総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦などの入試が拡大する中、難関大学にコンスタントに合格者を出す高校も出てきている。高校側はどのような取り組みをしているのか。AERA 2022年7月11日号の記事から紹介する。

*  *  *

 大学側が総合型選抜(旧AO入試)など推薦型の入試を拡大させる一方で、生徒を送り出す高校側も、授業内容を見直し、進路指導を工夫するなど新しい取り組みを始めている。

 2022年度、東京大学の学校推薦型選抜で全国トップとなる3人の合格者を出した渋谷教育学園渋谷高等学校(東京都)では、日々の学習を通して、推薦型入試の要となる「書類に書くべき突出した力」をつけていく。

 例えば同校では、高校2年までに1万字の卒業論文を書く。全ての生徒が自分で研究課題を見つけ、論文作成に取り組む。宿泊行事や授業を通して発表する力もつけ、模擬国連をはじめとする各種大会にチャレンジする生徒もいる。東大の推薦型選抜に出願する生徒の多くがこうした大会で活躍した生徒たちだ。

 同校は、東京工業大学、東京農工大学、筑波大学、東北大学といった他の国公立大学にも総合型選抜や学校推薦型選抜で合格者を出しているが、同校進路部部長の高橋正忠教諭は、東大の学校推薦型選抜は特に手がかかると話す。

「東大の推薦型選抜は教員側が準備する書類も多く、かなり書き込まなければいけないからです」

 いずれの学部も、「なぜその生徒が出願要件を満たすといえるか」を教員が文章で示さなければならない。そのため、担任が中心となって書類を作成し、進路部や学年主任がチェックする体制を取り、提出まで入念に書類を練り上げていく。

担任以外も書類を指導

 生徒が書く出願書類も、大学の学部によって求められる内容が異なる。その学部の学びと、本人のやりたい研究がマッチしているかを測るものが多く、生徒が書いたものが的外れになっていないかということも大事なポイント。担任教員がその分野に強くない場合は、より詳しい教員が指導を担当し、個別に対応してきた。

 しかし、毎年合格者を出している同校でも、確固たる合格戦略は持ち合わせていないという。東大入試は面接や書類審査に加え、大学入学共通テストを受けることが必須となっているのだが、高橋教諭は言う。

「共通テストですごく良い点数を取っても、推薦で落ちる生徒もいます。推薦はやはり、学力だけではダメだということでしょう」

地方の東大推薦常連校

 一方で、「ある程度の合格戦略が見えてきた」と話すのは山梨県北杜市立甲陵高等学校で進路主任を務める入山実教諭だ。同校は5年連続で東大の学校推薦型選抜や京都大学の特色入試に合格者を出している。八ケ岳に近いのどかな地方の公立校で、近隣には大学受験に特化した予備校や塾もない。学校での学びが全て、という地域だ。

 1学年120人という小規模校のため、生徒一人ひとりのことを学年の教員全員で把握できており、生徒自身が興味関心のあることについて、自ら学ぶ探究活動も盛んに行う。こうした時間を設定できるのは、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けていることも大きい。

 この制度は先進的な理数教育をしている学校を指定し、学習指導要領によらないカリキュラムの開発や実施を促すもの。指定を受けたことにより、探究活動の幅はより広がった。地元の山梨大学や信州大学と連携し、講義や講演、実験活動の充実も図っている。研究成果を発表する課題研究発表は学会のポスターセッションさながらの様子だ。基礎学力に加え、人前で発表する度胸もあることが面接の強さにつながっている。

 同校には併設で中学もあるため、下からの持ち上がり生の場合は発表も手慣れたもの。実際、推薦型選抜に手を挙げるのも、6年一貫教育を受けた子が多い。

「学校にも慣れているため、高校ではリーダー的存在になることが多いんです」(入山教諭)

 また、合格者をみていると、「家庭のサポートも大きい」という。

 北杜市といえば、近年は移住者増加が話題となっている地域。合格した子のほとんどが首都圏からの移住組で、中には東京との2拠点生活の家庭もある。子育ては自然の中でのびのびと、本人の興味関心を伸ばす環境で育てたいという考えから、この地域に移住するという家庭もある。子育てを理由に移住をした家庭だからこそなのか、子どもの教育に対しての思い入れも強い。

「合格した生徒の家庭は週末に東京の博物館に行ったり、親御さんが大学教授など専門家を見つけてアポイントを取って連れていくなど、子どもの関心に合わせて学びを深める支援をされていました」(同)

 出願者全員が合格を手にしている背景には、親の努力もあるようだ。

チャンス広げる手段に

 京大特色入試の合格常連校となっているのは京都市立西京高等学校だ。渋谷教育学園渋谷や甲陵と同様に、自らのテーマを見つけて掘り下げる課題研究に取り組んでいる。

 偏差値は70を超える京都有数の進学校である西京生にとって、特色入試はあくまでもチャンスを広げる一つの手段。一般入試での合格を前提に勉強を進め、課題研究の成果や、フィールドワークでの経験から研究したいテーマの決まっている生徒が特色入試にもチャレンジする。京大の場合、1校からの出願者数に制限がないため、同校からは毎年10人前後が出願を希望する。特色入試は指定校推薦と違い、受ければ必ず受かる類いのものでもない。

「東大の学校推薦型選抜同様、特色入試は共通テストでも8割以上の得点が必要ですし、書類を整えるのに時間も取られる。合格発表は共通テストの後のため、もし落ちれば当然一般入試を受ける。“ワンチャンあるやん”みたいな気持ちで出願する入試ではありません」

 と、同校の岩佐峰之校長はくぎを刺す。

 しかし、やりたいことが決まっている生徒にとってはこのチャンスは大きい。

「京大は一般入試で入ると、入試の成績で学部が振り分けられるのですが、特色入試は出願時に学部が決まります」(岩佐校長)

 目当ての学部に必ず入れるというのは確かに魅力的だ。

 さまざまな選抜方式がある中、既存の指定校推薦を「一度解体してほしい」と話す教員もいる。公立進学校で教壇に立っていたある教員の話によれば、勤めていた学校では、たとえ早稲田など私立最難関の指定校推薦があっても、生徒に大々的に公表しないという。

「国立大学に何人合格を出したかが学校の評価につながるから、私立に行ってほしくないんです」

 指定校推薦は大学が指定した学校の生徒しか受験することができない制度。手を挙げる生徒のいない学校にいつまでも指定校枠を与えるよりも、総合型選抜などの枠を増やした方が大学の望む学生が増えるのでは、と指摘する。(フリーランス記者・宮本さおり)

※AERA 2022年7月11日号より抜粋