コロナ禍で医療への注目は高く、国公立大医学部の人気は健在だ。多くの合格者を出す高校を取材した。

*  *  *

「今の若者は仕事を選ぶ際に社会貢献できるかどうかを重要視する傾向にある。コロナ禍で医療現場がクローズアップされたことで、医学部を志望する学生が多いです」

 私立医学部・歯学部専門の予備校、メルリックス学院の鈴村倫衣(みちえ)・学院長はそう解説する。

 さらに、働き方改革で2024年度からは医療現場で労働時間の上限規制が設けられる。医師の勤務環境を改善し、時間外労働時間を減らそうとする動きも医学部の人気を支えると見られる。

「今後も医療現場の人手不足が予想されますし、国民皆保険制度が続く限り、医学部人気は当面続くのではないでしょうか」(鈴村さん)

 医学部に強い高校はどこか。なかでも人気の国公立大医学部の現役生合格者ランキングを見てみよう。

 私立では、現役と既卒生を合わせた総合ランキングで15年連続トップの東海(愛知)が、現役でも最多となる78人の合格者を出した。

 2位の久留米大附設(福岡)、3位の東大寺学園(奈良)など、ランキング常連校が上位に並ぶが、注目したいのは現役合格率(卒業生に対する現役合格者数の割合)だ。上位3校が2割前後のなかで、32%と高い数字を誇るのが北嶺(北海道)だ。

 北嶺は中高一貫の男子校。ひと学年120人前後と、私立ランキング内でひときわ小規模さが目立つ。教頭兼進路指導部長の郷頭(ごとう)竜也さんが言う。

「学校説明会では『日本一小さい進学校です』と言っています。生徒全員の志望大学、成績状況を把握でき、それぞれに合った進路指導を効果的に行えるのも、学生数が少ないからこその魅力だと考えています」

 同校は18年に「北嶺メディカルスクール」を設置した。毎月、医師を呼んで講演会を開くほか、道内の病院や診療所に研修に出向くなど医療体験を重視する。コロナ禍の影響で今年の卒業生は実現が難しかったが、例年、学生たちの医学部志望を強くし、将来像をより具体的にさせるきっかけとなっている。

 日本最北の離島、礼文島にある診療所を見学する「Dr.コトーキャンプ」や、砂川市立病院や市立三笠総合病院で医療を体験する「赤ひげツアー」などでは、手術室や実際の手術の様子を見せてもらうこともある。

「手術支援ロボットのダビンチなど医療機器を扱わせてもらうほか、産婦人科見学の際に帝王切開手術を見せてもらったことで、産婦人科を目指したいという生徒もいました。生の現場に触れることで、受験の面接でアピールになるという強みがあります」(郷頭さん)

 同校のもう一つの魅力は寮の存在だ。東大や国公立大医学部を目指す「青雲寮コース」があり、全国から生徒が集まる。定員は60人。学年の半分近くが寮生だ。

「ただの寄宿舎ではなく、寮生は寮専門の教諭の夜間講習を受けられます。チューターとして北大医学部や札幌医科大の学生30人程度が登録しており、寮生の勉強や進路の相談に乗るなど、サポートは手厚くしています」(同)

 充実した寮生活の人気は高く、合格しても寮に入れない道外の受験生が増えているという。入学をあきらめる生徒がいる一方、母親が子どもと一緒に北海道に移り住み入学するケースが「今年は12組」(同)といい、人気の高さがうかがわれる。

 医学部志望の学生にとって寮はトレンドのようだ。長崎の中高一貫校で、今年は現役合格者36人(7位)を出した青雲にも、寮の強みがある。中学生が入る「望山寮」と高校生寮の「和敬寮」だ。

◆寮での共同生活 医師の資質育む

 進学指導部長の安田幸典さんはこう話す。

「全校生徒の半分弱が寮生です。望山寮は4人部屋で、和敬寮は個室。中学のうちに自分で勉強する習慣づけをし、高校生になって静かな環境で集中して勉強するという流れで自立を促します」

 自ら学ぶ習慣を促すため、寮生の希望者には、長崎大医学部で学ぶ卒業生たちに学習支援をしてもらっているという。

「寮での共同生活では、相手の立場に立って物事を考えるという、医師として大切な資質が自然に身に付きます。共に過ごす時間が長いからこそ、切磋琢磨して互いを高め合おうとする精神が養われます」(安田さん)

 こうした“人間力”の育成も医学部受験においては大事だ。試験の点数が合格ラインをクリアしても、面接で不合格となることがある。同校では高校2年までに高校課程を修了し、3年では志望校やコースに沿った授業をするが、コミュニケーション能力も重視する。

「自分の意思を伝える力を養うため、1人最低3回は模擬面接を行います。面接官役の教員3人に対して生徒は1人。3回とも教員は別の者にするので、臨機応変に答える力も養われます」(同)

 続いて公立のランキングを見てみよう。

 こちらも常連の伝統校が並び、現役の合格者数、合格率ともにトップは札幌南(北海道)だった。ただし、既卒生と合わせた合格者数は、前年より少なかった。

 大きく合格者数を伸ばしたのは11位の岡山朝日(岡山)だ。

 1666年設立の藩校の流れをくむ、全国でも有数の伝統校。出身の著名人には映画監督の高畑勲さんや作家の小川洋子さんらがいて、岸信介元首相も通った時期がある。進路指導課長の田中晴美さんはこう話す。

「今年の医学部志望者は60人弱。共通テストの難化で平均点が下がりましたが、動揺することなく配点が大きい2次試験に臨めたことが合格者の増加につながったと見ています」

 同校では高校3年の2学期が終わるまで学内試験はすべて記述式で行うなど、共通テスト“後”の対策に力を入れている。生徒が普段から「2次力」をしっかりつけていたことが、結果に結びついた。

 将来の職業選択や志望校選びをサポートする取り組みも充実する。1年時の12月には、文理問わず学年全体で地元の岡山大を訪ね、生徒が希望する学部別に班分けして、各分野の研究を見学。2年時には夏と冬に医学部ガイダンスを開き、入試動向や勉強方法の説明に加え、志望学部に進んだ卒業生が大学生活や受験期の体験談を講演するといった態勢を整えている。

 次に女子高のランキングを見ていきたい。

 18年に女性の受験生らが一律に減点されるなど、医学部入試での不正が発覚。文部科学省が実態の調査を始め、21年入試では初めて女性の合格率が男性を上回った。

 現役と既卒生を合わせた数字で桜蔭(東京)、豊島岡女子学園(東京)に次ぐ3位に入った四天王寺(大阪)は前年と同じ25人が現役で合格した。進路指導部長の曳野康久さんは言う。

「不正入試発覚後に志望者数が大きく変わったということはありません。今年は共通テストの難化もありましたが、そうした影響をいろいろと考えるのは教師側だけで、生徒は例年と変わらず、勉学に励んでくれました」

 自ら進んで学び、考えて行動するといった自主性を重んじる校風。この2年間はコロナ禍の影響で、大阪大や京大医学部へのツアー、四天王寺病院の見学といったキャリア講座を中止せざるを得なかったが、生徒たちは「自分たちの高校に限らず、みなに平等に訪れている」と冷静に受け入れていたという。

◆難題をテーマに医学部生と議論

 同校は14年、中学に少人数制の医志コースを設置。今春、3期生が卒業した。30人に満たない編成で学習進度も速く、進学実績を引っ張っている。

 9位の湘南白百合学園(神奈川)は、昨年は医学部志望者数が少なかったことから合格者がいなかったが、今年は計9人が合格した。同校が重視するのは「多様性」。中学・高校の6年間、文理分けしないのもその一環だ。教頭兼広報部長の水尾純子さんはこう説明する。

「クラスの中に文系私大の志望者、美大や音大の志望者などが混在しています。多様な価値観を知り、互いを尊重する精神が育まれます」

 長期休暇中には医学部講座を実施。現役の医学部生とともに、答えのない課題にグループで向き合い、考え、議論する。中学1年から受講でき、講座を増やすほどの人気だという。

「テーマはたとえばトリアージについて。年齢も性別も異なる人たちがある条件下でけがを負っていて、という仮定の下で、誰を優先して医療行為を行えばいいのか。答えは誰もわかりませんが、実際の現場では一歩の遅れが生死を分けます。こうして医者の仕事を実感してもらいます」(水尾さん)

 違う学年の生徒とも同じグループになるので、普段は接することのない、異なる集団の中で自分の意見を話す絶好の経験になるのだという。

「答えがないからこその即興的で自由な意見交換は、医学部受験の鍵となる面接にもつながります」(同)

 医学部の志望者は高校2年のときから、大学の授業履修のように自分に必要な教科やカリキュラムを選ぶ。集団面接対策も複数回行い、本番さながらに議論して教師が講評することを繰り返す。行き届いた受験生へのケアが医学部合格の実績につながっている。

 前出の鈴村さんは、上位の女子高の生徒の間で、医学部志向は続くと見る。

「不景気が長く続くなかでも、医師という職業は必要だろうという安心感に加えて、資格があれば子どもを産んでも生涯働き続けられるイメージから、人気は高止まりでしょう」

(本誌・秦正理)

※週刊朝日  2022年4月29日号