「EVANGELION CROSSING EXPO—エヴァンゲリオン大博覧会—」が8月26日まで東京・渋谷ヒカリエで開催中だ。テレビ放送開始から27年を経て、いまだファンを魅了し続ける「エヴァンゲリオン」。厳選されたエヴァの“モノ”と“コト”を集めた「エヴァ大博覧会」から、進化する作品×プロダクトの秘密に迫る。AERA 2022年8月15−22日合併号より紹介する。

*  *  *

 会場は紫と緑の“エヴァカラー”で満たされていた。フィギュアに食品、オートバイにスポーツカー、凝った装飾のパチンコ台や壁一面に飾られたTシャツなど、総数4千点を超える展示物に圧倒される。

「実は正確な数はまだ数えていないんです。しかもこれは倉庫にあるごくごく一部。ライセンス商品はおそらく4万点を超しているのではないでしょうか」

 と笑いながら話すのは、エヴァンゲリオン(以下、エヴァ)の版権を管理するグラウンドワークス:の神村靖宏さん。エヴァの生みの親・庵野秀明監督とは学生時代からの「オタク友達」。1995年のテレビシリーズ放映時から、様々な局面でエヴァに関わってきた。

■はじまりは缶コーヒー

 ここでエヴァを知らない方のために相当にざっくりと内容を紹介しよう。人類の半数が死滅した大災害「セカンドインパクト」後の世界。巨大な汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオンのパイロットとして謎の敵「使徒」と戦う14歳の少年少女の運命が描かれる。謎の多いストーリー、登場人物の深い心理描写やスタイリッシュな映像表現でアニメーションの新時代を切り開き、2021年に公開された「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は興行収入102億円を突破する大ヒット。作品が完結したいまもエヴァに関わる“モノ”と“コト”は企画・開発され続け、新たなファンを獲得している。

 アニメーション作品の製品化といえばプラモデルやフィギュア、キャラクターグッズが一般的だ。しかしエヴァはそれに留まらず、あらゆる業種の企業や商品とコラボレーションしている。原点のひとつと言えるのが97年に「UCCミルクコーヒー」とコラボした「エヴァ缶」だ。記者も中身を抜いた缶を職場の机に飾っていた(懐かしい……)。

「先に劇中にUCC缶コーヒーが登場したんです。それを企業の宣伝担当の方が見かけて、声をかけてくださった」

■「パチンコ」化は監督が

 あくまでも広告目的ではなく、日常の描写として作品に入れていたものが、現実世界に反映されたのだ。逆に09年の「新劇場版:破」公開時には劇中で使われる携帯電話をNTTドコモとコラボして現実世界で発売した。昨今、盛んに行われるようになった劇中に広告商品を登場させる「プロダクトプレイスメント」の先駆けだ。携帯電話のデザインは庵野監督自身が担当した。

 04年に登場し、現在15代目とヒットを続ける「パチンコ」とのコラボも庵野監督の一言がきっかけだった。

「パチンコ店の前を通りかかったとき、庵野さんがそこに立っていたアニメのキャラクターののぼりを見て『これ全部、綾波(レイ)にすればいいのに』とつぶやいたんです。『え? やっていいの?』と思いましたが、パチンコになったおかげで普段アニメを見なかった層にも作品の認知が広がりました」

 製品企画に使われるキャラクターのイラストは、オーダーを受けてアニメスタッフに描きおろしてもらうことも多いが、製品へのデザイン落とし込みは企業からの提案を監修することになる。可否判断は基本的にグラウンドワークス:がカラーから全面的に任されている。

 オファーへのレスポンスの早さも数多くのプロダクトを生み出せる秘訣だそうだ。企画者の熱が冷めないスピードで企画を進めることが重要なのだろう。

■色味に指定はない

 キャラクターを登場させず、色味だけでエヴァ世界を表現するなど、製品化において作品解釈の幅が広いのも特徴だ。エヴァといえば初号機の紫と緑のカラーリングが思い浮かぶが、これらの色にも、実は明確な指定はないという。

「PANTONEの何番、CMYK何%などの決まりはないんです。製品の素材や大きさによって、色の見え方はさまざまに変化します。その時々で、その製品にとって一番かっこいい初号機カラーをチョイスしてもらえればいい」

 自由度は高いが、すべての製品化に通底するのは「エヴァ流」とも呼べる作品への理解と愛だ。加えて神村さんのアイテムへのこだわりは「実際に使いたくなるもの」であること。単なるキャラクターグッズではなく、渋谷や原宿に普通に出かけられるファッションや、金物の街・燕三条のメーカーとコラボしたはさみなど、実用面で質の高い商品を作る。神村さんの愛用品は、青森県でのエヴァ展開催時に企画された津軽の伝統工芸「こぎん刺し」の名刺入れだ。紫と緑の配色がおしゃれ!

「製品のクオリティーを高くしているのは、やはりエヴァという作品の力だと思います。お話を持ってきてくださる方もエヴァ好きな方が多いので、やりたいことや思いが伝わりやすい。すでにあるものや、他作品の成功事例を真似るのではつまらないですから。これからも『こんなものができるんだ!』という驚きや新しい楽しみ方を探っていきたいですね」

 新たな試みも始まっている。イラスト投稿サイト「ピクシブ」と連携し、ファンが描いて投稿したイラストの一部にライセンスを与え、一般販売を許諾するというものだ。展覧会場にはピクシブで活動する“絵師”のイラストを用いたTシャツやグッズも紹介されている。

「かつてはファンが描くイラストはコミケの同人誌で広がりましたが、いまはSNSで即座に世界中に広がります。版権を管理する立場としては難しい部分もありますが、でもファン活動の楽しみを止めたくはないんです」

 時代に対応し、進化を続けるエヴァプロダクト。さらなる展開が楽しみだ。(フリーランス記者・中村千晶)

※AERA 2022年8月15−22日合併号