「イケメン東大生昆虫ハンター」として人気を集め、虫の魅力を伝え続けている牧田習さん(25)。東京大学大学院農学生命科学研究科に在籍し、昆虫研究者としての顔も持つ。「中学生の頃に英語の(昆虫の)研究論文を読んでいた」と話す、生粋の“昆虫オタク”はどのようにして誕生したのか。昆虫と歩んできたこれまでの歩みを牧田さんに聞いた。

*  *  *

 取材当日、大きな虫捕り網を持って現れた牧田さん。特注の虫捕り網で、柄の部分が伸縮し、最長で7メートルほどに達するという。「これ見てください」と満面の笑みでケースを取り出し、ふたを開けると、なかには前の晩に採集したという虫がわさわさ。仕切り板を乗り越えようと、元気に動いている。カメラマンも記者もギョッとしたものの、牧田さんの計り知れない昆虫への情熱を感じた瞬間だった。

――昆虫ハンターとして活動されていますが、印象に残っている昆虫との出合いはありますか。

 一番嬉しかったのは、世界最大のカブトムシ「ヘラクレスオオカブト」を南米で観察できたことです。20年ほど焦がれていましたから、思いが強かった分、野生の姿を見ることができたのは嬉しかったです。とはいえ、僕は年中虫捕りをして、常に昆虫のことばかり考えていますから、どの昆虫にも愛着を持っています。国内外で見つけた昆虫の一部を標本にしていますが、約5万点はあるかと思います。道を歩いているときも、黒い影が視野に入る度に、つい採集モードになってしまいます。

 ――そもそも昆虫を好きになったきっかけはなんですか。

 3歳のとき、祖父が捕ってきたミヤマクワガタを目にして、衝撃を受けたことを覚えています。人間とは全く違う形をした生き物が、予想できない動きをする面白さに、一瞬で虜になりました。それからは幼稚園の広い園庭で、よく虫を追いかけていました。小学校にあった自然いっぱいのビオトープも、僕にとって楽園でした。休み時間や体育の時間に入っては、虫捕りに熱中していました。授業中も教室を抜け出して虫捕りに行き、よく注意されていました。近所の博物館や昆虫館に入り浸って、虫について教えてもらったりもしていました。

――昆虫への熱が薄れることはなかったんでしょうか。

 教育熱心だった母親の勧めもあって、中学受験をしたんですが、進学した中高一貫の男子校は自分の好きなことに没頭できる環境で、ますます昆虫熱が高まりました。勉強はそっちのけで、夏になると石垣島などに一人で行き、自転車で島中をまわって虫捕りをしているような少年でした。ただ採集するだけでなく、標本を作ったり、昆虫への知識を深めたりと活動の幅も広がりました。

――新たな知識はどのように得ていたのですか。

 知りたい昆虫はほとんど図鑑に載っていなかったので、専門書に手を伸ばしていました。専門書にも書かれていなければ、著者の研究者に連絡をとって質問をすることもありました。中学2,3年生の頃には英語の研究論文を探し集めて、読んでいました。そのおかげで、いつの間にか英語力も上がっていました。それでもわからない場合は、自分で虫を捕って観察したり解剖したりすればいいんだと。僕が昆虫ハンターであり続ける理由です。

――臆することなく知りたいことを明らかにする姿勢は、まさに今の時代に求められている「探究力」ですね。

 とにかく「昆虫を知りたい」という思いを満たすために動いていました。高校生の時には日本昆虫学会と日本甲虫学会に所属して、研究発表をしていました。大人に混じって活動をするわけなんですが、珍しい虫を持っていくと、虫好きのおじさんが血眼になって、交換してほしいと声をかけてくるなんてこともありました。

――その後の進路も、昆虫ありきで決めたのでしょうか。

 高校1年生のとき、進路を提出するギリギリのタイミングで北海道大学のオープンキャンパスを見つけたんです。正直なところ、北海道で虫捕りをしてみたい、という一心で参加しました。大学の説明会は早々に切り上げて、いざ虫捕りへ。実はその時期に、ちょうど木の伐採が行われていて、倒れた木に珍しいカミキリムシが沢山集まっていたんです。その様子を見た僕は、北海道にはこんなに虫がいるのか!と大興奮して、北大志願を即決しました。それでも、受験生らしからぬ、親の目を盗んで虫捕りに出かけて怒られたこともありましたが、なんと2次試験の生物でクワガタに関する問題が出たこともあり、ご縁をいただけたんです。

――晴れて、北大へ。思い描いていた通り、虫捕り三昧の日々だったのでしょうか。

 実は入学式もそっちのけで虫捕りに出かけたのですが、数が減少しているゲンゴロウの大型種を捕まえられたんです。もうその時点で、北海道で成すべきことは達成したと思えるほどの嬉しさでした。学校が始まってからも、朝5時に起床して、虫捕りの日々でした。雨の日にのみ講義に出るという生活でしたから、入学から1カ月で進級が難しいことが判明。ならばと1年の休学を決めて、外国の昆虫を見てみたいという思いから、すぐに海外へ行きました。現地の飲食店でバイトをしながら虫捕り生活をしていました。ニュージーランドではオークランド大学の昆虫好きの教授に出会い、虫捕りに連れて行ってもらったり、研究論文の書き方などを教えてもらったりして、今の研究生活に繋がっています。さらにはこの頃、ニュージーランドで新種も発見することができ、とても嬉しかったです。

――その後、東京大学大学院へ。明確な目的があったのでしょうか。

 海外から北大に戻ったのですが、昆虫学が学べる農学部には成績都合で行けず、理学部の数学科専攻となりました。それでも農学部博物館の研究室に入り浸り、昆虫の論文を書いていました。この先も昆虫採集を続けたいと考えたとき、海外に虫捕りに出かけるのにアクセスがよい東京の大学院へ行きたいというのが、東大大学院に行く一番の理由でした(笑)。今は昆虫採集の時間を大切にしながら、海外の研究者と共同研究をして、充実しています。

――昆虫への情熱が、牧田さんの人生を動かし、牧田さんを形作っています。好きなことを伸ばすという点で、親御さんの働きかけがあったのでしょうか。

 僕が幸せだと感じているのは、「ワクワクする魅力的な昆虫たちを捕ること」を人生の一本柱に持つことができ、その柱を誰からも折られなかったことです。勉強をせずよく怒られてはいましたが、虫捕りを否定されることはありませんでした。両親は常に、好きなことをしなさいというスタンスで、僕に接してくれていました。実は、僕はこんなに昆虫が大好きなのに、両親や妹は全くと言っていいほど虫が苦手なんです。なので一緒に虫捕りへ行くようなこともなかったんですが、いつも温かい目で見守ってくれていました。僕が虫の本や図鑑をねだった時も、何も言わずに欲しい本を買ってくれました。自分がやりたいこと、欲しいものは絶対に自分で決めたい、そんな子どもでしたから。今も、自分がやりたいことを突き詰める姿勢は全く変わりません。

――その姿勢が昆虫の新種発見にも繋がったのですね。

 大学生のときに、ニュージーランドと台湾で「ホソカタムシ」の新種を見つけました。新種というのは、捕まえるよりも証明するほうが大変です。ものすごい数の昆虫標本を収蔵している大英自然史博物館に出向いて、標本と同じ種でないかを見比べるんです。ホソカタムシは長さ数ミリほどの小さい虫なので、顕微鏡を覗き解剖をしながら進めます。生殖器官の形が違うことがわかり、海外の学術誌に論文を発表して、認められました。

――これほどまでに牧田さんを虜にする昆虫の魅力とは、ズバリ何でしょうか。

 まだ謎だらけということです。実は世界の昆虫は、その90%以上が未知といわれているので、自分で捕まえて明らかにすることができるんです。そして、昆虫には「絶対」がありません。あの木に行けば必ずいるという決まりがないので、採集や研究は無限です。

――牧田さんの昆虫との歩みは、これからどうなっていくのでしょうか。

 僕が芸能事務所に入ったきっかけは、魚類学者でタレントでもある「さかなクン」さんなんです。さかなクンさんが海の生き物の魅力を伝えているように、昆虫の魅力をもっと多くの人に広めたいという憧れがあります。そして何といっても、昆虫と楽しく生きていたい。そう、アフリカ大陸で虫捕りをやってみたいんです。砂漠や熱帯雨林、山脈とさまざまな自然環境があるので、昆虫も多種多様のはずです。ハンターとして明らかにしてみたいですね。

 *  *  *

■牧田さんに聞く「夏の虫捕りを楽しむためのアドバイス」

 昼間、公園などセミの抜け殻を見つけた場所に、是非、夜行ってみてください。セミの羽化シーンに出合えるかもしれません。羽化したての真っ白なセミは、とてもきれいです。

 また、夏の旅行でサービスエリアに行く場合は、明かりのある場所を見てみてください。カブトムシやクワガタが集まっていることがあります。僕の場合、旅行道中の全てのサービスエリアやコンビニの明かりをチェックするので、なかなか目的地につきませんね。夕方にクヌギやコナラの木があるところに行って、地面の近くをよく見ると、カブトムシやクワガタが羽を広げて飛んでいることも。

牧田習 1996年生まれ。昆虫ハンター。北海道大学理学部卒業。2020年東京大学大学院農学生命科学研究科入学、現在博士課程在学中。オスカープロモーション所属。昆虫をテーマにしたオンラインイベントで活動するほか、テレビ神奈川「猫のひたいほどワイド 」水曜レギュラー、NHK高校講座 歴史総合にレギュラー出演。

 (聞き手・構成 AERA dot.編集部 市川綾子)