早稲田大の志願者が2年連続で10万人を割り込んだ。特に看板学部である政治経済学部は、この2年間で7881人から4872人と、約3千人も志願者を減らした。他方でライバル慶應義塾大の志願者数は3万7千人前後で推移し安定している。しかし早稲田大は「数字は追い求めていない」と動じない様子だ。河合塾の分析では、早稲田大政治経済学部と慶應義塾大経済学部をダブルで合格した受験生の進学先はこの数年で変化し、今年は早稲田・政経を選ぶ受験生が「激増した」という。受験者の変化が起きている背景は何か。

*  *  * 

「志願者が10万人を下回るなんて、早稲田は大丈夫なのだろうか」

 ある早稲田大OBはこう語る。早稲田大の一般選抜(共通テスト利用入試を含む)による志願者数は、2021年に約9万2千人となり、49年ぶりに10万人を切った。今年は若干増えたものの、約9万4千人にとどまっている。

 減少の背景には、18歳人口が減っているなどの社会的な影響や、総合型選抜・学校推薦型選抜(旧AO入試・推薦入試)などの拡大により一般選抜での定員を減らしているといった要因もあるが、早稲田大が実施した「入試改革」の影響が大きいと見られている。早稲田大では21年入試から、政治経済学部、国際教養学部、スポーツ科学部で大学入学共通テストを必須化した。

 特に看板学部である政治経済学部では、入試科目に共通テストの数学I・Aを「必須科目」として導入した。私大文系学部の入試では数学がないか、あっても「選択科目」として入っているところが大半。早稲田大政治経済学部が実施した「受験者全員に数学を課す」というのは「大転換だった」(予備校関係者)という。

 その結果、政治経済学部の一般選抜の志願者数は、20年に7881人だったのが、21年に5669人と前年比72%の激減。22年にはさらに前年比86%の4872人と大きく減少している。

 早稲田大はこの減少をどう捉えているのか。大学に見解を尋ねると、「志願者数について数字を追い求めることはしておりません」と回答した。

 どういうことなのか。早稲田大の関係者はこう補う。

「学内で、志願者数の減少はそこまで気にはしていません。総長も志願者の量ではなく、質が重要だと言っています。数字だけを求めるのであれば、併願制度を充実させれば、うちはもっと学生を集めることはできる。まだ確定的な評価はできないが、入試改革によって求める学生が取れている側面はあると思います」

 実際、政治経済学部では受験者の変化も見られている。河合塾教育研究開発本部の近藤治・主席研究員によると、これまでは国立大の併願者とともに、文系の私大専願者が多く受験していたが、数学を導入したことによって、国立大を目指す層が受験者の多数を占めるようになっているという。近藤氏はこう説明する。

「早稲田大政治経済学部の入試を見ると、数学などの基礎学力があり、論理的な思考力などがある学生を取りたいという方針がわかる。一般選抜でありながら、大学が求める学生像に照らして選抜をする総合型選抜(旧AO入試)に近い思想を感じます。志願者数は減っていますが、高校時代に数学も含めしっかりと勉強した層や、東大や一橋大など難関国立大を目指すような学力が高い層が志願者の中心になっており、優秀な学生が入学していると見ています」

 その結果、早慶にダブルで合格した受験者の進学選択にも変化が出ているという。河合塾のデータによると、慶應義塾大経済学部と早稲田大政治経済学部にダブル合格した受験生がどちらの学部に入学しているのかを見ると、17年までは慶應・経済が優勢であったが、18年から早稲田・政経が逆転。今年は早稲田・政経を選ぶ学生の割合が大きく増えているという。近藤氏はこう説明する。

「今年は早稲田・政経を選ぶ受験生が激増しました。これからの時代を見据えた入試改革の姿勢が受験生に受け入れられたのだと思います。他の学部でのダブル合格を見ても早稲田に勢いがある。早慶はだいたい10年スパンで人気の波が入れ替わってきましたが、これまでは慶應が人気の上で優勢だったのが、近年は早稲田の時代になりつつあるように見えます」

 他方でライバルである慶應義塾大の志願者を見ると、20年は約3万8千人、21年は約3万7千人、22年は約3万8千人と安定的に推移している。近年は「まったく動きがない」(別の有名私大の入試担当者)と言われるほど、入試において目立った動きはない。

 慶應義塾大は東京歯科大歯学部を統合することを20年に発表し、大きな注目を集めた。慶應義塾大は医学部、薬学部に加えて歯学部を持つことで、早稲田大にはない医歯薬系の研究力やブランド力などを強化する動きを見せている。前出の近藤氏は今後の慶應義塾大の動きについてこう語る。

「現在の高校1年生は新学習指導要領に基づく授業を受けており、それに合わせて入試も変わる。その内容は、この夏ごろから各大学で公表される。慶應の入試は近年大きな改革はなかったので、ここで受験生への強いメッセージを含んだ新しい入試を打ち出す可能性はあります」 

 早稲田大の勢いはどこまで続くのか、慶應義塾大がどう動くのか、注目される。

(AERA dot.編集部・吉崎洋夫)