若い世代を中心に孤独感を覚える人が増えている。SNSを利用していても結婚をしていても悩みは深い。政府も危機感はあるが、具体的な対策はこれからだ。AERA 2022年7月18−25日合併号の記事を紹介する。

*  *  *

 埼玉県の会社員男性(32)は大学3年生の時、躁うつ病と診断された。2度の入院を経て、なんとか大学を卒業。症状が落ち着いた昨年、理解のある東京都内のメーカーに正社員として就職した。だが、今も薬は飲み続けている。

 体調に異変が起きたきっかけは、ささいなことだった。進学校の高校から現役で大学に進学。それなりに自分に自信があったのに、入学後に入ったサークルで小さな壁を感じた。

「あれっ?と。ケンカをするとか、特別なできごとがあったわけではないけど、うまくはまらなかった」

 自分の“キャラ”を変えようと無理にテンションを上げたり、それほど必要としていなかったのに彼女を作ってみたり。でも「何をやっても引かれた」。次第に周囲から人がいなくなり、ある日倒れた。

「さみしかったですね。家族が支えてくれたことと、サークルの中にずっと同じ態度で接してくれた先輩が1人いたことに救われました」

 24時間、匿名のチャットで悩み相談を受け付けているNPO法人「あなたのいばしょ」(東京都)は今年2月、20歳以上の約3千人に対し、孤独調査を実施。孤独感がある人の割合は若い世代ほど高く、20代では42.7%に上った。また、孤独を感じている人は、うつ状態や不安障害を抱える傾向が約5倍という結果も出た。

 同NPO理事長の大空幸星(こうき)さん(23)は言う。

「日本では長らく、孤独は高齢者の問題とされてきた。けれど、願望と現実が乖離(かいり)していると感じ、深く悩む若い人はどんどん増えている」

 それは、自殺者数にも表れている。厚生労働省が3月に公表した2021年の調査によると、自殺者の総数は前年より減少した一方で、20代は3.6%増えて2611人に。小中高生も20年は計499人と、いじめ自殺が社会問題になった1986年を上回って過去最多だった。

■SNSの使用時間が長いと孤独を感じやすい

 若い世代が孤独を抱える理由の一つには、日本の若者特有の自己肯定感の低さが挙げられるだろう。18年、内閣府が日本や欧米など7カ国の若者を対象に意識調査を実施。各国それぞれ約1千人が回答したところ、自分に満足しているかとの質問に「そう思う」と答えた人は米国が最多の57.9%、日本は10.4%で極端に低かった。

 孤独は、ときに犯罪をも引き起こす。

 21年8月の夜、都内を走る小田急線の車内で、男女10人が刺されて重軽傷を負う事件があった。東京地検に殺人未遂の罪などで起訴された男(当時36)は、逮捕時に警視庁の調べに対して、こう供述したという。

「俺はなんて不幸な人生なんだと思っていた」

 男は都内の高校を卒業後、中央大学に進むが中退、派遣社員などをしていた。『ルポ 若者ホームレス』などの著書がある大学教員の飯島裕子さんは、

「頻発する無差別殺傷事件の背景には社会的孤立がある。若い頃は、いろいろな期待値が高く、自分が恵まれていないと感じやすい」

 政府も危機感は強い。「孤独は社会問題」ととらえ、21年2月、英国に次いで世界で2例目という「孤独・孤立対策担当大臣」を設置した。まだ成果は見えないものの、初の実態調査を実施している。4月に公表された結果によると、孤独を感じる人は、派遣社員や失業中、世帯年収100万円未満といった低所得者層に多かった。

「経済的に困窮すると、たとえば若い人なら飲み会に行けない、高齢者ならば冠婚葬祭のご祝儀や香典が用意できないといったちょっとしたきっかけから、友達や親戚との付き合いが切れてしまうケースがある。それが孤独につながる」(飯島さん)

 とはいえ、SNSが発達し、誰でもいつでも、どこからでもつながることができる時代である。なぜ、人はこれほどまでに孤独なのだろうか。『ひとり空間の都市論』などの著書がある南後由和・明治大学准教授(社会学)は、

「SNSの使用時間が長い人のほうが孤独を感じやすい。物理的にはスマホの前に1人でいるのに、SNSの空間上では群衆の中にいる。ふと我に返った時に自己内省的な感覚に陥ることが多い」

 と分析。その結果として、

「浅く広い人間関係が漂ってしまう。物理空間でしか満たされない親密性があるということでしょう」

 と話す。だが一方で、リアルな関係が密すぎるゆえの窮屈さが、孤独を深めてしまう場合もある。それが、この問題の難しいところだ。

■結婚しても本音が言えず、追いつめられていく

 神奈川県の看護師の女性(33)は、コロナ禍で夫(32)が在宅勤務になった時、幼稚園のママ友たちとの何げない会話から、自尊心がぐらついたという。

 女性の自宅は2DKで、夫は寝室で折り畳み式テーブルを広げて仕事をしている。だが、ママ友たちの家には、リビングと寝室の他にもうひと部屋あり、そこがワーキングスペースになっているというのだ。子ども同士が仲がよく、誘い合って公園に出かけたり、一緒に晩ご飯を食べたりしていたが、

「もともと気を使わなければならない相手だったけど、さらに本音が言えなくなってしまった。私の夫は100円単位まで家計に口を出し、私が働くことへの理解もない。結婚しても、子どもがいても孤独です。誰も自分のことをわかってくれないとすら思って追いつめられた」

 誰もが向き合う「孤独」。ほどよい距離感はどこなのだろう。

「ひとりは寂しいけれど、ずっと誰かと関わるのは疲れる。そんな人に選ばれている」

 と話すのは、「グローバルエージェンツ」(東京都渋谷区)の市川裕貴さん。同社は、独立した居室に加えて、入居者同士の交流用の豪華なラウンジがある「ソーシャルアパートメント」を運営している。06年に最初のアパートをオープンさせて以降、成長を続け、現在は首都圏に51棟。約3千人の入居者の平均年齢は30.6歳だ。

 そんな中、あえて孤独を選択する人もいる。

「『孤独マインド』は、立派な武器になる」

 と話すのは、コスメティック田中さん(25)。20年4月から「孤独マインド研究系YouTuber」として活動している。いまチャンネル登録者数は37.6万人。その多くが、現在進行形で悩みを抱えている高校生や、苦しい時期を乗り越えた若者たちだ。

「孤独は、周囲に振り回されずに人生を歩む力になると伝えている。だから、僕はいま友達を作る気がない」

 ときっぱり。ブレない姿勢で「ぼっち大学生が就活で失敗しない方法」「ディズニーランドにひとりで行ってみた」などの動画を作成している。

 そんな田中さんも将来を考えると、ふと心配になることがあるという。

「50歳でひとりは寂しそう。60歳でひとりは、かわいそうでコンテンツとしてかっこよさがなくなる。僕も世間の目を気にしているのかな。家族を持ったほうがさびしくはないかなとは思う」

(編集部・古田真梨子)

※AERA 2022年7月18−25日合併号