中高一貫校の生き残りをかけた学校改革が相次いでいる。ブランド力を持つ有名大学に推薦で進学できる系列化もその一つだ。系列化を推し進める背景には高大連携がある。AERA 2022年7月18−25日合併号の記事を紹介する。

*  *  *

 リニューアルのひとつの方法が大学の系列化だ。ブランド力を持つ大学に推薦で進学できるメリットは大きく、19年に系列化した青山学院大学系属浦和ルーテル学院は、志願者を前年の約3倍に伸ばした。大学でも、先々の少子化を見据えて高大連携を進めている。

 注目は26年度に明治大学の系列校となり、明治大学付属世田谷と改名する日本学園だ。男子校から共学になる。明治大学との地の利が良く、最寄り駅の明大前にある和泉キャンパスへは徒歩10分ほど。駿河台、生田、中野の各キャンパスの最寄り駅にも電車で30分以内に行くことができる。

 同校は1885年に創設した東京英語学校が前身と、長い歴史を持つ。教育方針に「天才を創るよりも各人の天分を活かす」を掲げており、個性を尊重する学校方針が明治大学の「個」を強くする教育理念にも通じている。「創発学」という探究型のプログラムがあり、中3時に「15年後の自分」をテーマに研究論文を執筆している。

 水野重均校長は、「系列化することで、大学の知見を借りて学びを深めていきたい」と抱負を語る。

 進学に関しては、29年度からおよそ7割以上が推薦入学によって進学できる教育体制の構築をめざしている。推薦入学試験の制度が整うことで、受験にとらわれない本質的な学び、また長期の海外留学なども期待される。今後の課題は、共学化へ向けた女子教育への理解と、高大連携をより有効にするためのカリキュラム作りだという。

 水野校長は、こう力をこめる。

「講師の先生方だけでなく大学生とも交流し、身近な先輩としてのロールモデルになっていただきたい」

(ライター・柿崎明子)

※AERA 2022年7月18−25日合併号より抜粋