「腸を整える」と書かれた食品やサプリメントはいろいろ売られていて、下剤は薬局で簡単に買うことができます。だから「自力で治せばいい」と考えがちですが、原因によってはセルフケアが難しく、下剤の副作用で重症化する恐れもあるといいます。病院ではどんなふうに便秘を治療できるのか、そしてそのメリットを専門医に聞きました。

*  *  *

 かのエルビス・プレスリーもひどい便秘だったそう。死因は諸説ありますが、便秘が引き金ともいわれています。日本の救急搬送患者を解析した調査では、約11%がトイレで倒れていて、その多くは循環器の発作だったとの報告も。介護の現場では、排便のケアが大きな負担になっています。

 大腸がんや糖尿病、パーキンソン病などが便秘の原因になっていることもあるので、便秘が続くなら、医療機関を受診することがとても大切です。

■薬を上手に使ってコントロール

 原因になる病気がなく、恒常的なものを慢性便秘(以下、便秘)といいます。鳥居内科クリニック院長の鳥居明医師は治療のポイントを次のようにに話します。

「高齢者の便秘は、加齢によって腸の動きが悪くなっていることが主な原因です。腸を若返らせることは残念ながら難しいので、食事や運動の見直しに加え、薬も使ってコントロールをしていくと、楽になると思います」

 若い人の便秘も、まずは薬で排便のリズムをつけるほうが、結果的に薬を早く減らせ、薬の常用から離脱できることが多いとのことです。

■体質に合わせて薬を選び、量を調整

「だったら市販薬で」と思うかもしれません。しかし市販薬の多くは、アロエ、センナ、大黄を含んでいて、腸を刺激して排便を促す「アントラキノン系下剤」です。長期間使うと腸が弛緩して、薬が徐々に効きにくくなります。だからといって量を増やしていくと、自力で排便ができなくなることも。病院に行かないことは、大腸がんなどの大きな病気を見落とす危険にもなるので、便秘が続くようなら、早い段階で医師に相談しましょう。

 医療機関で処方される便秘の治療薬は、アントラキノン系下剤のほかにもさまざまなタイプがあり、効果のしくみで次の三つに分類できます。

(1) 便をやわらかくするもの
(2) 腸の動きをよくするもの
(3) (1)と(2)の働きをあわせ持つもの



 このうち、第一選択肢になるのは(1)の「便をやわらかくする薬」です。代表的な薬の「酸化マグネシウム」と「ポリエチレングリコール(モビコール)」は、大腸内の水分を増やして、便をやわらかくして出しやすくするものです。松島クリニック診療部長の白倉立也医師はこう言います。

「酸化マグネシウムは患者ごとに合う量が違うので、ちょうどいい量を見つけるのがポイント。最初はやや多めに処方して、便がゆるすぎたら減らす、ということを繰り返します。まさにオーダーメイドの治療です」

 まれに副作用で「高マグネシウム血症」が起こることがあるので、薬を服用している患者は、定期的に血液中のマグネシウム量を測定することが推奨されています。

 慢性腎臓病などで腎機能が低下している場合は副作用のリスクが高いため、同じ作用機序のポリエチレングリコールが処方されます。2歳から使用できるので、小児の便秘にも使われます。液体に溶かして飲む粉末の薬で、みそ汁やジュースにも混ぜられるそうです。

■なかなかトイレに行けない人には、別の選択肢も

 ただ、これら(1)の便をやわらかくする薬はトイレの回数が増えるため、仕事や職場環境などによって適さない人もいます。

「そのような患者さんには腸の動きをよくするの薬を服用してもらいます。排便は1回ですみますし、排便したい時間に合わせて飲むことができます」(鳥居医師)

 この(2)の「腸の動きをよくする薬」は前述のアントラキノン系下剤が中心になりますが、医師の指導のもと、適切に用いれば問題はないそうです。

 西洋薬に抵抗がある場合は漢方薬の選択肢も。消化器の手術後のイレウス(腸閉塞)対策にも使われる「大建中湯」など8種類あります。こうした薬でうまくいかない場合には「胆汁酸トランスポーター阻害薬(エロビキシバット水和物錠)」などの新しい薬を検討することになります。この薬は前述の(3)の「(1)と(2)の働きをあわせ持つ薬」にあたり、「腸を動かす働き」と「便をやわらかくする働き」をあわせ持つものです。

「便秘の人は胆汁酸(消化液、胆汁の主成分)の分泌が不足していることがわかっています。この薬は胆汁酸の再吸収を抑えることで、腸内の胆汁酸の量を増やし、便秘を改善します」(同)

 ほかにも、かん腸や座薬など、多くの薬があります。「IBS(過敏性腸症候群)」による便秘は、精神的な要因が強くかかわっているので、抗うつ薬や向精神薬、精神療法の一つである「認知行動療法」が有効です。



 便秘の治療で最も大事なのは「医師と患者の信頼関係」だと、両医師は口をそろえます。

「薬の効きがよくない、薬をやめたい、などといった不満や希望は遠慮なく言ってほしいです。自己判断で服薬量を変えたり、治療をやめたりするのが一番よくないのです」(白倉医師)

■下剤の離脱治療で重い副作用も改善

 市販のアントラキノン系下剤の乱用による副作用で重度の便秘になっている場合は、まず下剤の離脱治療をおこないます。

 白倉医師によると、下剤を5年、10年飲み続けている患者は珍しくなく、常用量を超えて一日何十錠も服用している人もいて、水のような便が習慣になっているそうです。

「こうした患者さんは便が出ないことに強い不安を感じているので、服用している薬をいきなりやめるのは、かえってよくない結果になります。ほかの治療薬も加えて飲みながら、少しずつアントラキノン系下剤を減らしていくのが王道です」(同)

 依存から完全に離脱できるまで1〜2年かかることもありますが、根気よく続けることで、徐々に便意は戻ってくるといいます。

 このように、治療の選択肢はたくさん用意されています。生兵法より、消化器科を専門とする医師を頼るのが早道ではないでしょうか。

(文・狩生聖子)

※週刊朝日2022年6月24日号より