい。そんな思いを感じます」

 ただ、「言葉」は思考や行動につながるもの。「落ち」という言葉を心に残すよりも、言葉の転換をしてみては、と話す。

「たとえば京大『落ち』ではなく京大に『挑戦した』と言葉を変えてみる。同じ受験失敗という結果でも『挑戦』という言葉なら、自身の思いや行動を前へ進めることもできるし、SNSでそれを見た次世代の受験生も『挑戦した先輩がいたんだ』とポジティブに感じ取り、いい循環につながると思うんです」

 前出の矢野さんは、私立中学の生徒たちの間でも、「○○落ち」について話されることがよくあると言う。次世代へのネガティブな循環なのだろうか。

「受験を経て入学した私立中学1年生の頃、生徒の間で話題になるのが、『本当はどこの中学に行きたかったの?』ということ。ただそれは『ほんとは桜蔭に行きたかったんだ』『へーそうなんだー』と無邪気なもので、『○○落ち』というフレーズが使われるわけでもなく、大学生のような根の深さは感じません」

自分下げしつつ自慢

 新しい学校に入学して、出会う同級生との初コミュニケーション。心理カウンセラーの小日向るり子さん(50)は、私立中学の生徒と同様、大学生にとっても、「○○落ち」は相手との共通項を見つけて「つながる」ための、きっかけ作りに使われているのでは、と見る。

「たとえば明治大学で出会う相手は、おそらく他の六大学など似たような大学を受けた者同士の可能性が高い。『早稲田落ち』『あ、おれも!』となりやすいからというポジティブな側面はあるでしょうね」

 加えて「○○落ち」の背景として、若い世代の「自己アピールを強く重要視する傾向」があるのでは、と分析する。

「ユーチューバーや、インスタライブで同世代の人たちがとても上手に自己アピールする姿を日常的に見ている彼らは、たとえ炎上してディスられても、多少悪目立ちであろうとも『個をアピールしたもん勝ち』、みたいな価値観が意識の中に根づいている。いかに自分を強く印象づけるか、もう本能的に動いちゃう。そんな気さえします」

 単に「日大芸術学部です」と自己紹介するよりも、「2点差で慶応落ちの日芸です」などと付けた方が、印象づけとしては強い。「それほど学力もあったと自慢したいのか」と反発を買うリスクはあるが、何はさておき自己アピール。それにこの「○○落ち」という自虐ニュアンスの言い回し、実はとても「巧妙」だと小日向さんは言う。

「たとえ自慢と思われても、強くアピールしたい。でも親世代から受け継いだ日本独特の『謙遜を美徳とする文化』も完全には捨てきれない。『○○落ち』は、いったん謙遜しつつ、つまり『自分下げをしつつも、自慢する』という、ひじょうに複雑な心模様を映し出している自己アピールなのかもしれません」

(編集部・小長光哲郎)

※AERA 2021年11月29日号より抜粋