まぶたが重く、目を開きにくい。視界の上方が見えにくく、目が疲れやすい。額にシワが増えてきた……。いずれも、まぶたが下がる「眼瞼下垂(がんけんかすい)」でみられる症状だという。眼瞼下垂の原因や症状について専門医に聞いた。

*  *  *

「まぶたが重く、ものが見えにくい」「目を開きにくい」「視界の上方が見えにくく、目が疲れやすい」「額にシワが増えた」といった症状に悩まされていたら、眼瞼下垂を疑ってもいいかもしれない。

 眼瞼下垂はまぶたが通常よりも下がってしまい、ものが見えにくくなる病気だ。まぶたが下がったことにより、初期にはとくに上のほうの視界が狭くなる。視野に関わる症状だけでない。頭痛・肩こりなどの全身症状も引き起こすという。まつだ眼科形成外科院長の松田弘道医師はこう話す。

「まぶたが下がってくると、無意識に額にある前頭筋を使って眉を上げ、目を見開いたり、あごを上げたりして視界を確保しようとします。こうした日常的な前頭筋の緊張やあごを上げる姿勢で頭痛や肩こりが引き起こされやすくなります。まぶたの重さや目の疲れやすさと同時に痛み止めを飲んでも解消しない頭痛や肩こりがあれば、眼瞼下垂を疑ってみてもいいでしょう」

 眼瞼下垂は見た目の印象にも影響を与える。額のシワが増える、まぶたの上がくぼむ、疲れた表情などだ。抑うつ気分といった精神面にも症状が出ることがある。

■コンタクト長期装用発症リスクに

 眼瞼下垂の原因や発症リスクとはなんだろうか。愛知医科大学病院眼形成・眼窩・涙道外科の柿崎裕彦医師はこう話す。

「先天性の場合もありますが、多くは加齢によるものです。よって高齢者ほど発症頻度が高くなります。原因はまぶたを上げ下げする上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉につながる薄い膜状の腱膜(挙筋腱膜)の劣化です。挙筋腱膜はまぶたの縁の瞼板(けんばん)に付着しており、劣化して伸びたり、緩んだり、付着がはずれたりします。それによって、上眼瞼挙筋の収縮力がまぶたにうまく伝わらなくなり、まぶたが下がってきてしまいます」

 人間は1日に約2万回もの瞬きをする。瞬きやまぶたへのなんらかの断続的な刺激によっても、挙筋腱膜は劣化してしまう。上眼瞼挙筋自体は正常である場合が多いという。

「断続的なまぶたへの刺激」でとくに問題になるのはコンタクトレンズだという。長期装用している場合に眼瞼下垂のリスクが高まる。コンタクトレンズがまぶたの裏側の筋肉に触れて刺激を与え、着脱時にはまぶたを引っ張り上げてしまうためだ。

 20年以上のコンタクトレンズの使用で発症する危険性が高まるという。ハードコンタクトレンズで17倍、ソフトなら8倍、非装用者と比較して発症リスクが高いという研究結果もある。

「コンタクトレンズを10代から使っている場合、早い人では35歳ぐらいで症状が出る人もいます。まぶたをこする癖のある人や一重まぶたの人にも多い傾向があります」(松田医師)

 このほか、白内障などの目の手術歴のある人もリスクが高まるという。手術の際、目を大きく開ける器具を使うためだ。緑内障でよく使われるプロスタグランジン系の眼圧下降薬も眼瞼下垂のリスクになるという。

 眼瞼下垂になっていても自覚のない人も多い。まぶたが下がっていても、初期のうちは、あごを上げたり、眉を上げたりすればある程度見えてしまうためだ。

 まぶたが下がってきたサインとして、40代なのに額にシワが増えてきた、二重まぶたの二重の幅が広くなってきた、という症状がよくみられるという。

「眼底検査時に、まぶたを持ち上げられずにテープを貼られるなどして初めて気づく人もいます」(柿崎医師)

 症状が進行して、さらにまぶたが下がってくると、正面を見た状態で上まぶたが瞳孔にかかってくる。重症度の診断は上まぶたの縁から瞳孔中央(黒目の中央)までの距離で判断される。この距離が3・5ミリ未満になってきた場合に眼瞼下垂と診断される。

 眼瞼下垂に似た病気に、まぶたの皮膚が伸びたことで視界が遮られる「眼瞼皮膚弛緩症」もある。これは腱膜にはとくに異常はみられないため、眼瞼下垂とは区別される。

 眼瞼下垂を放置することによるデメリットとはなんだろうか。

■下方が見えづらく認知機能に影響も

「直接的に命に別条はなく、失明するわけでもないですが、瞳孔をまぶたが完全に塞ぐほどの重度になると、下を向いたときにまぶたがより下がって、とくに下方がかなり見えにくくなります。読書がしにくい、足元が見えないなどで生活に支障をきたすようになってきます」(同)

 とくに階段を下りるときに足元が見えないため、思わぬ事故を引き起こす恐れもあり、非常に危険だという。もちろん、軽度でも、見えにくさから生活にさまざまな不便さを感じる場合もある。柿崎医師は、眼瞼下垂で視界が遮られることで低下する生活の質、「クオリティー・オブ・ビジョン(視覚の質)」の観点で早めの受診を勧める。

 松田医師は認知機能への影響も指摘する。

「眼瞼下垂は数年かけて進行し、見えにくさも増していきます。とくに高齢者の場合はその影響は視野だけでなく認知機能にも影響します。白内障と同様に、眼瞼下垂を放置すると認知機能が低下するというデータもあります。疑われる症状がみられたら、早めに眼科もしくは形成外科を受診しましょう」

(文・石川美香子)

※週刊朝日2022年7月1日号より