理系のイメージが強いデータサイエンスだが、実は文系の思考も必要だ。大学では「データサイエンス」を学ぶ学部・学科が続々誕生し、大学院でも文系学部出身の学生が学びやすいカリキュラムを展開している。好評発売中のアエラムック『大学院・通信制大学2023』では大学教育におけるデータサイエンスの現状と、2023年度に学部と大学院を新設予定の一橋大学に取材をした。

*  *  *

 本格的なデジタル社会を迎えて、注目されているのがデータサイエンスだ。統計や人工知能などを用いてデータを分析する技法で、さまざまな問題解決の糸口にもなると、ビジネス、医療、政治経済など、あらゆる分野での活用が期待されている。これらのデータを扱うデータサイエンティストは、IT推進国の米国では学生に最も人気のある職業で、世界的にも注目されている。日本は立ち遅れていたが、2017年度に初めてデータサイエンス学部を設置した滋賀大学を皮切りに、同学部・学科を開設する大学が急速に増加。政府も危機感を抱き、「AI戦略2019」をはじめ、国家戦略でも人材の必要性を謳い、文部科学省では21年から大学などを対象に数理・データサイエンス・AI教育プログラムの認定制度を開始した。

 データサイエンスを研究に取り入れる大学院も増えているが、文系学部を卒業した学生にとってはハードルが高く感じられるようだ。文系出身者はデータサイエンスを学べるのか。大学院受験予備校中央ゼミナール講師の赤田達也さんは文系、理系で幅広く対応し「アメリカのように、日本でもデータサイエンスで修士号を取るような文化が広がってほしい」と次のように話す。

「前提として文系と理系がはっきり分かれている国は少数派であり、日本でも文系と理系を分けない文理融合型の学部や大学院が増えています。データサイエンスは理系のイメージが強いかもしれませんが、文学研究などでもデータサイエンスの手法は使われており、むしろデータサイエンスと関係のない研究科のほうが少ない。文系と親和性がないわけではありません」

 大学院により選考方法は異なるが、基本的には研究計画書、小論文、面接が課される。入試に数学を必要としない大学院も多い。赤田さんは「たとえば英語でTOEICなどのスコアの提出が求められる大学院があるので、スコアがあれば志望校の選択肢が増える」という。「データサイエンス」と名乗っていなくても、多くの大学院でデータサイエンスが学べる専攻・コースを新設する動きも目立つ。どのように志望校を選択すればいいのか。

「大学院は学部と違い、研究が主体です。指導教官がどのような研究を行っているかにより、学ぶ内容も決まってくる。自分が研究したい内容と合っているか、指導教官の専門分野もしっかり調べましょう」(赤田さん)

■社会科学に新たな知見 社会の課題に向き合う

 データサイエンスを学ぶことができる学部・学科や大学院研究科の新設が活発化している。

 一橋大学は23年度にソーシャル・データサイエンス学部(仮称)、ソーシャル・データサイエンス研究科(仮称)を開設予定だ。学部は70年ぶり、研究科は約25年ぶりの新設だ。設置の狙いをデータサイエンス研究センターの七丈直弘教授は次のように話す。

「本学は社会科学の総合大学ですが、データサイエンスを使ってアプローチすれば、新しい知見を得られる時代になりました。社会の課題を発見し、データ分析により解決できる人材を育てていくことが目的です」

 学部では段階的に社会科学とデータサイエンスを修得できるカリキュラム編成で、大学院では入学前にプレ教育プログラムを提供。入学後は理論と実践の両方の科目を並行して学ぶという。

「学部で社会科学を専攻した人が大学院でデータサイエンスを学びたい、あるいはその逆、また理系学部出身者でも進学できるような入試とカリキュラムにする予定です」(七丈教授)

 学部では幅広い知識・知見を備えたジェネラリストを、大学院ではさらに特定の分野に精通する、スペシャリストを育てたいという。

 データサイエンスで日本はスタートで出遅れたが、大学では今、文理融合プログラムでの人材育成を進めている。あらゆる分野で、また、世界で活躍できる「データサイエンティスト」の輩出を期待したい。

(取材・文 柿崎明子)

※アエラムック『大学院・通信制大学2023』より