AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2022年8月8号では、介護福祉士でボッチャ(BC3クラス)ランプオペレーターの有田千穂さん、電通デジタル勤務でボッチャ(BC3クラス)パラアスリートの有田正行さん夫婦について取り上げました。

*  *  *

夫34歳、妻31歳のときに結婚。

【出会いは?】夫が代表を務める電動車椅子サッカーチームに、妻がボランティアスタッフとして参加。

【結婚までの道のりは?】5年の交際を経て、交際記念日の6月25日に結婚。

【家事や家計の分担は?】ゴミ出し、片付けなどは基本夫が、料理や洗濯は妻が担当。家計は別々。家賃、光熱費は夫、日々の生活費は妻が負担。

妻 有田千穂[39]訪問介護すこやか 介護福祉士 ボッチャ(BC3クラス)ランプオペレーター

ありた・ちほ◆1982年、兵庫県生まれ。大学卒業後、知的障害者の作業所に就職。聴覚障害者の手話通訳の仕事を兼務。現在は、介護福祉士の仕事のみに従事。ボッチャでは、夫をサポートするランプオペレーター選手として活動

 夫が電動車椅子サッカー選手から、ボッチャ選手に転向したのが2017年。それまで、コートでプレーをするのは夫だけでしたが、ボッチャでは私もコートに入って戦うことになり、「巻き込まれた」感がありました(笑)。

 ボッチャは自主的に始めたわけではなかったので、最初の数年は、夫を追いかける感じでしんどかったですね。サポートしたい気持ちはあるものの、自分も一選手としてコートで戦うことに、感情が追いつかず……。

 そんな中、夫がよく口にしていたのは「(私が)本気になると僕たちは強いよ」。その言葉の意味がわかったのが、今年の日本選手権BC3で初優勝した時でした。

 今では、夫が「なぁ」と呼びかける時、語尾が上がる場合は何かひらめいたことがあり、語尾が下がる場合は「あの練習のあの場面で悩んでいたことだろう」というところまでわかります。

 今では私もアスリートとして夫と一緒に世界で戦う夢を持ちたいと思っています。

夫 有田正行[42]電通デジタル ボッチャ(BC3クラス)パラアスリート

ありた・まさゆき◆1980年、大阪府生まれ。先天性の脊髄性筋萎縮症(SMA)。2002年から電動車椅子サッカーを始め、17年にボッチャ選手に転向。アジアオープン優勝など。17年2月に電通アイソバー(現・電通デジタル)に入社

 37歳でボッチャ選手に転向したのは、「世界に通用するアスリートになる」がモットーだからです。電動車椅子サッカーでは日本代表になりましたが、パラ五輪種目ではなく、国際大会がほぼないのが現状でした。

 15年のキャリアを捨てての挑戦だったので「負けるわけにはいかない」との思いでスタートダッシュを切りました。結果、国際大会への出場機会が増えています。2024年のパリパラ五輪で金メダルを取ることが目標です。

 妻は、私が考えていることを驚くほど理解していて、「よくわかるなぁ」と思わず口にしてしまうほど。結婚では、妻のご両親が慎重になるのは当然と思っていました。時間をかけ理解を深めてもらうことを大切にし、交際から5年で結婚。今では、遠征の度にご両親に飼い犬のチワワを預かってもらうお願いなど妻より私の方が、お母さんとよくやり取りしています。

 結婚生活はとても楽しく、このまま競技を続けながら二人仲良くやっていきたいです。

(構成・小野ヒデコ)

※AERA 2022年8月8日号