5月15日、ある1枚の広告が全国紙の朝刊に掲載された。中央に大きく書かれた題字は「すべての科学者に告ぐ」。

 その下に続くメッセージは、「世界は急速に、良くない方向へ進んでいる。その真ん中に科学技術が存在していることは、否定のできない事実である」から始まり、「最先端の技術が、他国の軍事力を凌駕するため利用される。命を救うための研究が兵器に応用され、いとも簡単に人名を奪う」と、科学技術の負の側面を語る。そのうえで、「しかし、科学者たちよ。今こそ声を上げるべきだ。すべての技術は人類を幸福にするため生まれ、世界に平和をもたらすためにのみ生かされるべきだと」と、力強いメッセージで結んでいる。

 この広告は、千葉県習志野市に本部を持つ千葉工業大学の設立80周年を記念して出稿されたもの。大学の広告らしからぬ斬新なデザインと挑戦的なメッセージで、SNSなどでも話題を呼んだ。

 同大学は大学入学共通テスト利用入試の検定料免除をはじめとする入試改革で話題を集め、近年急速に知名度を高めている。いったい、どのような広報戦略を練っているのか。話を聞くべく、津田沼にあるキャンパスを訪れた。

 迎えてくれたのは、入試広報部部長の日下部聡さん(55)。大学卒業後、大手予備校、教育系広告代理店を経て、14年前に千葉工大に転職した。現在は同大学の入試改革や広報を中心的に担っている。

 1942年に設立された同大学は、5学部17学科からなる。学生数は学部・大学院をあわせると1万人ほど(22年4月時点)。関東では東京理科大学に次ぐ規模という。ロボット研究に強く、東日本大震災が起こった時には、同大学が開発した災害対応移動ロボットが福島第一原子力発電所の内部を調べた。先進工学部には、1年次からロボット制作を体験できる「未来ロボティクス学科」という名前の学科もある。

 伝統・規模・研究実績のいずれも兼ね備えているようだが、日下部さんが転職した当時、一時は3万人を超えていた志願者は1万2千人を割り込んでおり、大学の経営状況は決して芳しくなかった。「留年率や退学率も高かった。何もかもが悪い方向へ向かっていた時期でした」と日下部さんは当時を振り返る。

 受験生を呼び戻すべく、教職員らは一丸となって入試制度の改善に取り組んだ。まず取り入れたのが、併願時の受験料負担を軽減する「クロスエントリー」という仕組みだ。多くの大学では1学部受験すると3万円、2学部なら6万円……と受けた学部の数だけ受験料を徴収する方式を取っているが、これを覆し「同じ試験日であれば、何学科併願しても受験料は1学科分」とした。

 2019年入試では窓口での受付を廃止し、試験前日の午前11時までインターネットから出願ができる仕組みも取り入れた。考案したのは日下部さんだ。「予備校で働いていた時代に、受験生の進学相談に乗った経験が活かされた」と話す。

「何千人もの受験生から話を聞く中で、試験を迎える時期の受験生がどんな心理で、どんな動き方をするのか、理解できるようになりました。例えば国公立大の志望者は、共通テストの結果が出た後で『思うような点数が取れなかったから、私大も受けてみよう』と考えることが多い。それなら、試験直前であっても出願ができる方が、受験生にとっても助かるだろうと思ったんです」(日下部さん)

 21年の入試では、新型コロナウイルスの感染拡大による経済情勢悪化を踏まえ、共通テスト利用入試の検定料免除に踏み切った。大学にとって受験料は大きな収入源の一つであるはずだが、日下部さんはこう話す。

「大学独自の試験は問題作成や会場使用料など一定の負担があります。一方、共通テスト利用入試の場合にかかるのは大学入試センターへの手数料や人件費くらい。それなら受験料収入に頼るのはやめてしまおう、というが経営陣の判断でした。入学定員を満たすことができるのならば、本来はそこで得られる収入の範囲で大学運営をすべきだということです」

 結果、21年の入試で同大学の併願を含むのべ志願者数は前年と比べて105%、併願を含まない実志願者数は107%に上昇(「週刊朝日」調べ)。多くの私大が志願者を減らす中、後者では全国首位となった。検定料免除は当初、21年限りの特例措置だったが、好評を博したことから、22年の入試でも同じ制度を継続している。

 併願者も多いため、大学関係者からは「志願者を多く見せている」といった批判を受けることもある。しかし「志願者数を増やしたくて始めたわけではありません。根底にあるのは、経済的負担の軽減など受験生の助けになることをするという『受験生ファースト』の発想です」と日下部さんは言う。

 入試制度の変革と並行して力を注いでいるのが、学外への情報発信だ。「ツタンカーメンの鉄剣の製造方法と起源の特定に成功」「世界初!宇宙を汚さないクリーンなロケット推進薬の開発に成功」など、ユニークな研究成果が出たときは、積極的にプレスリリースを出してきた。

 80周年記念広告は、同大学からの依頼を受け、コピーライターの渡辺潤平さんが文面やデザインを考えた。制作にあたり、理事長からは「ただ広告を打つだけでは意味がない」「『世界文化に技術で貢献する』という建学の精神を踏まえ、波風が立つようなメッセージを打ち出してほしい」というリクエストがあったという。渡辺さんは言う。

「大学の仕事というのは、教員、卒業生、スポンサーなどステークホルダー(利害関係者)が多く、広報担当者の方も全方位に気を遣われていることが少なくありません。それが千葉工大さんの場合『攻め』の精神を明確に持たれている。こちらも、その斜め上を行く広告を作りたいという気構えで挑んでいます」

 今回の広告で科学者への問題提起というスタイルを取った理由については、こう話す。

 「新聞の誌面には、ロシアのウクライナ侵攻をはじめ、戦争の動向を伝える記事が日々掲載されています。そんな中で、単に技術の力を称賛しても独りよがりになりかねない。世情をどう受け止めているのか、大学として表明するのには今がちょうどいいタイミングなのではないかと思いました」

 字体は『鉄腕アトム』など科学技術をテーマとした作品を手がけた漫画家・手塚治虫さんの作品を意識。デザインは「粗削りでドキッと来るようなものを」と、黒の背景色に赤い文字の組み合わせを選択した。候補案は他にもあったが「デザイン、メッセージ共に一番刺さる内容だった」と日下部さんは話す。

 広告掲載後、SNS上には「インパクトのある内容」「新聞をめくる手が止まった」といった感想が多数投稿され、大学には感想の電話が相次いだ。多くは好意的に受け止める内容だったが、一部には21年、軍事技術に応用可能な基礎研究を対象とした防衛装備庁の研究助成制度に同大学の研究課題が採択されていることを疑問視するものもあった。

「採択された研究が軍事研究に使われるかどうかについては、応募時、防衛省にも確認を取りました。研究は、宇宙ごみを出さないロケット燃料の開発を目指すもの。研究の論文も公開されるということもあり、他省庁と同様な科学技術研究支援と判断し、応募しています」(日下部さん)

 批判を「リスク」と捉え、思い切った試みを避ける大学もある中、あえて挑戦的なメッセージを打ち出し続ける理由について、日下部さんはこう話す。

「千葉工業大学はいわゆる『有名大学』ではありません。だからこそ、まずは目に留めてもらうことが大切だと思っています。入試制度は毎年何かしら変えていますし、研究成果を発信する上でも、大学の名前をいかに効果的に出せるか、常に意識しています。今、国内では工業分野をはじめ理工系の人材不足が指摘されています。うちの大学への注目を通じて、工業系大学全体を盛り上げたい。それが一番の目標です」

 18歳人口の減少や、定員割れ大学の増加など、私立大学について伝えるニュースは明るいものばかりではない。そんな中でも「荒波にさらされた方が、いいアイデアは浮かびやすくなる」と日下部さんは言う。困難な状況を前向きに受け止め、チャンスへと変えていく精神に、生き残る大学のヒントを見た気がした。(本誌・松岡瑛理)

※週刊朝日オンライン限定記事