産学協同で研究開発された「遠隔ロボット手術」の実証実験が2021年5月、藤田医科大学で実施された。遠隔手術とはどのようなものか、実用化は可能なのか。好評発売中の週刊朝日ムック『いい病院2022』(朝日新聞出版)では、執刀医師の藤田医科大学の宇山一郎医師に詳しく話を聞いた。

*  *  *

 コロナ禍に、オンラインで受診できる「遠隔診療」が注目を集めるなか、遠隔医療の究極のかたちともいえる、「遠隔ロボット手術」の実証実験が、藤田医科大学(愛知県豊明市)でおこなわれた。

 手術を担当する医師(術者)は、藤田医科大学岡崎医療センターの遠隔手術室で手術支援ロボットhinotori(ヒノトリ)を操作する。患者想定の臓器モデルが置かれた手術台は、藤田医科大学の研究・実証実験施設(MIL名古屋)のトレーニング施設にある。

 この2地点は、直線距離にして約30キロ。専用の光高速回線でつないでの遠隔手術である。

 実証実験に至るまでには、いくつか課題があった。

 そもそもロボット手術は、遠隔でない場合でもデータ通信を用いておこなわれている。医師(術者)が操作する装置(サージョンコックピット)と数メートル離れた手術台で手技をおこなうロボットを、通信ケーブルでつないで手術する仕組みになっているのだ。遠隔手術は、ケーブルの長さが延びただけ、とイメージするとわかりやすい。

 最も大きな課題は、離れていることで起こる、時間のズレ(遅延)だ。

 例えば、テレビ番組で海外と中継を結ぶと、音声や画像が遅れることがある。手術中にこの遅れが生じると、安全な手術は不可能になる。実証実験で手術をおこなった藤田医科大学の宇山一朗医師はこう話す。

「まず、遅延を体験する実験を実施しました。0.3秒遅れでは通常の正しい手術はまったくできないことがわかりました。0.1秒まで縮めるとなんとかできる。安全のために0.05秒の遅延ならOKとしました」

■同じ手術室内で手術しているような感覚

 また、通信の安定性も重要な課題だ。インターネットで映画などを見ていると、途中で止まったり、速度が一定でなくなったりすることがある。万一、遠隔手術中にそのようなことが起きたら、大変なことになる。

「通信の安定性を得るためには、現在使われている商用回線では不十分と判断し、専用回線を契約して臨みました」(宇山医師)

 そしておこなわれた実証実験だが、課題であった遅延は0.026秒まで短縮され、手技には影響がなく手術は終了、満足できる結果だったという。

「感覚的にも同じ手術室内で手術しているのとまったく変わりませんでした。サージョンコックピットから顔を上げるたびに、離れた場所だったと思い直すような状況でした」(同)

 藤田医科大学のほかにも、現在、いくつかの施設で遠隔ロボット手術の実証実験が進行中だ。日本外科学会は遠隔手術実施推進委員会を立ち上げた。

 実用化への第一歩として、遠隔ロボット手術の概念、方法、施設や医師の資格、法的な取り決めなど、枠組みを定めるガイドラインの作成を進める。

■ガイドラインは22年度に、臨床試験は数年以内と期待

 宇山医師は、今後について次のように話す。

「ガイドラインは2022年度中にまとまるのではないでしょうか。臨床試験も数年以内にできるのではないかと期待しています。臨床試験には患者さんの協力が不可欠ですから、理解を得られるよう、安全性、確実性をしっかりつきつめていきたいと考えています」

 医師へのロボット手術の指導にも役立てられると宇山医師は言う。指導医が離れた場所にいても、実際の手術をサポートしながら進めることも可能になる。

 遠隔ロボット手術が普及すれば、遠くの病院までロボット手術を受けに行く必要はなくなる。地域全体の医療水準の向上にもプラスになるだろう。期待して見守っていきたい。

(文/別所 文)

※週刊朝日ムック『いい病院2022』より