大型のショッピングセンターや「道の駅」といった新しくて便利な施設に押され気味のドライブイン。だが最近は、個性的な店構えやサービスが改めて見直されている。レトロな雰囲気を味わえる場としても魅力的だ。注目のドライブインを紹介しよう。

 55年間のご愛顧ありがとうございました──。

 三重県伊賀市の名阪上野ドライブインが3月末、閉店した。店は1965年に開通した名阪国道沿いにあり、翌66年9月に開業。伊賀忍者で知られる伊賀市にあることから「忍者ドライブイン」と呼ばれ、国道を通るドライバーや地元の利用客に長年親しまれてきた。

 かつては関西方面から来る伊勢神宮への団体旅行を中心に、大型バスや家族連れでにぎわった。90年代には年8万台のバスが来たこともあったという。

 しかし、旅の形はやがて、団体旅行やバスツアーから個人旅行が主流になった。順次開通した新名神高速道路の影響で、車の流れも変わった。コロナ禍が経営悪化に追い打ちをかけ、運営会社の三交興業(三重県亀山市)は今年1月にやむなく閉店を決めた。

 最後の営業日と聞いて駆けつけた70代の女性は「子どもを連れて来たこともあるので残念。孫ももう大きくなったし、これも時代の流れかな」と名残惜しそうに建物を見回した。

 ドライブインと聞いて、その姿をぱっと思い浮かべられる人は少なくなったかもしれない。「そういえば最近見かけないな」と感じる人もいるだろう。

 ドライブインは一般的に、国道や県道など主要な幹線沿いや、観光地周辺で食事やおみやげ、休憩場所を提供する施設を指す。トラックや観光バスがとめられる大きな駐車場があるのも特徴だ。明確な定義はなく、店名に「ドライブイン」と銘打つところもあれば、食堂や土産物屋の形で運営する店もある。

 経済成長に伴って60年代から急速に進んだ自動車の普及や団体旅行ブームに乗り、全国各地に相次いでできた。業界団体「日本観光施設協会」(旧・日本ドライブイン協会)によれば、ピークの70年代には全国で1千軒を超えたという。

 協会で事務局長を務める石田光二さんは言う。

「国内ツアーを扱う旅行会社と連携する店の数などから推測すると、現在は数百軒ほどに減ったと見込まれます。高速道路やバイパスといった交通網の整備に伴い、店の前を車が通らなくなったり、充実した設備のある高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)が増えたりしたためです。後継ぎが見つからずに店をたたむケースもあります」

 国土交通省が管轄する「道の駅」や、大きな駐車場のあるコンビニ、ショッピングセンターなどもドライブインにとっては脅威だ。道の駅は国交省への登録が必要で、市町村や「公的な団体」が運営する。ドライブインとは対照的に、事業が正式に始まった93年から今年2月までの約30年で1194件に増えた。単純に計算すると、年平均40件近くが新しくできるペースだ。

 だが、全国各地に元気なドライブインはまだまだある。

「映画やテレビドラマのロケ地巡りをするお客さんに加え、3〜4年前からは『昭和レトロ』な雰囲気を写真に撮りたいという若い人たちが目立つようになりました」と話すのは、ドライブイン七輿(ななこし、群馬県藤岡市)代表の木村清さん(74)だ。

 店には、うどんやラーメン、そば、チーズバーガー、トーストといった食べ物を出す自動販売機がずらりと並ぶ。いずれも、すでに自販機メーカーも製造や販売をやめた年代物ばかり。故障も多く、動かなくなった自販機から使える部品を取り出し、自前で直しながら使い続けている。

「手間はかかりますが、自販機を目当てに来てくれるお客さんは多い。修理に時間がかかっても、何も言わずに待っていてくれます。ありがたいことです」(木村さん)

 地元で桜の名所として人気の旧跡「七輿山古墳」と隣り合わせで、平日は地元客や休憩に立ち寄るサラリーマン、休日はバイクやスポーツカーの愛好家、家族連れの観光客らが集う。平日はラーメンが50杯前後、うどんやそばが約30杯ずつ、週末にはその倍くらいが売れる。自販機で扱う料理の仕込みや店の経営は、妻のふじ子さん(71)と夫婦で切り盛りする。

 創業は75年8月。当時、県内で増えていた自販機売り場に目をつけた木村さんが、脱サラして始めた。「デコトラ」や走り屋の集まりがあったり、カラオケイベントの会場になったりしたこともある。当初5〜6台だった自販機は、ピーク時には40台近くまで増やした。

 ただ80年代に入り、周りにコンビニができ始めると売り上げは減少に転じた。近くにバイパスができ、店の脇の交通量も減った。自販機を半分に減らし、調理師を雇って食堂を始めたり、ゲームコーナーを併設したりしてやりくりしてきた。

 経営が上向きに転じたのは、約20年前にVシネマの撮影が行われたことがきっかけだ。昭和を感じさせるレトロなたたずまいが注目され、その後、歌手の山崎まさよしさんが主演の映画「影踏み」や、横山秀夫さんが原作のNHKテレビドラマ「64(ロクヨン)」といった作品のロケ地になった。情報番組でも取り上げられ、埼玉県や関西地方など県外から訪れる客が多くなったという。

「私たち夫婦も機械も、動く限りは頑張るつもり。いずれは息子が継いでくれるでしょう」(同)

 大川オアシス(香川県さぬき市)も、昭和レトロブームが追い風になっている。店長として35年以上切り盛りしてきた本村佳子さん(66)は言う。

「25年ほど前に高速道路が近くにできてからお客さんは減り続け、コロナ禍も打撃となりました。でも、昨秋に人気番組『超無敵クラス』(日本テレビ系)、今年1月に朝日新聞で紹介してもらってからお客さんは一気に増えました。今では大阪や東京など全国からお見えになります」

 店は高松市と徳島市を結ぶ国道沿いにある。瀬戸内海をのぞむ食堂や喫茶のテラス席からは、小豆島や淡路島が一望できる。メニューには、開店当初から出しているというナポリタンやオムライスといった定番の洋食のほか、クリームソーダや果物ジュース、パフェなど昭和世代には懐かしい食べ物や飲み物が並ぶ。たくさん食べたい人は、近くの海でとれた新鮮な魚を使った刺し身やすし、地元の名物「たらいうどん」もある。

 オープンは東京五輪直前の64年7月で、「国内のドライブインの中でも早いほう」(本村さん)。運営する親会社、大川バス(さぬき市)の当時の専務が米・サンフランシスコで見たドライブインに触発され、店を出すことに決めた経緯がある。

 高速道路の開通後、長く苦しい時期は地元の常連客に支えられ、乗り切った。客足は今ではコロナ前の1.5〜2倍の水準まで回復した。ガラス窓から見える瀬戸内海を背景に撮影すると写真映えがするとして、人気のクリームソーダは1日あたり平均20〜25杯の注文がある。本村さんは「しばらくは元気にやっていかなきゃと思って頑張ります」。

メディアなどでよく取り上げられるドライブインはほかにもある。ドライブイン七輿の近くにある茂木ドライブイン(群馬県下仁田町)は同町出身のタレント、井森美幸さんがデビュー前にアルバイトをしていたことで知られる。食べ放題の「みそおでん」や、山小屋風のユニークな店構えが名物だ。舞木(もうぎ)ドライブイン(福島県郡山市)は、テレビドラマ「孤独のグルメ」(テレビ東京系)に登場。休日には松重豊さん演じる主人公が食べた「焼肉定食」や「ぞうりぱん」を目当てに行列ができることもある。

 こだわりの鳥料理が人気のドライブイン鳥(佐賀県伊万里市など)は、佐賀県が舞台のテレビアニメ「ゾンビランドサガ」の“聖地”の一つ。アニメには、主人公らがこの店のキャンペーンガールを務めたエピソードがある。訪れたファンは、店の写真をSNSに思い思いに載せる。写真映えするかや、映画やアニメの聖地かどうかは、集客を左右する要素になりつつある。(本誌・池田正史)

※週刊朝日  2022年5月20日号より抜粋