「怖い」「恐ろしい」──。ウクライナ侵攻以降、暗いイメージで捉えられがちなロシア。 だがロシアにも、普通の人々の暮らしがある。本当のロシアとはどのような国なのか。AERA 2022年8月15−22日合併号から、近くて遠い国、ロシアを知ることができるマンガ3作品を紹介する。

*  *  *

 マンガ好きの麻生太郎副総理(当時)が昨年9月、記者団に「読んでる人、一人もいないの?」と聞いたことで一躍有名になったマンガがある。『紛争でしたら八田まで』。世界を股にかける地政学リスクコンサルタントの八田百合が主人公で、既刊9巻のうち2巻と3巻で、ロシアとウクライナによる紛争以前の緊張状態について描かれる。

「ロシアには荘厳な建物があり、バレエや芸術も盛ん。王政や戦争が長く続いたという点でも、しばしばマンガの舞台となっています」

 と話すのは、京都精華大学マンガ学部教授の吉村和真さん(思想史・マンガ研究)。そんな吉村さんに、今ロシアを知るためのマンガ3作品を聞いた。

 まず挙げたのは『風雲児たち』。

「本作は群像劇ですが、その中に江戸時代の船頭で遭難してロシアに流れ着いた大黒屋光太夫たちの話があります。一般人が外国へ行くことはあり得なかった時代に、ロシアの皇帝エカテリーナ2世にも謁見。思想や文化が全く異なる日本人とロシア人がまじまじと向かいあい、少しずつ互いを知っていくリアリティーが絶妙です」

 光太夫が登場するのは、ワイド版全20巻のうち8巻から12巻。当時、ロシアは帝政を敷いていたが、日本とロシアの社会の違いもわかる。そして本作は「歴史大河ギャグマンガ」としても知られていて、楽しみながら深く学べるという。

「教科書とは違った、マンガとしての面白さも満載です」

■イチ主婦の目線から

 いま、「ロシア」と聞くと、ウクライナに侵略を続ける「怖い国」とか「不気味な国」というイメージを抱く人が少なくない。だが、ロシア国内にも普通の人たちの暮らしがある。

 次に吉村さんが挙げる『おいしいロシア』は、食生活という身近なテーマを通し等身大のロシアを知ることができる作品だ。

「イチ主婦の目線で、普通のロシア人の暮らしを描いています。著者も最初は『おそロシア』というくらい、ロシアにおそろしいイメージを抱いていたのが、実は違うとわかってきます。私たちがロシアに対して抱いている認識と現実の落差を埋めてくれるという意味でも、オススメです」

 吉村さんによれば、ステレオタイプのロシア像の形成に大きく影響したのは明治時代の風刺漫画だったという。

「国を一つの性格と見る、つまり『キャラ付け』がされました」

 最後に挙げる『お國気質』は、そんな明治時代の風刺漫画だ。

 大小八つの丸の中に、様々な国が動物に見立てられ表象されている。例えばロシアはオオカミ、日本はブルドッグ。

「ロシアは貪欲で飽くことを知らないからオオカミ。日本は、『東洋の番犬』という意味でブルドッグです。当時の日本人がロシアを含む国際社会に抱いていたイメージに加え、日本人の自意識も透けて見える非常に興味深い一作です」(吉村さん)

(編集部・野村昌二)

■吉村さんオススメマンガ

『風雲児たち』/みなもと太郎著/リイド社

昨年亡くなった漫画家が40年以上にわたり描き続けた。鎖国時代の日本に生きた風雲児たちを、ギャグマンガのタッチで生き生きと描いた。

『おいしいロシア』/シベリカ子著/イースト・プレス

ロシア人と結婚した日本人女性がロシアに住んだ際の、食生活や料理を中心としたエッセイマンガ。ロシアの日常生活を知る希少な作品。

『お國気質』/北沢楽天/有楽社

『東京パック』第5巻第35号1909(明治42)年12月10日号掲載。所蔵:京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター。

※AERA 2022年8月15−22日合併号より抜粋