「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。思い切って「偏差値」というものさしから一度離れて、中学受験を考えてみては――。こう提案するのは、探究学習の第一人者である矢萩邦彦さんと、「きょうこ先生」としておなじみのプロ家庭教師・安浪京子さんです。連載23回目の今回は、進学先は都立か私立かで悩むお母さんからの相談です。

*  *  *

【相談】
小3女子の母です。現在、都立の中高一貫校を受験するか、複数校受験可能な私立かで迷っています。今通っている塾は、都立向けで、国語ではディスカッションをしたり、調べものの宿題があったり、娘は気に入っているようです。そこでは算数の授業がないため、算数塾にも通っています。私自身は学費の面や、私立よりは少しだけゆとりのある受験生活を送ることができるかもしれないという期待もあり、都立に魅力を感じています。一方で夫は、「意識のそれほど高くない地元の公立中に進学させてもいいことはない」と頑なに私立受験をすすめます。とはいえ、夫自身は子どもの勉強の管理も指導もやりません。4年生までには決定したいと思うのですが、これからどのように気持ちを整理し、決断するべきでしょうか。(小3女子の母)

■都立と私立、学費も試験も教育方針も違う

矢萩:大前提として、夫婦で意見が合っていないところはなんとか合わせていかないといけないですし、もし合わないんだったら、どんな点がどのように合わないのか、というところをちゃんと明確にしていかないといけないですね。

安浪:そうですね。都立と私立では学費や試験が違うのはもちろんですが、教育方針も違いますし。

矢萩:そう。都立は公立だから、基本的に公平、平等がベースにあります。学校にもよりますが、学校の価値観に合わせてください、という圧力があるところも多いです。尖った個性を持っていたり、反骨精神が旺盛で“ロックな感性”を持っていたりする子はやりにくいところがあるかもしれない。それに対して私立は、「ここだけ最低限やっていれば、個性は尊重しますよ」と言ってくれるところが多い。こういった情報も認識した上で、話しあったほうがいいですね。

安浪:なぜご主人は都立がダメなんでしょう。都立一貫校を落ちたら地元の公立中になってしまうから? 都立と私立の併願は考えていない、ということでしょうか。

矢萩:学校を選べば私立との併願もできますよね。

安浪:都立専門の塾に通って、都立に無事合格する子はいます。ですが、それはかなり地頭がいい子が多い印象です。私立型の塾に行って勉強していたら難関以上の学校に受かるだろうな、という子ですね。そのようないわゆる「賢い子」を除くと、私立型の勉強もしておかないとなかなか受からないのが、都立一貫校の現状です。最近は都立に合格している子の多くは私立型の勉強もしていると思います。私立型の勉強をしてきた子は知識を多く持っているし素早く問題を解く訓練をされているんですよ。だから有利。「武器」を持っている、というか。ですから、現実的な答えを言うと、「私立型の勉強をしておいたらどうですか?」ってなってしまいます。まあ、私立型の勉強を無理やりさせられて都立にギリギリ合格した場合は、その後伸び悩むことも多いですが……。

■都立は「主体性のある子」を大事にする傾向

矢萩:以前の教え子で、いわゆる中学受験勉強はほとんどせずに、都立小石川中等教育学校に合格した女の子がいました。彼女は、宇宙飛行士になりたいという夢があって、それにまつわる興味を探究しているうちに、流れで受験することになったのですが、都立ってそういう主体性がある子を大事にしますね。やりたいことを頑張っている子で、だからこそ出てきた発想みたいなものがあると、すごく評価されます。ただ、それだけじゃダメで、今安浪さんがおっしゃっていたように基礎学力がないと太刀打ちできない。となると、やはり都立に行きたいなら、小学校の勉強をかなりのレベルで理解している必要があります。そのためには、普通は小学校だけでは難しいですし、そういう学習に特化した塾も少ない。だから結局現実的な最短ルートは、少なくとも国語・算数に関しては私立型の受験勉強をしておいたほうがいいということになってしまいます。まあ、理想的ではないですけれど。

安浪:公立の中高一貫の構想を国が作り、各自治体が中高一貫校を立ち上げ始めてから約20年。東京で初の都立中高一貫校である白鴎高校附属中学校が誕生したのは2005年ですから、当初の理念と現状にずれが出ているのも仕方ないのかもしれません。学力検査ではなく、適性検査と言っているのも、小学校6年間の学力を元に、「我が校に適性があるかどうかを見て、該当する人に入学してもらう」という理念でしたが、今ではベースに私立型の知識がないとなかなか受からない。

矢萩:いつも言っていますが、考え方の順番の問題もありますね。その子がいわゆる受験勉強よりも、資料を読んだり、文章を書いたり、探究的な勉強が好きで、やりたいこともある、というなら私立より都立のほうがあうかもしれないから検討してみよう、という順番になるわけじゃないですか。この質問者さんのお子さんがどういうタイプかはわかりませんが、先に親の方から「都立はどうか」とスタートしている時点で、主体性を重視するという文部科学省の観点からは順番が逆になってしまっている。

安浪:本人が主体的で、やりたいことがあって受験、ってなったとき、都立より私立のほうが間口は広いですよ。作文とプレゼンで入れるところもあるし、1科入試もあるし…都立は必ず適性検査を受けないといけないですから。

矢萩:まあそうですね。都立は校則やルールを遵守しつつ、校風や空気を読むことを前提に、その中で主体性を発揮してください、というところがあるからなあ。

■ゆるく考えていると「やっぱりダメでした」となってしまう

安浪:都立の入試問題って、確かに明確な対策がしにくい部分があります。それに比べて私立ははっきりと対策できるから、あれだけ細かくカリキュラムがあるわけなんです。でも、都立を本気で狙っているお家は、私立並みに親がしっかりサポートしていますよ。「とりあえず受けてみる」とゆるく考えているお家の多くは、「受けてみました、やっぱりダメでした」となっています。

矢萩:大手進学塾のやり方やイメージが、私立型中学受験のスタンダードになってしまっているので、どうしても「私立受験は大変そう」となってしまいますが、ゆとりある受験をしたいという優先順位なら、方法はいろいろありますよね。

安浪:いずれにせよ、旦那さんには中学受験をやるなら親のサポートは必要です、ということをわかってもらわないとですね。今はまだ3年生なのでご主人も深く考えたくない、というのがあるかもしれないですが、学年が上がってもずっと曖昧なままだと傷が深くなります。やはり一度話し合ってみた方がいいですね。

矢萩:自分は受験に関わりたくない、というライフスタイルが重要なのであれば、その中で受験する方法を奥さんと一緒に考えないといけない。ただ、このご質問の中で気になるのは、受験までのプロセスのほうにあまり思考がいっていないこと。たとえ結果が出なくても、積み重ねたもの、ちゃんとやってきたものを評価したい、という気持ちというか。都立は私立と比べて、姿勢やプロセスを評価する傾向が強いと思います。旦那さんは私立志向ということで、個性尊重・結果重視的なところがあるのかなと感じますがどうでしょうね。

■都立は記述のイメージだが、算数も非常に大事

安浪:質問者さん、4年生までに決定したいとおっしゃっていますが、おそらく塾を変えるべきかどうか、というのも悩まれているんでしょうね。私が強調しておきたいのは、都立というと国語の記述が得意であれば大丈夫、というイメージがありますが、算数も非常に大事です。都立型の勉強しかしていない子は、算数でつまずく子が多いんです。

矢萩:都立型の塾と言っても、今通われている塾は算数の授業がないんですよね。適性検査型は算数的な思考力や処理能力が絶対に必要なので、そこがやや不思議な感じがしますが。もう一つ通っている算数塾が中学受験を視野に入れた授業をやってくれているなら組み合わせでいけるかもしれませんが、学校の補修レベルの算数なら足りないでしょうね。

安浪:今はまだぼんやりとしたイメージで考えていらっしゃると思いますが、これから4年生に向けて、都立の倍率、どんな子たちが合格をしているのかなど、具体的にリサーチしていったほうがいいと思います。都立と併願できそうな私立も調べてみるとか。現実を見ながら思考を整理していくといいと思います。

(構成/教育エディター・江口祐子)

【質問募集中】お二人に相談したい中学受験のお悩み、こちらからお寄せください↓
https://dot.asahi.com/info/2021120800052.html