学校改革に成功し、人気校になるケースが中高一貫校で相次いでいる。新しい学校に何が求められているのか。キーワードは21世紀型教育だ。AERA 2022年7月18−25日合併号の記事を紹介する。

*  *  *

「8月までの学校説明会はすでに満席。学校では収まりきらないので、塾の各教室で開催してもらったりしている状況です」

 そう話すのは、来年、芝国際に変わる東京女子学園の山崎達雄・新校開設準備室副室長だ。同学園は1903年に開校した伝統校だが、ここ数年募集に苦労していた。

 同学園のように学校を改革し、人気が急上昇するケースが相次いでいる。女子校から共学化して、校名を変更する例が多い。

 古くは96年に渋谷女子から変わった渋谷教育学園渋谷だが、本格化したのは06年のかえつ有明(前・嘉悦女子)、07年の広尾学園(前・順心女子)あたりだろう。最近では20年に小野学園が品川翔英、21年に聖徳大学付属女子が光英VERITAS、22年は星美学園がサレジアン国際学園に改名し共学化した。

 背景を安田教育研究所代表の安田理さんは次のように話す。

「ここ数年間は受験者数が増加していますが、それでも女子校は受験者数より募集人員の枠の方が多いため募集に苦労している学校が多い。最近の共学志向がさらに輪を掛けています」

 ただ、改革したすべての学校が、必ずしも成功しているわけではない。首都圏模試センター取締役・同センター教育研究所長の北一成さんは、成功した学校の共通点について次のように話す。

■21世紀型教育に支持

「小学生の親は30〜40代で働き盛り。仕事の現場で時代の変化を敏感に感じている。グローバル化やICT、探究活動など、21世紀型の新しい教育を取り入れている学校が支持されています」

 北さんは、改革には学内のコンセンサスが重要だといい、「大胆な人事も必要です。思いきったリニューアルをしないと、学校を変えるのは難しい」と指摘する。

 冒頭の芝国際はあえて「誕生」と称している。建設中の校舎は12階建てで、日本唯一のサイエンスインターナショナルスクール・ローラスと共有する。部活や夏休みのセミナーなどを、芝国際の生徒と一緒に行う方針だ。

「本校を地域のハブとして、開かれた学校にしていきたい。生徒を社会につなげるために、企業の協力を得ながら、さまざまな体験をさせていく予定です」(山崎副室長)

 そのひとつが総合探究の一環として6年間かけて行う「起業教育」だ。中学では課題発見や解決能力を身に付け、高校でマーケティングを学び最終的に起業を目指す。3Dプリンターを設置し、アイデアを形にできる設備なども整える。

「日本で一番起業する学生が多いのは東大です。大学生ができるならば、高校生もできないはずはありません。周辺にスタートアップ企業も多いので、協力をお願いしていきます」(同)

■国際色を打ち出す

 改革により大きな飛躍を遂げたのが広尾学園。海外大学に200人あまりの合格者を出す、日本屈指のグローバル先進校だ。その姉妹校として21年に村田女子から校名変更し、共学化したのが広尾学園小石川だ。初年度から3801人と都内で志願者を一番多く集めたが、22年度は4047人とさらに上回り、2年連続で都内での志願者数ナンバーワンになった。松尾廣茂校長は「本校の教育が認められた成果」と話す。本科とインターナショナルの二つのコースで、国際色の強い学校を打ち出している。

 松尾校長をはじめ広尾学園から18人の教員が着任し、授業のカリキュラムも広尾学園を踏襲する。クラブ活動を一緒に行ったり、キャリア教育は広尾学園で行うなど、交流をはかる。オーストラリア研修も一緒に行く予定だ。

「いわば広尾学園が7組まで、8〜10組が本校というイメージです」(松尾校長)

 ユニークなのが、地の利を生かした二つのコラボレーション。東洋学分野では東洋文庫と提携し、同館利用のほかワークショップを開催。この4月には、インターナショナルコースの生徒を対象に英語で学ぶ狂言を実施した。もうひとつが男子大学生寮・和敬塾との連携だ。「同塾には、宇宙飛行士を目指しているなど、志の高い学生が多い。年の近い学生から話を聞くことで、生徒が影響を受けている」(同)

「創造的破壊」を標榜しているのが、20年に共学化し小野学園から校名変更した品川翔英だ。

 学校の「あたりまえ」をなくして、生徒の選択肢をふやした。そのひとつがクラス担任の廃止。12人の教員団が中3までの9クラスすべての生徒を担当し、さらに生徒が選んだ教員がメンター担任として約30人の生徒をみる。教員は紹介シートを作り、生徒がそれを見て第3までメンターの希望を出す。

■教員側にも緊張感

「自分で選ぶとなると、生徒は真剣に考えます。自分に甘いところがあるから厳しい先生にしようとか、どの先生なら自分の成長に繋がるか、熟考して選んでいます」(村上亜矢子教頭)

 メンターは半年ごとに選び直す。教員にとっても、なぜ希望者が少なかったのか、何を改善すればいいのか緊張感が生まれているという。

「生徒にも先生との相性のよし悪しはある。生徒に我慢を強いて、教員が安穏としているわけにはいきません」(同)

 朝礼は教員が持ち回りで行うが、週に2回メンターの朝礼があり、中1から中3まで学年混合で集まる。移動時間を考慮したため、1日の時程も変更したという。

「生徒にとっても異学年で同席したり、居場所が二つあったりするのはいいことだと思います」(同)

 教育目標に「学び続けるLEARNER」を掲げており、土曜日と平日の2コマを利用して週に6時間、独自プログラムのLEARNER’S TIMEを設けている。プログラミングやオンライン英会話、探究学習などがある。さらに定期考査を廃止し、2、3週間おきの確認テストに変えた。

 来年度に完成する新校舎には、クラスを仕切る壁がなく、机や椅子はキャスター付きにして、簡単に机や椅子の配置を変えることができるように計画中。

「以前とは学びが変わっています。クラスでグループ学習をしたり、1人で自習したりと、さまざまな学習スタイルが混在するようになるかもしれません。そんな新しい学びに、フレキシブルに対応できるような環境にした」(同)

(ライター・柿崎明子)

※AERA 2022年7月18−25日合併号より抜粋