人間関係のモヤモヤで「仕事をすぐに辞めてしまう」と悩む36歳女性。「長続きするコツ」を問う相談者に、鴻上尚史が提案する「良いこと」と「嫌なこと」の天秤のかけ方と、その上で勧めた道とは。

【相談151】大学卒業後、勤めた会社は数多く、長くても4年ほどしか続きません(36歳 女性 ミニトマト栽培中)

 今年37歳になる既婚女性です。

 いつも楽しく、たまに涙しながら皆さんの相談を拝見しています。

 私の悩みを聞いてください。それは、仕事が長続きしないことです。少し前まで医療事務の仕事をしていましたが、もうすぐ1年というところで辞めてしまいました。大学卒業後、勤めた会社は数多く、長くても4年ほどしか続きません。

 どの職場でも、女性特有?の無視をする人がいるとか、はっきり言えばいいのに裏でコソコソしているとか、業務内容ではなく人間関係に悩むことが多いです。また、限られた時間の中でしっかり働いてさっと帰りたい派の私にとって、業務とは到底思えない謎のイベント(卓球大会、休日に無給で事業計画発表会、時間外に無給で委員会)は苦行でしかありません……他の人もそう思っているのに、上が言うから、みんなが参加するからせねば、という雰囲気です。次また就職出来ても、また上記のような職場では……と疑心暗鬼になっています。新卒からずっと同じ仕事を続けている夫には「気にしすぎ」「すぐに決めてもまた辞める(だから当分ゆっくりしたら)」と言われ、モヤモヤしてしまいます。

 もうフリーランスになるか起業するしかないのかと夢のような想像をしたり、働きたい! 何かしたい!と思っているのに、自分は仕事もせず社会不適合者だ……と1人で思い悩んだりしています。

 鴻上さん、仕事が長続きするコツってありますか? こんな私にエールをお願いします。

【鴻上さんの答え】
 ミニトマト栽培中さん。そうですか、ミニトマト栽培中ですか。ミニトマトはいいですねえ。名前が長いので、ミニトマトさんと呼びますね。

 ミニトマトさんは自分のことを「社会不適合者」と呼ぶ必要はないと思いますよ。

 あえて言えば、とても自分に正直で信念を持った人だと言えると思います。

 自分にとって大切なことがはっきりしていて、譲れないものは譲れない、許せないものは許せないと決めているということでしょう。

 その生き方は、良いとか悪いとかではなく、正しいとか間違っているでもなくて、ミニトマトさんが選んだ生き方なんだと思います。

 たいていの職場では、「女性特有?の無視をする」人や「裏でコソコソしている」人がいます。また、多くの職場では、「業務とは到底思えない謎のイベント」が続いているでしょう。そういう職場では「謎ルール」も多いのです。

 それに対して、我慢する人、諦める人、抗議する人がそれぞれにいます。「世間」ということをずっと問題にしている僕からすると、「謎イベント」「謎ルール」が多ければ多いほど、その組織は「世間」が強く残っていて、メンバーは息苦しく感じているだろうと思っています。

 でね、ミニトマトさん。

「仕事が長続きするコツってありますか?」と書かれていますが、一番長続きするコツは「我慢すること」です。ただ我慢するだけだとストレスがたまりますから、その職場の「良いこと」と「嫌なこと」を天秤にかけて、「良いこと」が多い限りは、我慢することです。

「給料が良い」「オフィスが近い」という良い点が二つあって、でも「上司がパワハラ」「同僚が陰口好き」「サービス残業がひどい」と悪い点が三つになってしまったら、やめるということです。

 もちろん「上司のパワハラがひどすぎる」という場合は、ひとつでも三つ分ぐらいの悪いことですから、良いことが四つないと続きませんね。

 で、次の長続きする方法は「なんとか労働環境を改善しようとしてみる」です。上司のパワハラがすごければ会社のしかるべき場所に報告するとか、謎イベントが多い会社なら、出世して徐々に減らそうとするとか、できる範囲で会社の環境を変えることです。

 でも、転職した新参者だとなかなか変えられないという場合は、やめるしかないでしょう。

「フリーランスになるか起業するしかないのか」と書かれていますが、そうなっても「理不尽なこと」はあります。会社勤めより、フリーランスや起業した場合の方が多く経験する場合もあるでしょう。一人で全部の責任を引き受けるということですから。嫌な上司がいない分だけ、理不尽なクライアント、理不尽な雑事に直接さらされるわけです。

 でね、ミニトマトさん。僕はミニトマトさんが「一番大切にしていること」に従えばいいと思うのです。

 どんなに働きたくても、「納得できないこと」があって、それを我慢できないのなら、やめた方がいいと思います。それをグッと我慢していると、精神衛生上もよくないです。

 探し続ければ、「女性特有?の無視」や「裏でコソコソしている」や「謎イベント」がない、ミニトマトさんが納得する職場があると思います。それまでは、経済的な必要もあるでしょうから、働いてはやめて、また働いてはやめるという試行錯誤を続けるのです。

 やがて、「ここだ!」という職場が見つかれば幸せですし、「まあ、問題はあるけど、良い点の方が多いからいいか」という職場や「問題はあるけど、少しずつ改善されているから」と思う職場と、時間はかかっても出会える日がきっとくると思います。

「私は失敗したことはない。なぜなら、成功するまで続けるからだ」なんて言葉があります。諦めず、コツコツと続ければ、きっとなんとかなるでしょう。なるはずです。なるといいな。なることを祈ります。

■本連載の書籍化第3弾!『鴻上尚史のますますほがらか人生相談』が発売中です!