子宮筋腫は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの影響を受けて大きくなる。そのため、女性ホルモンの分泌がさかんな20〜40代の人に多く、40代では3〜4人に1人が筋腫をもっているといわれる。子宮筋腫の治療にはいくつかの方法があり、それぞれにメリット、デメリットがある。自らのライフスタイルに合う最善の治療法を選択するためには、患者自身がまず治療法について理解し、選択肢を知ることが求められる。

*  *  *

 子宮筋腫があっても、すべての人に治療が必要とは限らず、筋腫が小さい場合や症状がない場合、治療は不要だ。筋腫の成長する速さはさまざまで、数年経っても大きさはほとんど変わらないこともある。ただ、大きさと症状は比例しないこともあり、大阪大学病院産科婦人科教授の木村正医師はこう話す。

「子宮の内側にできる粘膜下筋腫は、小さくても過多月経などの症状を起こします。そのような場合は筋腫の大きさに関わらず治療を検討しますし、症状がなければ経過を観察し、筋腫が大きくなったり、症状が表れたりしたら治療を考えればいいでしょう」

 子宮筋腫の治療は、「薬物療法」と「手術」に大別される。

 薬物療法には、薬により筋腫を縮小させる「偽閉経療法」と、筋腫による症状をやわらげるためにおこなう治療(対症療法)がある。偽閉経療法とはその名のとおり、からだを閉経した状態にする治療だ。子宮筋腫は女性ホルモン(エストロゲン)により成長するため、GnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)アナログ製剤という薬を投与してエストロゲンの産生を抑え、筋腫を縮小させる。

 治療中は月経が止まるため症状は改善するが、骨がもろくなるリスクがあるため6カ月までしか継続できず、治療をやめると筋腫は元の大きさに戻ってしまう。そのため、この治療は長く続けるものではなく、手術前に筋腫を小さくし、切除しやすくすることを目的としておこなうほか、閉経間近な人が、それまでの期間を乗り切るための「逃げ込み療法」としておこなうものといえる。

■筋腫だけを切除もしくは子宮全摘

 対症療法には、過多月経や月経痛などに対する低用量ピルや鎮痛剤、貧血に対する鉄剤の服用のほか、過多月経を改善するために、黄体ホルモンを少しずつ放出する装置を子宮内に挿入する「子宮内黄体ホルモン放出システム(IUS)」や、マイクロ波を照射して子宮内膜を壊死させる「マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)」という治療法もある。

 子宮筋腫の手術には、筋腫だけを切除する「子宮筋腫核出術」と、子宮を全て摘出する「子宮全摘術」がある。

 子宮筋腫核出術は子宮を残せるため、妊娠を希望する人、妊娠の可能性がある年齢の人におこなうことが多い。ただし、手術時の出血量が多くなることや、再発の可能性がある。

 子宮全摘術は、子宮全体を摘出することで症状や再発の可能性はなくなるが、妊娠はできなくなるため、何らかの理由で核出術ができない場合や、ほかの治療で症状が改善しない場合などに検討される。板橋中央総合病院産婦人科主任部長の石田友彦医師は、こう話す。

「粘膜や筋層の奥にある小さな芽のような筋腫まで見つけることは難しく、完全に再発をなくすためには全摘術しかありません。一方で、患者さんがそのときに『妊娠の予定はない』と思っていても、長い人生何があるかわかりませんので、当院では、妊娠の可能性がある、少なくとも40代前半ぐらいまでの人には、全摘術は慎重に検討します」

 手術には、「開腹手術」「腹腔鏡下手術」など、いくつかの術式がある。開腹手術では一般的に、下腹部を横に10〜15センチほど切開するが、筋腫が大きい場合にはへその下から縦に切開することも。開腹すると視野が十分にとれるため確実・安全な手術ができること、多くの医療機関でおこなわれていることがメリットといえる。一方で、術後の入院期間が長くなる、おなかに傷痕が残るなどのデメリットがある。

■子宮動脈の血流を止める治療法も

 腹腔鏡下手術は、おなかに3〜4カ所ほど穴をあけ、器具を挿入してモニターで確認しながらおこなう方法。傷痕が小さく術後の痛みが少ない、入院期間が短いなどのメリットがあるが、視野がとりにくく難度の高い手術となり、受けられる医療機関は限られる。また、筋腫が大きい場合や数が多い場合は難しいこともあり、子宮の内側にできる粘膜下筋腫ではおこなえない。

 術式の選択は、筋腫の大きさや位置、数のほか、医師の方針や医療機関の態勢などにもよるが、それぞれのメリット、デメリットをよく理解した上で考えたい。

「腹腔鏡下手術には傷が小さい、術後の回復が早いなどのメリットもありますが、全ての人に最善とは限りません。あるデータでは、術後1週間の回復度は腹腔鏡が高いものの、1カ月後、3カ月後になれば開腹も変わらないとされています」(木村医師)

 術式についてはほかに、腟から子宮鏡を挿入して筋腫を切除する「子宮鏡下手術(TCR)」、小さく開腹し、腹腔鏡も併用する「腹腔鏡補助下子宮筋腫核出術(LAM)」、腟の奥を切開して子宮を摘出する「腟式子宮全摘術(TVH)」などの方法もあり、それぞれで適応条件が異なる。

 その他の治療法として、足の付け根の動脈からカテーテルを入れ、子宮動脈の血流を止めることで筋腫を縮小させる「子宮動脈塞栓術(UAE)」という方法もある。筋腫の縮小と症状の改善が期待でき、手術を希望しない人や持病などにより手術ができない人にすすめられるが、この治療により不妊や流産のリスクが高まる可能性があるため、妊娠を希望する人は一般的に対象外となる。

「子宮筋腫は、病名は一つでも非常に多様な病気で治療法もさまざまです。症状や筋腫の大きさ、場所、筋層への食い込みかたなどにより治療法も異なるため、医師とよく相談することが大切でしょう」(同)

(文・出村真理子)

※週刊朝日2022年7月22日号より