現役学生から公募したモデルが、受験時のエピソードや勉強法を明かす特別企画。第5回では、青山学院大学法学部4年の清家心さんが、偏差値30台という“どん底”からの浪人体験記を明かす。

*  *  *

 高校卒業を間近に控えたころ、続々と進学先を決める周囲の様子に、我に返った。「僕はこの1年間なにやってたんだ?」

 進学校に入ったものの、遊んでばかりでまったく勉強しなかった。「学校のテストはほぼ最下位で、偏差値は40もなくて。大学受験の前から、親とは『あと1年頑張ろう』って話してました」

 苦しい浪人生活の幕開けかと思いきや、底抜けにポジティブな清家さんは逆境を大いに楽しんでいた。「一つ英単語や古文の解法を覚えるだけで成績が上がるから、上がり目しかない!って」

 親に負担をかけることに気が引け、予備校には通わなかった。毎朝その日のスケジュールを決めて、一日7〜8時間のペースで勉強した。月に一度は“ガチ勉強デー”を設定。朝6時から深夜0時まで勉強し、ご褒美として翌日はオフにした。

 高校時代に自分の勉強法を確立できていなかったため、友人や先輩にやり方を聞いて、いいと思ったものをまねた。最も効果的だったのは、「参考書をしぼること」だという。「第1志望に合格した人たちの唯一の共通点でした。一冊の参考書を漏れなく完璧にする。量より質が大事なんです」

 得意科目は英語。「参考書は文法解釈の一冊だけで、あとは単語帳、熟語帳、長文問題集、過去問があれば十分です」。単語は複数の意味をセットに「概念」として覚え、派生語もチェックした。長文問題はそのテーマの背景知識も学ぶと、現代文や時事問題にも生かせて「一石二鳥」だった。

 一方、日本史は「ダントツで苦手」。「昔の絵画とか石像とか、堅苦しい単語を覚える作業に思えちゃって。“THE勉強”っていう意識が芽生えて、受けつけなかったんです」。そこで、まず小学生向けの学習漫画を読みあさり大まかな流れをつかむと、だんだん歴史の面白さに目が開いた。

「最初単語としか見てなかったこの絵画はこういう思いで描かれたんだとか、この戦争によってこの文化がもたらされたんだとか、いろんな事柄がリンクして、パズルが組み立てられていきました」

 努力は裏切らなかった。受験直前の12月の模試で、偏差値が70台に。第1志望の青山学院大学はもちろん、早稲田大学も余裕のA判定だった。「周囲からは『もちろん青学でもすごいけど、浪人したからにはもっと上の大学もチャレンジしてみたら』って言われたんです。でもずっと青学を目指して頑張ってきたから、迷いはなかった」。翌春、晴れて“青学生”の仲間入りをした。

 清家さんは今、個別指導塾でアルバイトをしている。生徒には「自分はこれだけどん底だったんだぞ。みんな、先生よりはましなんだぞ」と伝え、励ましているそうだ。

「浪人当初、親や高校の先生には『青学は厳しいんじゃない』って言われたけれど、こうして夢を叶(かな)えた。部活も習い事も最後まで頑張ったことがなかった自分にとって、大きな自信になりました。たぶん、死ぬときは真っ先に浪人時代のことを思い出すでしょうね(笑)」

(取材・文/本誌・大谷百合絵)

※週刊朝日  2022年6月10日号