国や自治体は、マスク着用が推奨される場面や年齢、会食する人数などを緩和しつつある。夏に向けて対策はどうなるのか。尾崎治夫・東京都医師会会長に聞いた。

*  *  *

■幼児のマスク着用と情緒発達

Q:新型コロナウイルスの感染者数の減少傾向を受け、政府は5月23日、2歳以上の未就学児に推奨していたマスク着用を一律に求めない、小学生以上が屋外で他人と2メートル以上の距離が保てなくても会話がなければ着用の必要はないとするなど、「基本的対処方針」を変更しました。どう評価しますか。

尾崎会長(以下、敬称略):幼児のマスクなどについての変更は評価できます。人の感情は、目だけでなく口元や頬など、顔のさまざまな部位の多様な変化に表れます。幼児期は、顔の表情に表れる変化から、相手の感情を理解できるようになっていく時期で、そんな時期に周りの人の顔が目以外すべて隠れているようでは、情緒の発達が阻害される恐れがあります。

 基本的対処方針が触れていない、実施されている感染対策についても、もっと緩和できる対策もありますし、逆効果なので見直した方がいいという対策もあります。

■屋外でのマスク着用は

Q:幼児以外のマスク着用の必要性はどう考えればいいでしょうか?

尾崎:感染対策は感染源と感染経路を踏まえて考えることが大切です。主な感染源は、大声で話したりくしゃみをしたりした時に飛び散る飛沫や、より小さなエアロゾルに含まれているウイルスです。それが口や目、鼻から体内に入ることで感染する可能性が生じます。

 ただし、多くの人がワクチンを打っている今、免疫の抑制された状態にある人ら一部の人を除いて、ごくわずかな量のウイルスが体内に入ってきたからといって、それで感染が成立するわけではありません。

 換気のあまりよくない屋内で至近距離でマスクをはずして一定の時間おしゃべりをしたり、歌ったりすれば、飛沫やエアロゾルを相当量吸い込むことになり、感染するリスクはあがります。

 一方、屋外では大気が動いているので、飛沫やエアロゾルは拡散されていきます。ですので、屋外であれば、マスクは基本的には必要ないと考えられます。もちろん、いくら屋外とはいえ、同じメンバーで長時間バーベキューをしたり、路上飲みをしたりすれば、感染するリスクはあがります。

■アクリル板で空気が滞留

Q:基本的対処方針では触れられていない、マスク以外の対策についてはどう考えますか?

尾崎:接触感染は、飛沫やエアロゾルの付着したテーブルなどを手で触り、その手で目や鼻、口を触ることで起きます。ですが、テーブルなどを少し触っただけで手に大量のウイルスが付着するとは考えにくい。接触感染が原因でクラスターが起きたという報告も、ほとんどないのではないでしょうか。

 もちろん、目や鼻、口を触る前には手指をしっかり洗う、あるいはアルコール消毒するという心がけは大切です。が、料理を取り分ける係の人が手袋をする、学校や店舗でテーブルなどを何度も何度も拭く、といった必要はないと思います。

Q:逆効果になる恐れのある対策とは何でしょうか?

尾崎:代表例が、居酒屋など飲食店でよくみかけるアクリル板です。

 飲食店などが感染対策の「認証店」になる条件として、東京都などは、客が対面に座るテーブル上へのアクリル板などの設置を挙げています。しかし、アクリル板などの遮蔽物を置くと空気が滞留し、かえって換気を妨げ、むしろ逆効果になる可能性があります。それよりも、換気が悪いと濃度が高くなる二酸化炭素(CO2)の濃度測定器の設置をもっと広めて、換気のよい店であることを数値で客観的に示すようにした方が効果的だと考えます。

■日常や社会活動を活発に

Q:東京都は、大型連休後の感染者増加を防ぐために独自に設定していた「リバウンド警戒期間」を5月22日で解除しました。認証店での飲食、1テーブル8人まで、といった制限が解除されました。マスクも含め、今後、いろいろな感染対策がどんどん緩和されていくのでしょうか?

尾崎:大型連休中に多くの人があれだけ移動してもリバウンドせず、むしろ減少傾向になったので、制限しなくてもやっていけるという判断で、警戒期間を解除したのだと思います。

 新規感染者が増加しなかった背景には、3回目のワクチン接種が進んできていることと、第6波で感染した人がある程度いたからではないでしょうか。

 世界的に感染対策が緩和の方向で進んでいます。国内でも、必要な対策は残しつつ、緩和できるところはもっと緩和して、日常生活や社会生活をもっと活発にしていったらどうでしょうか。

Q:マスクも含めて、感染対策の緩和に不安を覚える人もいます。

尾崎:マスク着用の必要性についてでもお話ししたように、どんな場面で、どんな行動をしたら感染するのかを一人ひとりが考え、マスクの着用も含めた感染対策が必要かどうかを判断することが大切です。ただし、基礎疾患があるかどうかなど、一人ひとり重症化のリスクは違いますし、不安の感じ方も違います。

■マスクありなし両方いる

 たとえばマスクの着用は、場面によっては、着用している人としていない人が両方いる、というような状況が今後、増えていくと思います。その際、大切だと思うのは、着用している人もしていない人も、それぞれの判断を尊重して、お互いを批判しないことです。同調圧力をなくしていく努力が必要だと思います。

 不特定多数が集まる場でクラスターが起きるのは、感染している可能性のある人が、そういう場にいるからです。まずは、体調のすぐれない人は、万が一の場合を考え、他の人に感染させる可能性のある場所には行かないようにすることが求められます。

■抗原定性検査活用すべき

 また、対策をマスクだけに頼るのではなく、もっと検査も使うべきです。今はまだ、検査キットの価格が高いのですが、その場で結果のわかる「抗原定性検査」がもっと安くできるようになったら、飲食店など不特定多数の人が集まる場所で検査をもっと多用したらいいと思います。検査で陰性だったら、安心してマスクをはずしておしゃべりしたり、お酒を飲んだりできます。時間制限も人数制限もいりません。

 検査のできない場所では、マスクをすればいいと思います。マスクだけでなく、検査とマスクの併用にしていけば、安心していろいろな活動ができます。

 厚生労働省などによる「新型コロナウイルス感染症 診断の手引き」では、抗原定性検査は無症状の人の診断には推奨しないとされています。この根拠となっている調査で調べたのはたった数十人でした。

 一方、東京都医師会がもっと大規模に、5638人を対象に調べたところ、「抗原定性検査」とPCR検査の結果の一致率は陽性の場合約98%、陰性で約87%でした。自覚症状の無い人の場合でも、陽性の一致率は100%、陰性でも94.8%でした。つまり、抗原定性検査は無症状の人にも十分、使えると思います。

 ただし、「体外診断用医薬品」として国が承認した検査キットでないと精度は担保されませんので、その点には注意が必要です。

 自治体や国は、検査をした上でもっと動きましょう、という方針に変えたらいいと思います。

(科学ジャーナリスト・大岩ゆり)

※AERAオンライン限定記事