もしかしたら若年性認知症かも……。50歳を超えた人なら一度はこんな不安を感じたことがあるのでは。記者(53)も最近、漢字の書き間違いが増え、物をよくなくすようになった。以前からのような気もするが、急に進行したような気もする。不安なので思い切って認知症検査を受けてみると──。

 記者の場合、違和感の始まりは漢字の書き間違いだった。とにかく間違える。急いだときはさらにひどく、違う漢字2文字が合わさった字を書いてしまうことも。

 年のせいとは思っていたが、昨年末、「絶対なくさないように」と預かっていた両親の介護保険証の収納場所を思い出せず、役所に再発行依頼をしたときに強く思った。

 認知症検査を受けたほうがいいのかもしれない。

 3年前から両親の本格的な介護が始まった。要介護度3と5の父母の在宅介護は想像以上にストレスがかかり、徐々に高血圧体質になった。普段、血圧は110/80程度で正常範囲だが、200を超えて救急搬送されたこともある。認知症の危険因子の一つが「高血圧」ということも知っている。

 かかりつけのクリニックに処方箋をもらいに行ったある日、思い切って医師に相談した。

「最近、漢字がうまく書けなくて、もの忘れも増えたのですが、これは認知症なのか不安です。この前、冷蔵庫にラップが入っていました」

 医師は、「今度、認知症専門医に一度診てもらいましょうか」と言い、後日、ADAS(エイダス)という認知機能検査を受けた。

 合計10枚のカードを2秒ずつ3回見た後に覚えているカードを声に出す「単語再生」、図形を模写する「構成行為」、今いる場所や時間などを確認する「見当識」、「単語再認」など合計10のテストを受けて、それぞれの評価点数の合計で認知機能を診断するものだ。

 睡眠不足もあってか集中力が続かず、カードは思ったよりも覚えられなかった。できないことに焦り、さらに覚えられない悪循環。しかしそれ以外のテストはある程度できたと思い、結果を聞きに診察室に入る。そこで専門医から言われた話にがくぜんとした。

「認知症の範囲には入っていませんが、テストの結果は決してよくありません。75歳以上でももっと高い点数を取れる方もいます。念のため後日、MRI検査を受けましょう」

 この段階では認知症との診断ではないが、あえていえば軽度認知障害(MCI)ではないかと。

 図形模写が悪かった。同じ図形を隣に描くというテストだが、同じように描いたつもりが、線が1本入っていなかった。空間認識障害らしい。私は昔から地図が読めない。方向感覚も悪い。もとから持っている性質(空間認識に関わる学習障害)と信じたいが、脳に何らかの障害が起きていたらと急に不安になった。

 半年前に人間ドックで脳の検査を受け、「異常なし」だったのに。まだ53歳。若年性認知症という言葉が重くのしかかってきた。

 18〜64歳に発症した認知症疾患を「若年性認知症」といい、全国に約3万6千人いると見られている(日本医療研究開発機構認知症研究開発事業の2017〜19年度実施調査)。18〜64歳の10万人あたり約51人の割合だ。

 働き世代であることから、経済的な負担の大きさが問題になる。しかも老年期の認知症より進行が速いと言われている。初期症状が診断しにくく、受診が遅れることも指摘されている。

 子どもの教育資金の問題などから症状を隠して働き続ける人もいる。しかしいずれは退職を強いられる。そんなときに次のステップを踏めるか否かは、早期の段階から疾患を受け入れ、自分らしく生きる設計図を描けるかどうかにかかっている。

 国が15年に策定した「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」では、都道府県ごとに、若年性認知症の人やその家族からの相談窓口を設置し、若年性認知症の自立支援を促す支援コーディネーターを配置すると定めている。

 若年性認知症者や高次脳機能障害者を支援する「いきいき福祉ネットワークセンター」(東京都目黒区)の駒井由起子理事長がこう話す。

「50代は体も動けて元気で、職場でも家庭でも大事な役割がある世代。できる限り働きたいと思われます。そんな方々を支援するために、支援コーディネーターが医療機関に相談したり、勤務先の企業に出向いたりして、可能な限りご本人の希望にそえるよう環境調整をします。もし退職になったとしても、適切な社会保障をお伝えして、安心感をもって第2のステップに進められるような支援をしています」

 駒井さんは、新オレンジプランができる前から家族会のボランティアや当事者と接し、「行き場のない」支援の難しさを感じていたという。

 高齢者ばかりの認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に入所するのは抵抗があるだろうし、施設によっては若年性の受け入れが難しいところもある。できれば、住み慣れた地域で、施設に入らずに支援を受けながら暮らしていきたいと、多くの人が考えるのではないだろうか。

 同センターが運営する「いきいき*がくだい」(東京都目黒区)は、若年性認知症者と高次脳機能障害者専門の介護保険通所介護事業所(デイサービス)だ。

「みんなで横浜や銀座に行ったり、地域の清掃活動をしたりしています。(活動内容を)自分で決めますから『会社は辞めたけれど、ここには役割や居場所がある』と感じられます。こういった活動を通して新たな社会生活を取り戻せて、生きがいにつながると思います」(駒井さん)

 社会とのつながりだけでなく、言語や記憶に働きかける認知リハビリテーションもする。ピアサポート(同じ悩みを持つ仲間同士の支え合い)効果もあり、情報交換も期待できる。

 もし、医療機関で若年性認知症と診断されれば、年金加入者の場合、初診日から1年半後に障害年金の申請ができる。また、就労継続支援B型など障害福祉サービスの利用が可能となる。

「若年性認知症と診断される方の多くが経済的な問題を抱えます。ご家族の生活を行政が早く支援するためにも、早めの気づきや診断が望ましいと思います。年齢が40〜65歳未満であれば介護保険制度の第2号被保険者になりえます」(厚生労働省認知症施策・地域介護推進課の担当者)。

 それまでの就労先での業務が困難になることもあるだろう。

「自分はまだ働ける、そんな思いをもって何回も履歴書を書いてはハローワークに行くが、面接で落ちる。これを何十回も繰り返される方もいらっしゃいます」(駒井さん)

 相談先としては、役所の認知症相談窓口や福祉課、地域包括支援センター、若年性認知症総合支援センターなど。認知症に詳しい医療機関は「認知症疾患医療センター」や「日本認知症学会」認定専門医を探すのがお勧めだ。就労、医療・福祉などの専門機関と連携する「若年性認知症支援コーディネーター」が相談を受けてくれる。

 さて、その後、記者が受けたMRI検査の結果についてだが。

 ドキドキしながら病院に向かい、医師と向き合って座った。

「海馬の萎縮はない。構造的な問題はない。おそらく機能的な問題でしょう。ストレスが影響していたのではないでしょうか」

 まずはホッとした。次に、具体的な数値について説明を受けた。脳の内側側頭部(海馬など)の萎縮を客観的に評価するVSRAD値が0.19(*)とあった。

「これは極めて良い数値で、問題ありません」

 とのこと。しかし、ストレスがかかると、脳の機能は低下してしまうものなのか。

 国立長寿医療研究センター「もの忘れセンター」センター長の武田章敬さんに聞いた。

「ストレスがかかると、注意力や集中力が一時的に低下して、認知症に近い症状が出ることはあります。もし後日、(ストレスが軽減したころに)もう一度ADASを受けて結果が良ければ、過度なストレスで脳の働きが一時的に悪くなっていた可能性があります」

 とはいえ、手放しで安心できるかというと、そうでもなさそうだ。

「MRIの結果だけでなく、症状や経過、生活の状況、認知機能検査も含めて総合的に判断する必要があります。早期の場合は、脳の異常がMRI画像に表れない人もいるので、気になる人は脳血流シンチグラフィー検査(SPECT)も受けて、脳の血の巡りを見るのが良いでしょう。費用は医療保険負担が3割の方で2万〜3万円ほどです」

 特に認知機能検査の得点は低いが、MRIで異常がない人は受けるのが良いという。

「SPECTでは脳の萎縮がない認知症もわかります。海馬だけを見て安心と考えるのは早計。若年性認知症の人の中には、海馬は正常なのに頭頂部が萎縮している人もいるからです。認知機能検査、MRI、SPECTで『異常なし』と判定されても、気になる症状がある場合には、半年後から1年後に再度診察を受けることを勧めます。その結果、異常が出てくれば何らかの対応が必要となってきます」

(本誌・大崎百紀)

*VSRAD評価値が0〜1は萎縮はほとんど見られない、1〜2になると萎縮がやや見られる。点数が高くなるほど萎縮が高度と判定される。

※週刊朝日  2022年6月10日号より抜粋