コロナ禍が続く中、アウトドアの人気も続いている。3密を避けることができるレジャーとしてキャンプ人気が広がるいっぽうで、達人たちのコアな世界がある。AERA2022年5月23日号から。

*  *  *

 これまでに何度ブームがきたことだろう。アウトドアがまたもや人気だ。新型コロナウイルスの感染拡大により、国内のレジャーの様相が一変した2020年、年間のオートキャンプ参加人口は610万人(日本オートキャンプ協会「オートキャンプ白書2021」から)にのぼった。

「3密」を避けるレジャーとして注目されたことで多くの初心者が流入し、裾野が大きく広がった。いっぽうでコアな世界を突き進む、「こだわりキャンパー」もまた増えている。

「川のせせらぎと風の音しか聞こえないって、最高でしょう?」

 まだ肌寒い3月初旬、木を利用して張ったテントサイトの傍で火をおこしながら、日本ブッシュクラフト協会のメンバーの一人が言った。

 茨城県高萩市の小山ダムに隣接する「ブッシュ&レイク in はぎビレッジ」は、市が市域の約8割を占める森林原野を活用する「アウトドアのまち」をめざす取り組みの一環だ。

 ブッシュクラフトとは、必要最低限の装備で森へ入り、その場にあるものを生かして生活するテクニックのことだ。寝泊まりするのに適した場所を見つけ、持参した幕(タープ)とロープを使って、立ち木などを利用してテントを張る。金属ポールなど、通常ならキャンプの必需品となる道具はほぼ使わず、その場にある木や落ちている枝を利用する。散り敷かれた落ち葉が、ふかふかの天然のベッドになる。

自然を学ぶ場として

 火をおこして暖を取り、川で釣った魚を焼き、持参した食料を温める。焚き火台も使うが、基本は直火だ。

 日本ブッシュクラフト協会の相馬拓也代表理事は言う。

「現在、日本のキャンプ場はほとんどが直火禁止で、木を切るのもNGです。禁じられた理由は、利用者に技術がないから。ブッシュクラフトは確実な火の管理や消火法、木を傷めない切り方を実践する技術でもある。この場所を、そんな知識や技術を磨く場にしようと計画中です」

 ブッシュクラフトの知恵は、防災にも役立つ。小さな火花から安全に火を育て管理する技術やナイフの使い方を知ることは、自然を利用する楽しさと脅威を学ぶ機会にもつながる。

「軍幕キャンパー」をご存じだろうか。軍隊式のキャンプを実践する人々のことだ。

「軍隊では、キャンプも軍事行動ですからね。居場所を知られたり、痕跡を残したりしないようにする技術が求められます」

 大きな石がゴロゴロする河原で、小池公明さん(60)はそう言った。小池さんは、21年10月現在で全国に約2万人の会員がいる日本単独野営協会の、埼玉支部役員だ。

「私たちが使っているテントは、さまざまな国の軍隊からの放出品です。シンプルで丈夫な木綿の布製で、いわゆる軍幕と呼ばれるものです」

 この日、小池さんが使っていたテントは、身にまとえばポンチョにもなる個人用軍用テントだ。かつては米軍のものが主流だったが、ここ数年ヨーロッパ製を仕入れる業者も増えているという。

「昔から軍放出品として販売されていますし、5年ほど前からソロキャン(ソロキャンプ=ひとりでキャンプすること)の流行で注目されるようになりました。年代や国によって迷彩柄のパターンが違うのも、面白いところです」(小池さん)

環境を傷つけない

 各国で装備品の素材が変わったり、冷戦が終結すると、こうした装備品が放出され、出回るという。すべて同じ年代、同じ国の装備で揃える人もいる。

「私は昔から好きだったミリタリーテイストを楽しんでいるだけなので、コット(寝台)も使うし、寒いときはニトリのムートンを敷くことも。『軍幕』としてはライトなほうです」(同)

 よく見ると、使った人の名前や管理用の記号が書いてあることも。繰り返し補修した不器用な針目を見ると、かつての持ち主だった異国の軍人に思いを馳せてしまう。

 小池さんはしみじみ言った。

「いま心から思うのは、こうした軍幕キャンプも、平和だからこそ楽しめる遊びなのだということです」

 日本単独野営協会はソロキャンパーの集まりで、軍幕はその1ジャンルだ。同協会が標榜するのは「環境を傷つけないキャンプを」ということ。キャンプ大会の際も、個人でキャンプするときも、周辺のゴミ拾いなどを励行している。

お気に入りビンテージ

 こだわりの用具を集め、スタイリッシュなキャンプを楽しむひとたちもいる。ビンテージの車やテント、アウトドアグッズをコーディネートして楽しむビンテージキャンプというジャンルがある。

 埼玉県在住の黒崎義信さん(46)の愛車は、1967年式のワーゲンバスだ。内部を改装してキャンパー仕様にしてある。テイストを合わせてレトロなデザインに作ってもらったカーサイドタープを張り、同年代のテーブルやランプを並べると、オシャレな移動カフェに見える。

「間違えてコーヒーを買いに来た人もいましたよ」

 と、妻の知子さん(47)は笑う。もともとボーイスカウトだった義信さんと、ビンテージものが好きだった知子さんの趣味が合流してこのスタイルが始まったという。

「同じ趣味の仲間や家族たちと車を並べて、いつもこうやってビンテージ村を作るんです。キャンプ場にいても私たちのまわりだけ、タイムスリップしたみたいになります」

 それぞれにこだわりのキャンプスタイルがある。芳野忠輔さん(38)、知子さん(38)夫妻は1980年ごろに作られたフランス製のテントを愛用している。食器やランプなども同年代の北欧製で揃えた。

 67年式ワーゲンバスキャンピングカーに乗っている杉山亮一さん(46)はキャンプ用品の製造年にこだわっている。車と同じ67年、自分が生まれた75年と、それぞれゆかりのある年式のコールマンのランタン(バースデーランタン)をコレクションしているのだ。

アウトドアをビンテージアイテムでコーディネートした写真をインスタグラムに投稿するうち、同じ趣味を持つ仲間も増えたという。

「生まれる前や幼かったころの文化を、むしろ新鮮に感じるんです。現代の製品にはないセンスと、アウトドアの楽しみが同時に味わえるところが魅力だと思います」(黒崎知子さん)

 都会の喧騒を離れ、自然に触れるだけでなく、キャンプにはコアな楽しみ方もある。自分だけの趣味の世界を掘り進んではどうだろうか。(ライター・浅野裕見子)

※AERA 2022年5月23日号