AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2022年8月1日号では、小学校教員の小西景子さん、ソニー生命保険株式会社でライフプランナーとして勤務する小西淳一さん夫婦について取り上げました。

*  *  *

夫26歳、妻25歳で結婚。長女(15)と長男(13)、次女(8)と5人暮らし。

【出会いは?】大学の同級生で、同じ陸上競技部に所属。4年の時、部員で花火大会に行く予定が、他の人がキャンセルして二人きりに。そこで一気に距離が縮まり、ほどなくして交際が始まった。

【結婚までの道のりは?】実家暮らしだった夫は、週末ごとに妻の家に行っていた。二人とも教員3年目に、何となくのタイミングで夫からプロポーズ。

【家事や家計の分担は?】買い物と料理は妻、洗濯は夫、掃除は気づいた方がやる。家のことは年齢や能力や性別に関係なく、子どもたち含め全員で協力し合う方針。家計は一緒で、管理は妻が担う。

妻 小西景子 [42]小学校教員

こにし・けいこ◆1979年、京都府生まれ。2002年に京都教育大学を卒業後、京都府の小学校教員に採用。以来、教員として府内の小学校で働く。特別支援学校での3年間の勤務を経て、17年から小学校で特別支援学級の担任を務める

 ジュンの転職に反対する気は全くなかったです。私がたどたどしく言ったことでも彼は上手にまとめるから、今改めて伝えた内容を聞いて、ええこと言うてるなって。

 教員として21年目。仕事の荷が重すぎて、いつ限界が来るかとヒヤヒヤしながらも続けられたのは、ジュンの支えがあるから。今は希望して特別支援学級を受け持っています。通常学級は学習指導要領がありますが、特別支援学級はその子の発達に合わせて教材や教具、指導方法が選べるのがいい。子どもに「ふつう」であってほしい、と言う保護者は多いですが、本人に合うところを目指した方が皆生きやすくなると思うので、少しずつ話しながら共に成長に向き合っていけたら。

 教育も保険も、業界は違ってもつながるところがあると思います。一人ひとりに合ったものをどんな目標で、どういう道筋でやっていくかが似ている。今は休みが合わなくて一緒にご飯もなかなかできないけど、新たな生活サイクルが始まっています。

夫 小西淳一 [43]ソニー生命保険株式会社 ライフプランナー

こにし・じゅんいち◆1978年、京都府生まれ。京都教育大学卒業後、小学校教員として19年間勤務。2021年、現職に転職。人生設計に合わせて必要な資金の見通しや計画をアドバイスし、生命保険による準備方法を提案している

 19年間教員をしてきましたが、昨年転職しました。

 教育はすごく好きでしたが、家庭の経済力によって進路が変わるケースを間近で見てきて、お金の苦労を無くすのが僕の役割かな、と真剣に考えるようになったんです。

 ケイに相談したら「あなたの人生やし自分で決めて。その方が満足いくし、私が言うと影響されるやろうから」って。決断後、「成功しても失敗してもいいから挑戦する姿を見せるのが、子どもへの一番の教育になるんじゃない」って。僕はいろんな場面でこの話をして「妻カッコいいんです」と言っています。

 ケイが受け持つ特別支援学級は、その子がどう生きていくかを共に考えて特性に合わせた教育をする。その考え方は教育の原点だと思うし、僕も影響を受けています。ライフプランナーは一人ひとり、どんな人生を歩みたいかをお客さまと一緒に考えていく仕事なので。僕たちは夫婦というより相棒。ケイは未来志向で過去にとらわれない性格。何をするにも心強いです。

(構成・桝郷春美)

※AERA 2022年8月1日号