東証ETFと海外ETFでは値動きやリターンが違う、いわゆる「価格ズレ」があるって本当? ETFの分配金が「今は」安くていい理由って何? 運用会社がまっすぐ回答。

 東証ETFと海外ETFのスペックを比べると、東証ETFのほうが売買手数料もほぼかからず、為替手数料もない。税金面でも有利だ。それなのに、なぜか海外ETFを愛用する人がいる。

「東証ETFにはない、米国の増配株のETFや米国の高配当株のETFが欲しいから」ということならわかるが、S&P500や全世界株式のETFも「外国製」を好む。

 その理由の一つを聞くと「東証ETFの市場価格が本家の海外ETFと比べて、だいぶズレているから」と。やはり現地そのままの値動きで運用したい、というのだ。

 なるほど。これは運用会社に直接取材するのがよさそうだ。聞きづらい質問だが、ぶつけた。東証ETFは海外のものと比べて価格がズレズレで話にならないって本当ですか?

 回答者は、東証ETFの中でも人気の「MAXIS」シリーズを運用する三菱UFJ国際投信の佐藤尚慶さんだ。

■為替レートで差が出た

 価格自体がズレているのは、どうも本当らしい。

「S&P500と全世界株式に連動するETFの2021年の騰落率を比較してみましょう。S&P500は東証ETFの『MAXIS米国株式(S&P500)上場投信』と米国ETFの『バンガードS&P500ETF』(VOO)を比べます。

 全世界株式は『MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信』と『iシェアーズMSCI ACWI ETF』(ACWI)を比べます」

 S&P500では、東証ETFの「MAXIS」の年間騰落率は43.1%だが、「バンガード」のVOOは28.1%。全世界株式も「MAXIS」の29.7%に対し、「iシェアーズ」のACWIが16.9%。 

 確かにズレている! 違う! いずれも東証ETFのほうが上だ。この差は、なぜ生まれるのか?

「騰落率が違うのは、為替レートの影響です。東証ETFの『MAXIS』は、同じS&P500や全世界株式に連動していても、円建てで市場価格を表示しています。

 海外ETFは米ドル建てで取引されていますから、価格も『○○○ドル』というドル表示です。米ドル/円の為替レートの年間騰落率の差が両者の差となって表れているだけ。

 運用に優劣があるわけでは決してありません。海外ETFをその時々の為替レートで円建てに直して比べると、パフォーマンスはほぼ一緒です」

 2021年の1年間で米ドル/円の為替レートは11.13%程度、円安方向に動いた。「バンガード」(VOO)の年間騰落率28.1%と為替レートの上昇率約11.13%で計算(※)すると、バンガードの騰落率は約42.35%。MAXISの43.1%と、さほど変わらない。

※計算式:(1+28.1%)×(1+11.13%)=1.4235=42.35%

「東証ETFの『終値』は『東証の引け時間(日本時間15時頃)のS&P500の理論株価×同時刻の米ドル/円レート』が基準となります。

 そして東証ETFの基準価額は『米国市場のS&P500の前日終値×当日午前9時55分に決まる米ドル/円レートの仲値(その日の為替レート)』が基準。算出される時間がズレているから価格がズレて見えるという、タイミングの問題です。

 日々、同じ方法で計算されますから騰落率自体はズレません」

 終値には、売りたい人と買いたい人のパワーバランスが集約されている。需給で価格が決まる世界だ。ただでさえブレがちな終値に、さらに為替を反映させるタイミングが約半日ズレるので、数字上はこうなっている、ということだ。

■信託報酬は高いのか

 東証ETFは海外ETFに比べると信託報酬が少し高い、という指摘もある。たとえば東証ETFの「MAXIS米国株式」の信託報酬は税込みで年0.077%以内。一方、海外ETFの「バンガードS&P500ETF」(VOO)は年0.03%と2分の1以下だ。それにしても、嫌な質問ばかりして申し訳ありません。

「確かに信託報酬は、純資産残高が30兆円以上もある『バンガード』のVOOのほうが運用効率もいいので、低く設定できる面はあります。ただ『2分の1以下』といっても、両者を冷静に引き算すると0.047%の差です」

 海外ETFを売買するときには売買手数料0.495%や1ドル当たり25銭の為替手数料もかかる。やはり総合的なコスト面では東証ETFのほうが優れている。

 東証ETFの中で「TOPIX」や「日経225」など日本株のETFは、日銀が日本の株価を買い支えるときに使っている。その額は、2021年7月現在の東証ETFの残高59.2兆円のうち50兆円以上だ。

 法人や金融機関もETFを買っている。個人が買っている(と思われる)分は、おそらく4000億円程度だ。だが、ここ数年は個人の買いも伸びている。今後も増え続けるだろう。

■分配金が「今は安くてもいい」理由

 ところで、東証ETFも海外ETFも分配金がもらえる。分配金がほしくてETFを買う層も多い。分配金について、一つ大切なことをお知らせしておきたい。

 それはETFに長期投資するなら、分配金は「今はまだ」安くていいということ。

 自分にとっての分配金利回りは「もらった分配金÷自分がETFを買ったときの価格」で計算できる。つまり、価格の上昇が続けば、自分の買値に対する分配金の利回りは高くなっていくのだ。こちらも三菱UFJ国際投信の佐藤さんが検証してくれた。

 2011年末に先進国株式のETFを購入した場合、当初の分配金利回りは2.2%だった。これを2021年末まで10年間保有し続けた結果、順調な価格上昇で元本は4.2倍に増加した。

 そして分配金利回りは? 2021年末の先進国株式の分配金は1口当たり43円。2021年末の価格から計算すると、利回りは1.1%にすぎない。しかし10年前に購入した人からすると、分配金の「自分利回り」は4.8%まで、2倍以上もアップしていた。

 価格だけでなく「分配金の自分利回りも育つ」のがETFに長期投資するメリット。その効果は短期間でも見られる。表の下段、「MAXIS米国株式」の「自分利回り」の変化も参考にしてほしい。

◎佐藤尚慶(さとう・なおよし)/三菱UFJ国際投信 法人投資家営業部。三菱UFJ国際投信のETFブランド「MAXIS」の販売促進に従事。法人だけでなく個人投資家向けの情報提供にも積極的

(構成/編集部・中島晶子、伊藤忍)

※『AERA Money 2022夏号』から抜粋