コロナ禍でも心臓病やがんなど、コロナ以外の病気に罹患する人はおり、手術を必要とする患者も多い。週刊朝日ムック「手術数でわかるいい病院2022」では、全国の病院に対して独自に調査を実施し、回答結果をもとに手術数の多い病院のランキングを掲載している。今回の調査は、コロナの感染が拡大した2020年の手術数を集計した。2020年の心臓病の心カテーテル治療数が全国13位(関東6位)、心臓病の外科的手術数が全国2位(関東1位)になった川崎幸病院(川崎市)は、コロナの状況下でも2019年から手術数を伸ばしている。手術数が増えた理由と、コロナ禍の変化について、同院循環器内科主任部長の桃原哲也医師に聞いた。

*  *  *

 2020年の心臓手術数と心カテーテル治療数の全国ランキングの上位を以下に示す(週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』)。2019年の手術数も併記。

心臓手術数

1位 国立循環器病研究センター 2020年:928件(2019年:914件)

2位 川崎幸病院 2020年:914件(2019年:790件)

3位 榊原記念病院 2020年:767件(2019年:836件)

心カテーテル治療数

1位 千葉西総合病院 2020年:3226件(2019年:3106件)

2位 札幌心臓血管クリニック 2020年:2578件(2019年:2663件)

3位 小倉記念病院 2020年:1570件(2019年:1809件)

 :

 :

 :

13位 川崎幸病院 治療数 2020年:905件(2019年:667件)

 川崎幸病院では、心臓病の外科的手術数が2019年に790件、2020年には914件で伸び率116%、心カテーテル治療数は2019年に667件、2020年には905件で伸び率136%だった。

 川崎幸病院では、コロナ禍であっても従来通り、急患や重症の病気に対する治療や手術である急性期医療を継続するという方針を決定した。2020年4〜5月、第1波と呼ばれる時期にはERではコロナ患者を受け入れ、その後の感染拡大に伴い、駐車場にプレハブの建物をつくりコロナ患者の対応をおこなったが、通常医療を継続するという方針は変わらなかった。

「全ての医療機関がコロナ優先になってしまったら、心臓病などコロナ以外の病気を持つ人の治療ができなくなってしまいます。そちらの医療を担う役割も必要であったと思います」(桃原哲也医師)

 一方で、コロナ禍では患者の受診控えもみられた。最も顕著だったのは、クリニックからの紹介患者の減少だ。心臓病でも、軽症で自覚症状がそれほどない患者は、まずかかりつけのクリニックを受診しなくなった。それにより、必然的に紹介患者も減り、従来の半分程度にまで減少した。

 しかしその結果、病状が悪化した患者もいたという。典型例では、胸が痛かったものの感染を心配して受診せず、心筋梗塞(こうそく)になって救急搬送され、緊急手術となったケース。「軽症で、通院治療でもいけるかもしれないが、できれば入院したほうがいい」という患者は、ちょっと治療が遅れることで悪化してしまうこともあるという。

 ただ、紹介患者が減少したのは2020年4〜5月の一時期だけで、その後は戻った。

「心臓病は怖い病気で、がまんできないほど強く胸が痛むこともあります。その場合は救急車で搬送されますが、長くは待てない病気であることも、手術数が減らない理由のひとつだと思います」(同)

「川崎心臓病センターは、心臓病に関わる医療の最後の砦(とりで)として、地域で、あるいは関東において、『あそこに行けば絶対断られず、手術してもらえる』といわれるチームを目指してきました。たとえコロナ禍でもそれは変わりません」(同)

 もちろん、感染対策は徹底してきた。ERは2階にあるが、陽性者もしくは疑いのある人は3階以上の病棟には上げないようにし、職員の防護具着用の徹底、ゾーニング、全ての入院患者へのPCR検査や生活歴の確認など、院内に感染者を入れないための対策は全ての医師、スタッフで徹底するという意識を共有していたという。

 入院後に患者が陽性になるケースは、デルタ株のうちはなかった。オミクロン株の出現以降は何人かの陽性者が出たが、乗り切ることができた。

 患者に不安なく手術を受けてもらうために、このような院内での感染対策について明確に伝えるようにしていたと、桃原医師は話す。

「ERではコロナ診療をしているが3階以上の入院病棟には入れていないこと、職員の防護具着用や入院患者へのPCR検査など厳しく管理していること、院内で少なくとも大きなクラスターは発生していないことなどを患者さんにきちんと伝え、安心していただきました」(同)

 現在は、受診を控える人や手術の延期を希望する人はほとんどいない。コロナに関するさまざまなデータが明確になり、検査法やワクチンの確立、治療法の登場などにより人の心が落ち着いたのがその理由だと桃原医師は推察する。そして、今後も「方針は変えずにやっていく」と話す。

「引き続き、急患や重症患者への高度先進医療を中心にやっていく。それが使命であり、地域の方々に対しても社会貢献になるというのが私たちの考えです」(同)

(文・出村真理子)