藤井聡太が棋聖戦第1局で敗れ、タイトル戦連勝は歴代2位タイの13で止まった。千日手が2回成立する激闘。「千日手王子」と呼ばれた永瀬には及ばなかった。AERA2022年6月20日号の記事を紹介する。

*  *  *

 藤井聡太棋聖(19)に永瀬拓矢王座(29)が挑戦する棋聖戦五番勝負は、波乱の幕開けとなった。下馬評は藤井ノリの声が多い中、まず第1局(6月3日)を制したのは永瀬だった。それも千日手が2回成立する、死闘の末だった。

「千日手」とは簡単に言えば、引き分けのことだ。将棋ではまれに、互いに手を変えられなくなる局面が生じる。続けていけば千日経っても終わらない。そこで現在では同一局面が4回生じると指し直しになる。タイトル戦において、1局の勝負がつくまでに千日手2回は過去に3例しかない。それほどのレアケースだ。

■歴代1位には届かず

「千日手王子」とも呼ばれた永瀬は、10代の頃から千日手が多いことで知られた。最近ではその頻度も落ち着いていたように思われた。しかし大舞台で藤井を相手に、千日手を2回続けてやってのけるあたり、永瀬の面目躍如といったところだろう。

 藤井のタイトル戦番勝負における連勝記録は13でストップ。大山康晴十五世名人(故人)が持つ歴代1位の17連勝には届かなかった。史上初の八冠制覇はいかに大変であるかと、改めて思い知らされるような一番となった。

 棋士には規定によって定められる序列がある。1位は棋聖のほか竜王、王位、叡王、王将を持つ五冠の藤井。2位は名人、棋王で二冠の渡辺明(38)。そして3位が王座の永瀬だ。

 キャラが立ちまくったナンバースリー。永瀬の立ち位置を簡単に言えば、そんなところだろう。対局時、栄養補給にバナナがいいと思えば、山のように盤側に置いておく。匂いからして苦手なパクチーが体によいと思えば、鼻にティッシュを詰めて克服する。和服よりもスーツのほうが戦いやすいと思えば、タイトル戦でもスーツで通す。すべては将棋に勝つためだ。

 永瀬は1世代上の大棋士・渡辺には、重要な一番でことごとく敗れてきた。しかし今期の挑戦者決定戦では、ついに渡辺を撃破。一昨年、昨年と続いた藤井と渡辺の五番勝負は、藤井が渡辺を圧倒している。ならば現在、藤井を倒す1番手は、永瀬と言ってもよさそうだ。

■一番将棋を指している

 永瀬は努力の人である。もちろん、17歳で四段に昇段した永瀬に才能がないはずはない。しかし永瀬に勝るとも劣らぬ英才は同世代中には幾人もいた。競争が激しいこの世界で、永瀬がトップクラスに成長できたのは、誰もまねできない努力の成果だ。その姿勢は、タイトル保持者となった現在も変わらない。

「藤井さんとたぶん、生涯一番将棋を指しているのは自分なので」

 棋聖戦が始まる前、主催者からのインタビューに、永瀬はそう答えていた。早くから、はるか年下の藤井に1対1の研究会を申し込み、指し続けてきた。

 プライベートでは仲がよい両者であっても、公式戦での勝負となればまた別だ。千日手2回が永瀬の戦略の先にあったのかはわからない。ともかくも藤井の強さを誰よりも知る永瀬は、手段を尽くして藤井に勝った。

「一日でとことん教えていただいた」

 永瀬は対局後にそう述べている。

「将棋は体力」

 というのは藤井の師匠の師匠にあたる板谷進九段(故人)の名言だ。永瀬は将棋盤の前に座り続けて疲れを見せないという点でも棋界トップクラスだ。両者の通算対戦成績は藤井7勝、永瀬4勝。直近では永瀬の3連勝中だ。面白い五番勝負になってきた。(ライター・松本博文)

※AERA 2022年6月20日号