コロナ禍で子どもも何かとストレスの多い毎日。日々の接し方や声かけで、子どものメンタルに働きかけることができます。発売中の「AERA with Kids2022春号」(朝日新聞出版)で、精神科医の樺沢紫苑先生に、心をしなやかに強くする方法を教えてもらいました。

*  *  *

■友達にNOを言えない子は会話でアウトプット練習

 友達からイヤなことを言われたり、されたりしても「ヤダ」と言えない。そんな子に「ちゃんと自分の気持ちを伝えなさい」と言っても意味がありません。日常生活でアウトプットする機会が足りていないと、頭の中で思っていることはあっても、とっさに言葉が出てこない可能性があるからです。

 そこで、オススメするのが親子でアウトプットのトレーニング。自分の思っていることを言葉にする練習です。あまり難しい内容にせず、子どもが答えやすいことがいいでしょう。たとえば、好きなアニメを見ていたら、「どこが面白かった?」「どのキャラクターが好きなの?」「どういうところがかっこいいの?」などと次から次へと質問を投げかける。具体的に答えられるように質問を掘り下げていく。普段からアウトプットの練習をしておけば、外で何かあったときでも言葉が出てくるようになります。

<親の行動Point>
 ポンポンと質問を投げかけるのがポイント。親は子どもの答えに一つひとつコメントをしたり、わざわざ否定したりする必要はナシ。

■自然の中で過ごすとストレスが減る

 ストレスを受けがちな日々。1カ月に5時間以上自然の中で過ごすとストレスのほとんどが解消され、集中力や創造力などが高まることがフィンランドの研究でわかっています。自然に囲まれると、日常の緊張から解きほぐされ、癒やされますよね。植物が健康にいい化学物質「フィトンチッド」を放出するからです。森の香りをかぐだけでもリラックス効果を得られます。

<親の行動Point>
 キャンプやハイキング、登山はもちろん、街中の緑豊かな公園でも効果がある。

■「どうせ無理」と言ったら「無理かどうか試してみよう」

 脳は無理なことにエネルギーを発揮しません。たとえばお子さんが「テストで合格なんて無理!」と言った途端、脳が思考停止状態に。そんなときは「無理かどうか試してみよう」と声をかけてみてください。脳が活性化されてやる気になります。また、無理とよく言う子の中には目標設定が高くなっている場合も。完璧な状態を目指さず、目標値を下げてみることも大切です。

■イヤなことは1回吐き出したら話さない、書かない

 学校で意地悪をされた、友達とケンカした……こういうときに短期間に何回もそのことを周りに話す、つまりアウトプットをすると、脳の仕組み上、記憶が強化されて忘れられない状態に。かといって誰にも言わないとストレスを感じるので、吐き出すのは1回にとどめるのがベスト。たとえばお母さんに話した後に、帰宅したお父さんにもまた話すというのは避けましょう。

■親は子どもの失敗を防ぐのではなく、見守る

 子どものメンタルを強くしたいのであれば、小さいときから失敗の経験をたくさんさせたほうがいいでしょう。「失敗したら傷ついてしまうのでは」と心配する親御さんもいますが、子どもが自分で失敗に気づくことが重要。失敗や挫折の経験がないまま、社会人になって上司に怒られて、いきなりメンタル疾患になるケースもあります。親は勇気を持って見守ることが大切です。

■子ども自身に決めさせる親はそれを否定しない

 子どもが自分の意見を言ったときに、「そうじゃないでしょ」「〇〇だよ」と否定したり、すぐに正解を教えたりしそうになったらぐっとガマン。親から否定されることで子どもは自分の考えを言わなくなり、教えてもらうまで待つようになります。それでは何も決められないまま社会人になってしまいます。親はあれこれ言わず、子どもの意見を尊重し、間違いがあっても気づくまで辛抱強く待ち続けましょう。

■イライラする子には朝散歩&脳トレ運動

 お子さんのかんしゃくがひどい、最近怒りっぽいなと感じたら、それは感情が不安定になっている、つまりセロトニンの分泌が低下している状態です。そういうときは日光浴+リズム運動になる朝散歩がオススメ。あとは複雑性のある運動。ADHDの子どもに武道をさせたら行動や成績が改善したという論文もあります。

 <親の行動Point>
くもりや小雨の日でも朝散歩の効果はアリ。無理のない範囲でやってみよう。

■ニュースは見ても1日1時間以内にする

 コロナ禍でテレビを見る時間が増えた、あるいは親子でニュース番組を見るようにしている家庭もあると思います。でも、ニュースの見すぎには注意してください。ニュースにはネガティブな内容のものが多く、見続けると気分が落ち込みます。テレビなどの映像から入ってくる視覚情報は、新聞などの文字情報よりも6倍記憶に残りやすいと言われています。

<親の行動Point>
平日の夕方や休日にダラダラとニュースを見続けるのはやめて。見ても1時間以内に。

■子どもがネガティブなことを言ったらポジティブ3倍返し

「ネガティブなことを言ってはいけない」と思われがちですが、人間の幸福を研究するポジティブ心理学では「マイナスを吐き出していい」としています。大事なのはネガティブの割合。ポジティブとネガティブの比率が3対1以上だと夫婦では離婚する確率が低く、職場では高い利益を上げていることがわかりました。親子の会話でも3対1以上になるよう心がけてください。

 <親の行動Point>
「疲れた」「つまらない」と子どもが言ったら、怒らずにポジティブな声かけを。

(文/AERA with Kids編集部)

樺沢紫苑先生/精神科医。作家。1965年、札幌市生まれ。札幌医科大学医学部卒。2004年、米国シカゴのイリノイ大学に留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。「情報発信を通じてメンタル疾患、自殺を予防する」をビジョンに掲げ、YouTubeなどで発信。『学びを結果に変えるアウトプット大全』ほか著書多数。

※AERA with Kids2022春号より転載