午後のひとときを紅茶とともに。手の込んだ軽食やスイーツを味わえば、心も贅沢に。辛党の記者が初体験。AERA 2022年7月18−25日合併号より紹介する。

*  *  * 

 まずはアフタヌーンティーの先駆け、ホテル椿山荘東京へ。

 優雅なひとときを過ごせるのはロビーラウンジの「ル・ジャルダン」。初夏にはホタルが飛び交う広大な庭が見渡せる贅沢(ぜいたく)な空間だ。1952年にガーデンレストランとして開業。92年に敷地内に「フォーシーズンズホテル椿山荘 東京(現ホテル椿山荘東京)」がオープンしたのをきっかけに、アフタヌーンティーを始めた。マーケティング部門の中野佑美さん(27)によると、もともと安定した人気があったが、「ヌン活」熱を実感したのはコロナ禍だという。

「外出や外食を自粛する空気のなかで『ホテルだったら安心』と感じる方が多かったようです。スタンドで提供し、完全予約制で密を避けられる、という利点もあったのだと思います」

 こんもりした緑の森を眺めながら、エリザベス英女王在位70年を記念した「プラチナ・ジュビリー アフタヌーンティー」をいただく。3段のプレートが重なったスタンドに、下段がサンドイッチなどのセイボリー(塩味の食べ物)、中段にスコーン、上段にスイーツがのっている。ピンクのプチケーキは女王の帽子そのままで可愛らしい。

■繊細な細工もお見事

 花束をイメージした「スモークサーモンのムース」は、ディルとケッパーの風味が利いている。繊細な細工と味わいはさすがホテルメイド。2時間制で、約20種類の紅茶とコーヒーのおかわりは自由だ。

 メニューは1カ月半〜2カ月で替わる。「プラチナ・ジュビリー」は7月末までで、8月からは夏向けの「ピーチ アフタヌーンティー」がスタート。秋はマロン、春はストロベリーなど四季を感じさせるテーマを掲げ、内容は毎年変わるという。予約は新メニューが登場する約2カ月前から受け付けている。

「アフタヌーンティーを取材するなら、ここははずせません」と、その道に詳しい知人に薦められたのが、東京・目黒の「スリーティアーズ」。築85年の洋館で正統派英国式のアフタヌーンティーが楽しめるという。

 オーナーの新宅久起さんは、英国大使館の広報誌や英国専門誌の編集を30年務め、現地のアフタヌーンティーやティールームを100以上も訪ねた。

 そんな本場を知り尽くした新宅さんが2019年にオープンした店には、こだわりが詰まっている。「正統派」のムードにやや緊張しつつ店を訪ねると、ニッコリと出迎えてくれた。

「うちに初めていらっしゃるお客さんは、みなさん『いままでのアフタヌーンティーはなんだったの?』とおっしゃいます」

 それもそのはず。店では週の2日を仕込みに費やし、営業は金、土、日のみ。スコーンはもとよりスイーツ、ジャムもすべてホームメイド。食材はできるだけ英国産を使っている。

■ペアリングで味わう

 さっそく正統派の料理から味わっていこう。

 1953年に開かれたエリザベス女王の戴冠式の昼食会のメニューとして考案された「コロネーションチキン」を挟んだサンドイッチは、カレー風味のクリームソースで和(あ)えた鶏肉と、レーズンの甘みとのバランスが見事! 自家製ジャムは自然な甘さがたまらない。「エルダーフラワーのゼリー」は酸味のあるリンゴのゼリーがアクセントでペロリ。ローズクリームが香る「バッテンバーグケーキ」の濃厚な甘さも本格的だ。

 自慢はなにより紅茶だ。新宅さんは「おいしい紅茶とおいしいティーフーズが組み合わさると、ティータイムが満足度の高いものになります」と胸を張る。

 日本紅茶協会認定のティーインストラクターが淹(い)れる紅茶は、品種によって茶葉はグラム単位、蒸らし時間を秒単位で変化させる。おすすめの7杯をサンドイッチに合うもの、スコーンに合うもの、と順に出してゆく。まるで料理とワインのペアリングのよう。店にお酒はないが、英国ではアフタヌーンティーにシャンパンが出ることも多いという。

「アフタヌーンティーは1840年代前半、第7代ベッドフォード公爵夫人アンナ・マリアが考案しました」と新宅さん。夕食までの小腹を満たすため、ご婦人仲間とこっそり軽食を楽しんだのが始まり。ヴィクトリア女王のお気に入りだった夫人の影響力は大きく、あっという間に貴族の間に広まったそうだ。

■厳格なマナーは不要

「貴族の習慣としてはじまったアフタヌーンティーですが、3段スタンドのスタイルになったのはホテルで提供され始めてから。なので、現代のアフタヌーンティーでは厳格な貴族のマナーを意識する必要はないです」

 新宅さんに基本マナーを教えてもらった。とはいえ、かしこまりすぎても楽しめない。マナーを守りつつも肩ひじ張らずに、優雅に過ごしたい。

 さて、本場の欧州に倣って、お酒も楽しめるお店はないだろうか。見つけたのが「プルマン東京田町」。2018年にオープンしたスタイリッシュなホテルで、ロビーラウンジの「JUNCTION」で午後2時半から「ハイティー」が楽しめる。

 ハイティーとはアフタヌーンティーより遅い夕方から夜にかけて開く食事を兼ねたお茶会のこと。紅茶だけでなくアルコールもたしなむのが定番だ。

■次は「ハイ活」がくる

 この店では、スパークリングワイン、イタリアをテーマにした白&赤5種類ずつのワイン、ドイツの「ロンネフェルト」の紅茶など16種類とコーヒーが自由に飲める(2時間制)。

 食事類も充実しており、オリエンタルな木製スタンドには、チーズ3種やジュレをのせたカツオのたたきなど、お酒に合うおかず系がそろう。名物のステーキサンドイッチは美味(おい)しいうえにボリューミー!

 ハイティーを始めたのは今年3月。仕掛け人は料飲部長の佐藤一徳さん(38)だ。自身が辛党で「午後から『ちょっと一杯』ができる、雰囲気のいい店がない」と発案した。コロナ禍でホテルの稼働率が下がり、新しい集客のアイデアも求められていたという。「貴族が始めたアフタヌーンティーと違い、ハイティーは労働者階級が発信した文化といわれています。仕事終わりにパブで一杯、のような感じですね」(佐藤さん)

 実際、仕事帰りに一人で来る女性客、男性客も多いそう。7月からはワインのテーマが変わり、白はリースリング、赤はピノ・ノワールを産地別に5種類ずつそろえる予定だ。当日予約も可能だそう。

 ヌン活の次は、「ハイ活」にハマりそうだ。(フリーランス記者・中村千晶)

※AERA 2022年7月18−25日合併号