6月1日に改正動物愛護管理法が施行され、販売業者などに対して、販売前の犬猫にマイクロチップを埋め込むことが義務化される。飼い主になる際にも所有者の情報を登録しなければいけなくなる。ペットのマイクロチップ装着について考える。

*  *  *

 日本でペットのマイクロチップ装着が議論される契機になったのは、多くの犬猫が行方不明になってしまった1995年の阪神・淡路大震災だ。2011年の東日本大震災でも同様の犬猫が多く発生。そこから議論が進み、今回の改正動物愛護管理法へとつながった。

 マイクロチップは長さ約1センチ、直径約1〜2ミリの円筒形の電子器具で、ISO国際規格の識別番号15桁が記録されている。専用リーダーで番号を読み取ることができ、登録団体のデータベースに情報があれば、飼い主の連絡先がわかる仕組みだ。GPSではないため位置情報は確認できない。

 マイクロチップの装着後は、登録団体に飼い主の連絡先などを登録しておく必要がある。転居やペットの譲渡による飼い主変更、ペットの死亡時などは随時、登録情報の変更を行うことになる。

 マイクロチップは動物病院で、専用の注入器を使って、肩甲骨間を避けてやや首寄りに埋め込まれるのが一般的だ。太めの注射を打つようなもので、痛みは普通の注射と同程度といわれている。一度埋め込むと、一生交換の必要はない。費用は数千円で、別途、登録団体への登録料がかかる。

 赤坂動物病院(東京都港区)では、2000年ごろからマイクロチップ装着を行っている。

「マイクロチップはペットの福祉や権利を守る上で大事なものなので、早くから推進してきました。最近は、認知度も高まってきています」(柴内晶子院長)

 改正動物愛護管理法では、すでに飼っている場合や、個人間で譲り受けた犬猫のマイクロチップ装着は努力義務で、装着させなくても罰則はない。装着するかどうかは飼い主の判断にかかっている。

 日本トレンドリサーチがインターネットで全国の男女2千人に「犬猫のマイクロチップ装着義務化に関するアンケート」を行ったところ、現在、犬猫を飼っている人の75.5%がマイクロチップ未装着と回答。今後マイクロチップを装着させたいかを聞いたところ、55.9%が「マイクロチップを装着させたくない」と回答した。

「人工的な異物を身体に埋め込むのは何らかの支障が出てくると思い、嫌だから」(60代女性)

「お金もかかりそうだし、手術を受けさせるのもかわいそう。災害で離れてしまう可能性はそれほど高くないと思うので」(50代女性)

 といった声があった。安全性についてはどうなのだろうか?

「マイクロチップは生体適合の素材で作られており、当院でも20年以上装着していますが、マイクロチップによって病気や副作用が引き起こされたという報告も経験もありません」(柴内院長)

 動物病院でマイクロチップを装着した場合、飼い主は日本獣医師会、日本動物愛護協会など4団体で構成される「AIPO(動物ID普及推進会議)」に登録する流れが大半だ。現在、AIPOには約286万頭のペットが登録されている。

 登録団体はAIPO以外もあるが、保健所や動物病院、警察などで保護された犬猫にマイクロチップがあった場合、その番号をAIPOに照会するケースが大半だという。

「動物病院でマイクロチップを装着すれば、ISO国際規格のチップを使いますし、基本的にはAIPOに登録することになります。念のため事前に、登録団体がAIPOかどうかを確認することをおすすめします」(同)

 独自の登録団体に登録を行っているペットショップグループなどもあるが、別の登録団体に登録済みでも、AIPOにもマイクロチップ番号や飼い主の情報を登録しておくほうが望ましい。

 6月1日からは環境省のマイクロチップ登録サイト「犬と猫のマイクロチップ情報登録」が開始される。インターネット上で登録すれば、各種登録団体に加え、環境省のデータベースにも登録できるようになる。

 近年、コロナ禍もあり、保護犬や保護猫を飼い始める人が増えているが、マイクロチップ装着を譲渡の条件としている保護団体も少なくない。

 茨城県在住のALT(外国語指導助手)が中心となり、犬猫の保護活動を行っている「かわくじアニマルレスキュー」もその一つだ。

「メンバーは、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど、犬猫のマイクロチップ装着が義務化、もしくは強く推奨されている国出身が多いです。マイクロチップの装着は、所有者を明確にし、遺棄や虐待を防ぐために最も有効な手段と考えています」(メンバーのシエラ・サマー・キーティングさん)

 アメリカでは義務化されていないが、災害時に大けがを負って飼い主でも識別が困難な犬や猫がマイクロチップのおかげで飼い主のもとに戻れたケースが多くあるという。

「自然災害の多い日本では、特にマイクロチップの必要性が高いと考えています」(同メーガン・メンドーザさん)

 災害時にペットとはぐれてしまった場合、さまよっているうちに首輪や連絡先を刻印した迷子札が外れてしまうこともあるが、マイクロチップであれば飼い主の元に戻れる確率は確実に高くなる。

 一方、平常時であっても迷子のリスクは常にある。どこかで保護されたときに、マイクロチップを手がかりに身元を照会してもらえる。また、盗難に遭った場合でも、自分のペットだという証明になる。

「マイクロチップがあれば、生涯そのペットがどこの家の誰に飼われているかという証明になります。『顔や模様が似ている』といった感覚的なものではなく、確実にわかるのはいいこと。すでに飼っている犬猫へのマイクロチップ装着は努力義務ではありますが、いつ何が起きるかわかりませんし、ペットが高齢であっても装着に支障はありません。安全性の高いものなので、装着をおすすめします」(柴内院長)

 かわいいペットに異物を埋め込むことへの抵抗感もわからなくもない。しかし迷子や盗難、災害などで飼い主とはぐれて再会できなくなるほうが、ペットにとってはるかに不幸だ。ペットを終生大事に、責任を持って飼うためにも、マイクロチップ装着を前向きに検討すべきではないだろうか。(ライター・吉川明子)

※週刊朝日  2022年5月27日号