地球上から根絶された天然痘。それと似た症状の出る「サル痘ウイルス」の感染者が、春以降、世界各地で発生している。AERA2022年7月4日号の記事を紹介する。

*  *  *

世界保健機関(WHO)は6月23日、「サル痘」について専門家による緊急委員会を開いた。委員会は、現在のサル痘の広がり方は異常で、これ以上広がらないように緊急に世界各国が取り組む必要性を強調したが、現時点では感染者が比較的限られることや、重症化する人がほとんどいないことから、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言するにはまだ至らないという結論を出した。WHOのテドロス事務局長は、委員会の提言を踏まえ、緊急事態宣言を出すのを見送った。

 サル痘ウイルスは、天然痘(痘そう)ウイルスの仲間だ。ヒトへの感染が確認されたのは1970年、アフリカ中央部の現コンゴ民主共和国が最初だった。以来、コンゴや、アフリカ西部のナイジェリアなどで感染が報告されてきた。

■発疹1個だけの場合も

 アフリカ以外ではほとんど感染者はいなかったが、今年5月、英国でアフリカへの渡航歴のない感染者が見つかって以降、スペインやドイツなどヨーロッパ諸国や米国、カナダなどから感染者の報告が相次いでいる。

 WHOによると、今年1月以来、アフリカを含めた50カ国で3千人以上の感染が確認された。米疾病対策センター(CDC)によると、23日現在、もともと感染者のいたアフリカ諸国以外の感染者が3504人に達した。日本は24日現在、感染者の報告はない。

 感染から症状が出るまでの潜伏期間は5〜21日。典型的な場合、まず発熱や頭痛、リンパ節の腫れが起き、その後、発疹が出る。発疹は顔や手足にできることが多い。アフリカの流行では致死率3〜6%程度とされていたが、今年の世界各地の流行では15日現在、亡くなったのはナイジェリアの1人だけだ。

 WHOによると、今回の流行ではサル痘の典型的な症状を示さない感染者が多いという。発疹の数が数個、人によっては1個だけと少なかったり、発熱などの症状が発疹の後に出たりしている。

 英国では20日現在、793人の感染者が報告された。性別の分かっている763人の99%(758人)が男性だ。英健康安全保障庁(HSA)によると、感染者152人を対象に行った調査で、151人がゲイやバイセクシュアルなどで、男性とセックスをすると回答した。

 英HSAは5月下旬、男性とセックスをすると回答した感染者に再調査を行い、45人が回答した。44人は発症前5〜21日以内に男性とセックスをしていた。20人(44%)は同期間中に出会い系サウナやクラブを訪問し、グループセックスをしていた。

 また、過去3カ月以内に10人以上の相手とセックスをした感染者が20人いた。28人(62%)は、新たなパートナーを見つけるアプリを利用していた。

■国内で感染者出る恐れ

 サル痘ウイルスは、感染者との濃厚な接触や、感染者の体液や発疹部位の皮膚などが付着したものに接触することなどで感染する。米CDCによると、症状が出る前の潜伏期間中は他の人に感染させることはないという。また、飛沫感染は、感染者と長時間一緒にいた場合や、飛沫が大量に発生する処置を行う医療機関以外ではほとんど起こらないと考えられている。

「サル痘」と呼ばれるが、霊長類だけでなく、リスなど齧歯(げっし)類にも感染する。2003年には米国で、アフリカから輸入された齧歯類から感染した、ペットのプレーリードッグを介して約50人が感染した。

 岡山理科大学獣医学部の森川茂教授(ウイルス学)は、こう注意喚起する。

「海外で感染者と濃厚接触した人が潜伏期間中に入国すれば、国内でも感染者が発生する可能性はあります。サル痘が疑われる症状のある人との濃厚接触は避け、その人が使った衣類や寝具などに直接、触らないような注意が必要です。洗剤や石鹸、消毒用アルコールでウイルスの感染性は失われますので、手洗いは予防につながります」

(科学ジャーナリスト・大岩ゆり)

※AERA 2022年7月4日号

※WHOの情報は6月26日現在のもの