東証に上場する日本籍のETFからS&P500、全世界株式(MSCI ACWI)、先進国株式(MSCIコクサイ・インデックス)を指標とするものを調査し、そのうち10本を掲載。価格は2022年4月18日現在(基準価額ではなく市場価格の終値)、純資産総額は3月31日現在。「iシェアーズ・コア MSCI 先進国株(除く日本)ETF」は「MSCIコクサイ・インデックス(国内投信用円建て)」。信託報酬は年率、税込みで、実質的な運用コストの合計 

「東証ETFは価格の上昇で儲けることもできますが、長期投資が前提です。米国株、全世界株式、先進国株式の指数に連動するETFから好きなものを買いましょう」

 と語るGMOフィナンシャルホールディングスの櫻井了仁さん。

「ETFを選ぶとき、信託報酬や分配金利回りも大切ですが、純資産総額の伸びもチェックしてみてください。継続して投資家のお金をしっかり呼び込んでいるETFが長期投資向きです」

 東証ETFを一般NISAで買い、非課税で運用するのもいい。売却時の値上がり益はもちろん、分配金に対する税金もかからない。なお、分配金の受け取り方法はネット証券で「株式数比例配分方式」を選んでおくこと。これを選ばないとNISAでも課税される。

 投資信託の毎月自動つみたては簡単にできるのだが、東証ETFのつみたて機能は現状ない。

「毎月買うのが面倒なら、春夏秋冬、年4回に分けて購入するのもいいでしょう。リアルタイムで取引できる点を活用して『価格が5%下がったら購入』というように購入価格をコントロールするのも一つの作戦。この場合は完全に時期を決めず、月に1〜2回、価格を見ながら安いときに買います」

 さて、どれを選ぶか。2022年4月19日現在、東証ETFは261本(外国籍を含む)。この中で、個人の人気が急上昇中の10本を紹介する。米国株式(S&P500)が4本、全世界株式(MSCI ACWI)が2本、先進国株式(MSCIコクサイ)が4本だ。

■S&P500の東証ETF4(S&P500)
1655 iシェアーズ S&P500 米国株 ETF
1547 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)
2558 MAXIS米国株式(S&P500)上場投信
2633 NEXT FUNDS S&P500 指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信

■全世界株式の東証ETF2(MSCI ACWI)
2559 MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信
1554 上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本

■先進国株式の東証ETF4(MSCIコクサイ・インデックス)
2513 NEXT FUNDS 外国株式・MSCIーKOKUSAI指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信
1680 上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI−KOKUSAI)
1550 MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信
1657 iシェアーズ・コア MSCI 先進国株(除く日本)ETF

 これら10本の中で「S&P500」「先進国株式」「全世界株式」のうちどれを選べばいいか迷ったら? そのヒントにしてもらうべく、億り人の投資家2人に意見を聞いた。

 米国株投資で成功した、投資顧問アドバイザーのたぱぞうさんが推すのはS&P500のETFだ。

「全世界株式も悪くないですが、中国など政府の不合理な介入がある国にも投資する点が気になります。

 資本主義に寄り添い、自由競争が働きやすく、新たなイノベーションが生まれやすい環境があるのは米国。

 先進国株式の中でもユーロ圏は日本同様に高齢化が進み、落ち着いています。時価総額の高い企業の顔ぶれには、米国ほどの新陳代謝が感じられない」

 米国株重視は、個人投資家の桶井道さんも同じだった。

「米国は移民政策などにより、いまだに人口が増加し続けている点を評価しています。新興国には高い成長性が期待できますが『中進国』くらいまでは順調に育つものの、そこからの先進国入りが遅いという『中進国の罠(わな)』がある」



 米国集中というリスクを取るからこそ高いリターンが期待できる。そうはいっても米国だけを信じることはできないという人もいるだろう。

 実際、日本も1980年代のバブル期には全世界株式に占める時価総額の割合が世界トップだった。米国も日本と同じようにトーンダウンする時期が来るかもしれない、と思う人は全世界株式のETFを選ぼう。

 米国一択も避けたいが、ウクライナ危機による新冷戦を考えると中国にも投資したくない人は、先進国株式で穏やかに。先進国株式の指数である「MSCIコクサイ」は歴史があり、東証ETFとしての運用実績が一番長い。

 ETFを買うときは1日の約定金額100万円以下の売買手数料が無料のauカブコム証券、SBI証券、GMOクリック証券、楽天証券がいい。4社とも一般NISAに対応している。

◎櫻井了仁(さくらい・あきひと)/GMOフィナンシャルホールディングス。広告会社のデジタルマーケティング業務などを経て2019年4月より現職。個別株、ETFに強い。個人投資家向け投資情報を届ける

(構成/編集部・中島晶子)

※『AERA Money 2022夏号』から抜粋