日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「世界のゼロコロナ政策と日本の後れ」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。

*  *  *

 緊急事態宣言やまん延防止等重点措置のない大型連休は3年ぶりです。第6波がピークアウトし、感染者数も右肩下がりで減少し、新型コロナウイルスワクチンの追加接種が進む中、コロナとの共存へと社会が動き出している気配を感じます。

 内科外来の現場でも風邪症状を認めて受診される方はいらっしゃるものの、ピークの時よりはかなり減少しています。PCR検査を行うものの、陽性が出るのは1割弱の水準まで下がってきています。長かった冬の流行がやっと落ち着いてきたことを実感しています。

 前回このコラムでは、新型コロナウイルス感染症には季節性の変化があるのではないかと考察しました。Our world in dataで世界各国のコロナ新規感染者数のグラフをみていると、感染者数の違いはあれども、日本で流行が落ち着いているように、イギリスやドイツ、フランスやカナダでも新規感染者数は右肩下がりを認めていて、アメリカではやや増加傾向にあるものの、低水準を維持しています。

 4月27日、アメリカ政府の首席医療顧問であるファウチ氏は、「パンデミックはまだ終わっていないが、パンデミック期の急性期の段階を脱し、パンデミックの新しいフェーズに入った」という見解を示しました。ホワイトハウスのアシシュ・ジャー博士は前日の26日の記者会見で、「新たな感染を完全に止めることは政策目標ですらない。代わりに、感染を最小限に抑えながら重症化を防ぐことに集中すべきだ」との考えを示しています。

 欧州連合(EU)も27日に、「EUはパンデミックの『緊急段階』から脱却しつつある」と述べ、「秋に新たな感染の波が来る可能性に備えて、ワクチン接種、監視、検査に重点を置く」と言います。やはり次の流行を見据えて、対策を考えていることがうかがい知れます。

 国ごとにワクチン接種率やコロナ感染対策に差はあるものの、新規感染者数の増減が同じような波を描くのは、大変興味深い現象です。季節性の変化があるかどうかは、これらかの流行の経過を見ていく必要があることは十分承知していますが、季節性の変化があるとすれば、日本では次は夏ごろに流行すると考えられます。過去の記録では冬より夏の流行は小さいようです。3回目の追加接種がまだの方は、予想される夏の流行に備えて7月までに接種を終えるといいのではないかと、私は考えています。

 さて、ゼロコロナ政策を行なっている国が存在する一方で、世界ではコロナ規制が相次いで緩和されています。例えば、イギリスやフランスでは、ワクチン接種証明書を提示すれば、出国前のPCR検査や抗原検査による陰性証明は必要ありません。東南アジアでも緩和の動きが進んでいます。カンボジアでは、ワクチン接種が済んでいる場合、入国後の隔離は不要、到着時の抗原検査も無くなっています。タイでは、2022年5月1日からワクチン接種を完了していれば、出発前および到着後のPCR検査が必要なくなりました。

 日本はというと、今年の3月1日以降、外国人の新規入国制限の緩和が実施されたものの、観光目的の入国は禁止したままです。現在、新型コロナウイルスワクチンの追加接種を終えていれば、日本国が指定するオミクロン指定国・地域以外からの入国であれば、入国時に陰性を認めれば、帰国後の隔離は免除されます。つまり、日本人であれば観光目的の海外旅行に行き、日本にまた戻ってくることができるけれど、日本人でなければ、観光目的では一切日本に入国ができないというわけです。

 日本各地の観光地は、多くの観光客で賑わっているようです。多くの人が飛行機や新幹線、鉄道や車を使い国内を移動している一方で、海外からの観光客は国内に入れないという規制の継続に矛盾を感じるのは私だけでしょうか。水際対策は、新型コロナウイルス感染症が国内に流行していない場合は有効です。しかしながら、対策を強化して阻止しようとしたオミクロン株もあっという間に全国に感染が拡大した今、もはや、厳しい水際対策は意味がありません。

「コロナはもう落ち着いた。重症化して死んじゃうのは、ワクチンを接種していない人の自己責任。みんな、もう普通に生活しているよ」そう話すアメリカのカリフォルニア州在住の友人に、ビジネスや留学以外では日本に入国できない現状をどう思うか聞いたところ、「日本には来るなって言われる気がして残念。でも、規制が解除された国はたくさんあって、日本以外にも行ってみたい国はたくさんあるから、別に日本に行く必要もないね」というのが彼の答えでした。

 昨年の夏、サイエンス誌で「パーティションはコロナの伝播を増加させることが示されている」とあるにもかかわらず、政府がパーテーションの使用を推奨していることや、国内ですでに感染が広がっているのに厳しい水際対策を継続し、気の緩みにより感染リスクが高まるというなど、科学的・合理的とは到底思えない対策を続けていては、「日本に行く必要はない」と言われてしまっても仕方ないのかもしれません。

 最後になりましたが、私も出国前のコロナ検査が陰性であれば、大型連休を利用して、2年ぶりに日本を離れる予定です。今までなら、パスポートさえ忘れなければなんとかなったものの、渡航先の入国条件を調べ、条件を満たすように書類を準備しなければ‘出国できません。帰国時も、日本の厳しい入国条件を満たさないと日本に戻ってくることができないことを考えると、楽しみよりも不安の方が何倍も優る海外旅行は初めてです。次回は、入国から出国までの私自身の体験記を共有したいと思います。

山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。医学博士。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。2022年東京大学大学院医学系研究科修了。ナビタスクリニック(立川)内科医、よしのぶクリニック(鹿児島)非常勤医師、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)