長引くコロナ禍、働き方や人生そのものの価値観が大きく変化する中で、人々の仕事観はどのように変化しているのだろうか。そんな世の中の流れが変化する中、ここ最近、転職に踏み切った30代、40代の個人のストーリーを追うと、新たな動きが見えてきた。

 これからの「働く」をAERAdot.と一緒に考える短期集中連載「30代、40代の#転職活動」。第1回は、全く経験のない異業種や異職種へ飛び込む「越境転職」について。その前編では、転職当時43歳でアパレル店舗の店長からIT業界への道に進んだ実例を紹介する。

【後編はこちら】コロナ禍の転職「50代未経験も珍しくない」異業種・異職種は過去最高 成功するコツは?

*  *  *

「40歳を超えて、業種も職種も未経験の仕事に転職するのは難しいと思っていました」

 東京都在住の会社員、Aさん(45)。2年前にアパレル製造・小売業の大手企業から、IT企業に転職した。前職では、ショッピングモールに出店している大型アパレル店舗の店長を8年間務め、前々職は外食チェーン企業の店長。店舗スタッフを束ね、売上目標を目指して店舗運営を担う店長職を歴任してきたが、現在IT企業で取り組んでいる仕事は人事だ。

 転職当時、43歳。アパレル店舗の店長を務めながら、転職について真剣に考えるようになったのが40歳を過ぎた頃だった。毎月、本部から厳しい売上目標が出され、回転サイクルの早い商品がどんどん入荷してくる。店舗の従業員は、社員とアルバイトを含めて約30人。店舗面積も広く、従業員は常に足りない状態だった。

 足りない人員を補うため、常に業務の効率化を考え、繁忙期には自分の休日も返上して働く。そうやってぎりぎりまで頑張っても、目標に届かないと本部やエリアマネージャーから厳しく叱責される。店頭に並べたばかりなのに、すぐに値引きされ、数週間もすればワゴンで叩き売りされる商品のループ。立ち仕事の疲れも溜まり、休日は寝て過ごすことが多かった。

 それでも従業員同士は和気あいあいとした雰囲気で、良いチームワークを築けていた。店長であるAさんが意識的に風通しの良いコミュニケーションを心がけていたこともある。店舗を丸ごと任されるだけあり、裁量も大きく、やりがいはあったが、ある時からこのまま同じ会社で働き続けるイメージがどうしても湧かなくなった。かと言って、同業種や同職種で働いても、同じ考えに至りそうに思えた。自分の世代は、定年が70歳に引き上がっているかもしれない。そうすると、定年まであと30年もある。

「転職するには、今が最後の年齢かもしれない」

 そう思って転職エージェントの元を訪ねたのが、43歳の終わりのことだった。

 中途採用といえば、即戦力が重視されるイメージが強い。それだけにAさんも、異業種や異職種への転職は難しいと考えていた。まして、“35歳限界説”がまことしやかに囁かれる中途採用市場である。Aさんもどこかで、「結果的に同業種や同職種での転職に落ち着くのだろう」と踏んでいた。エージェントの担当者から、IT企業の人事担当という現職を紹介された時には、「なぜ自分に?」と驚いた。

 実は、Aさんが抱いていたような中途採用の「常識」は過去のものになりかけているという。今、異業種や異職種に“越境”する「越境転職」が盛んだ。リクルートの調査によれば、2009年から2020年までの約10年間で、「異業種×異職種」の転職割合は24.2%から36.1%に増加した。

 Aさんの転職の場合、そのIT企業は事業規模の拡大に伴って採用活動を強化しており、人事担当者を拡充したい意向があるのだという。求めているスキルは、「マネジメント力」「幅広い年代を対象とした採用経験」「チームを引っ張れる能力とコミュニケーション力」。言われてみれば、これまで培った経験が活かせそうに思えた。「新たな環境で、これまでと違う業界に飛び込んでみるのも悪くないかもしれない」という気持ちが、背中を押した。

 かくして三度の面接を経て、現職に転身。店舗からオフィスでの仕事、小売業用語からIT用語、店舗運営から採用計画策定と、環境や仕事を取り巻く状況は大きく変化した。日々、店舗で顧客と直接対峙するアパレル時代と違い、 現在は基本的に一日中パソコンに向き合う毎日。コミュニケーションは、メールより圧倒的にリアルな会話だったアパレル時代とは違い、現在のやり取りはチャットやメールが主だ。長年の店長経験から、相手と直接向き合うコミュニケーションには自信があったが、デジタル上でのそれは戸惑うことも多かった。

 もちろん店長時代も、業務の中でPCを使うシーンはあったが、IT企業での使い方とは比べ物にならない。現在の会社に転職するまで、自分がデジタルに不慣れだと感じたことはなかったが、IT企業では完全に”デジタル音痴”の部類に入るのだと実感した。ITスキルの高い20代社員から、「こんなことも知らないのか」という目で見られる劣等感も初めて味わった。それでも持ち前の積極性と行動力で信頼を築き、1年経たないうちにすっかり環境に馴染んだ。

 現在は、人事部のチームリーダーとして20人の部下を束ねている。全体として若い会社なだけあり、直属の上司である部長は、3歳年下の女性だ。前時代的な考えの人からは「年下から指示されるなんて」と言われることもあるが、異世界へ飛び込んだのだから、余計な見栄やプライドは捨てようと心に決めている。これまでの経験にとらわれず、知らないことは素直に聞き、相手の話に耳を傾ける。店長職で培った経験が生きる場面も多く、「毎日が楽しい」と前向きだ。年収は650万円から800万円へと上がり、休日もしっかり取れるようになったという。

「“この歳で未経験の仕事なんて大丈夫なのか”と周りからは心配されましたが、あの時、思い切って転職して良かった。前職の同年代の仲間も、僕の例を見て、異業種や異職種への転職を真剣に考えている人が何人かいます」

 中途採用の“35歳限界説”はあくまでも“説”――年齢、業種や職種にとらわれず検討してみる時なのかもしれない。(松岡かすみ)

【続きはこちら/後編】コロナ禍で異業種や異職種への転職が過去最高「50代で未経験への転職も珍しくない」