これからの「働く」をAERA dot.と一緒に考える短期集中連載「30代、40代の#転職活動」。第1回は、全く経験のない異業種や異職種へ飛び込む「越境転職」について。前編では、転職当時43歳でアパレル店舗の店長からIT業界への道に進んだAさんを紹介した。コロナ禍の転職市場では、Aさんのような挑戦はむしろ増えているという。年齢の壁は? チャレンジしたいと思ったら何からすればいいのか? 話を聞いた。

【前編を読む】中途採用35歳限界説は崩れた? 40代アパレル店長からIT業界へ“越境転職”のリアル

*  *  *

 今、異業種や異職種に“越境”する「越境転職」が盛んだという。リクルートの調査によれば、2009年から2020年までの約10年間で、「異業種×異職種」の転職割合は24.2%から36.1%に増加。さらに「異業種×異職種」の割合は、「同業種×同職種」、「同業種×異職種」、「異業種×同職種」の転職パターンの中で36.1%と最多だ。

 少し前まで一般的な転職イメージが強かった「同業種×同職種」は、27.9%から19.6%に減少し、中途採用市場全体の2割以下にとどまっている。つまり現在の転職市場では、「異業種×異職種」の構図が主流になっているのだ。

 中でも越境に向けての動きが盛んな職種が、前出のAさんと同じ接客職(接客・販売・店長・コールセンター)や、マーケティングなどの企画職や事務職。特に接客販売を伴う小売業は、コロナ禍で受けた影響もあり、「異業種×異職種」の仕事を求めて転職を希望する人が増加しているという。

「コロナ禍の転職市場で、業種・職種を越えた“越境転職”の割合は、過去最高を更新しました。これまでの業種や職種の経験にとらわれず、自らの成長機会を提供してくれる成長産業や企業へ転職しようという人が、全世代的に増えています」(リクルートHR統括編集長・藤井薫さん)

 背景には、深刻な人材不足の影響もある。同社の調査(2021年度上半期中途採用動向調査)によれば、コロナ禍においても人材不足は解消しておらず、中途採用計画を満たせない企業の割合は8割にも上る。また、航空会社が地域創生事業に乗り出したり、自動車製造業の自動運転開発が本格化するなど、既存事業から新領域に手を広げる企業も増加。こうしたビジネスモデルの変化から企業が求めるスキルにも変化が起きており、企業側もこれまでの会社にはいなかった“異能人材”を求めているのだ。

 実際に、「ここ2年ほどで、人材要件を大きく変えました」とは、地方に本社機能がある製造業の人事担当者だ。いわく、これまでは「会社のやり方や社風に馴染んでくれる人」というのが優先事項の中にあったが、新事業に乗り出すにあたり、むしろ同業種や同職種にはない発想を持つ人材を求めているという。同社に最近入社したのは、SNSマーケティングに詳しい職歴の30代で、「商品開発にSNSを生かす」というこれまで同社にはなかった発想を買った採用だ。

「コロナ禍で、面接などの選考もオンライン化が進み、地方の会社にとっては追い風な面もある。今後は、これまでにないスキルを持った人材を積極的に採用していきたい」(製造業の人事担当者)

 また転職において、年齢による壁も取り払われている傾向にある。以前の中途採用市場では、35歳以上の転職は難しいとされる向きが強かった。しかし今は、40〜50代での転職も少なくなく、「50代で越境転職を実現させる人も珍しくない」(前出の藤井さん)という。

「今は、むしろ年齢を重ねたからこその力が評価される時代。特にマネジメント経験があれば多くの選択肢が広がります」(同)

 ただし、年齢や経験を重ねたからこそ、従来のやり方にとらわれるのではなく、変化に対して柔軟である姿勢が求められる。実際に、多くの企業が選考の中で重視しているのが、「環境変化への対応の仕方」(同)。特に現在のように変化が激しい時代では、変化を柔軟に受け入れる姿勢がますます求められる傾向にある。前出のAさんのように、“年下上司”の意見にも謙虚に耳を傾けたり、これまでのやり方に固執しないなどの姿勢が必要だ。

 では実際に、「これまでと違う業種や職種にチャレンジしたい」と思ったら、何から始めたら良いのか。

「まずは、異業種や異職種への持ち運びが可能な、いわば“越境スキル”の棚卸しから始めて」とは、リクルートエージェントのキャリアアドバイザー、金大樹さんだ。具体的には、仕事での成功体験や苦労した経験などをもとに、自分がどんな時にどんなスキルを発揮し、どう乗り越えてきたかをリストアップする。いわば、自分の仕事への取り組み方やスキルについて“因数分解”し、他者に説明できるように棚卸しをすることだ。

 実際に同社では、企業と求職者とのスキルマッチングを図るべく、「今、その企業で活躍している人」に話を聞き、その人がどんなスキルを持っているのかを解剖。そうして得た結果を、企業と求職者とのマッチングに生かすという取り組みを行っているという。

「特に越境転職に求められるのは、変化することに対して前向きな姿勢と行動力。新たな環境の中で、自分の経験をどう生かせるのかをしっかり見極められる人ほど、業種や職種が大きく変わる転職でも、成功している人が多い」(前出のキャリアアドバイザー)

 先行きが見えづらく、変化が激しい時代だが、それを逆手に取った挑戦ができる時代とも言える。人生100年時代、「越境」で広がる人生の選択肢があるかもしれない。(松岡かすみ)

【前編を読む】43歳アパレル店長→ITへ転職 中途採用35歳限界説を超え「この歳で未経験はアリか」異業種に挑んだ結末は