月経のある女性ならば、誰もがかかる可能性のある子宮内膜症。良性の疾患ではあるが、発症すると閉経まで経過観察が必要になる。月経痛などの症状に加え、不妊の原因にもなるため、早期発見、継続的な治療が大切だ。

*  *  *

 子宮内膜症の患者数は、子宮筋腫や子宮腺筋症といった病気を合併している人も含めると260万人といわれる。しかし病気を正しく理解しないまま放置している人が多く、実際にはこの4分の1〜5分の1程度しか受診していないと考えられている。また症状が表れてから3〜5年を経て受診する患者も多いという。

 子宮内膜は子宮内側の表面を覆う粘膜組織だ。受精卵が着床すると妊娠するが、妊娠が成立しないと子宮内膜は血液とともに月経で排出される。

 子宮内膜症とは、この子宮の内側を覆っている子宮内膜に類似した組織が、子宮以外の卵巣をはじめとするさまざまな臓器にとどまり、炎症を起こし、痛みが生じたり、他の臓器との癒着を起こしてしまう病気だ。

 東京大学病院女性外科准教授の甲賀かをり医師はこう話す。

「子宮内膜症の確かな原因はわかっていませんが、月経血の逆流説が有力です。月経時に剥がれた子宮内膜が月経血とともに膣から体外へ排出されず、卵管を通っておなかの中へ逆流し、腹膜や卵巣などの粘膜組織にくっついて増殖するのでは、という説です」

 月経が子宮内膜が逆流する機会となるため、一生のうちの月経回数が多くなると、子宮内膜症にかかるリスクが高まる。月経のサイクルが短い、初経年齢が早い、出産の減少で妊娠・授乳中の月経が中断する期間が短いなどで、近年は子宮内膜症にかかりやすい傾向にある。初経年齢が早くなったことで10代、20代前半の患者も増加傾向にある。加齢とともに悪化しやすく、さらに不妊の原因にもなるため、早期発見・早期治療が重要だ。

■タイプは主に三つ 不妊症の3〜4割に

 子宮内膜症の症状で最も多いのは月経痛で、患者の約9割が訴える。月経痛がある人は、ない人に比べて子宮内膜症のリスクが2・6倍高まり、月経痛が重く受診した人の約25%に子宮内膜症が見つかるという。



 子宮内膜症には主に三つのタイプがある。腹部の臓器を覆う腹膜にできる腹膜病変、卵巣内部にドロドロのチョコレートのような古い月経血と内膜がたまるチョコレート嚢胞(子宮内膜症性嚢胞)、進行により子宮と直腸の間のダグラス窩に癒着や硬結ができる深部病変だ。

 腹膜病変は、数ミリの透明、赤色、青黒色の病変が散らばった状態で、青黒色の病変はブルーベリースポットと呼ばれる。チョコレート嚢胞は月経時以外にも下腹部に痛みが出たり、破裂や感染で激しい痛みを起こすことも。また、卵巣がんの発症率が0・7%と言われている。

 不妊治療の受診がきっかけで発見されることも多く、不妊症の患者の3〜4割に子宮内膜症が見つかる。子宮内膜症が不妊の原因になるのは、卵管や卵巣が癒着し、卵子が卵巣から子宮まで到達しにくくなったり、炎症で生理活性物質が分泌され、排卵、受精、着床が阻害されるためだという。妊娠すると月経が止まり、子宮内膜症が改善することもあるため、不妊治療は成功すれば子宮内膜症の治療にもなる。

 治療は子宮内膜症の病態や患者個々の背景などを考慮して、薬物療法や手術が選択される。

「患者さんの要望にいかに応えられる治療をするかが大切。特に子宮内膜症の治療と不妊治療は基本的に両立できないので、それぞれの治療のタイミングも考えます」(甲賀医師)

 子宮内膜症は月経のたびに痛みが表れ、QOL(生活の質)が著しく低下する。しかし月経痛は月経のある女性の半数にみられるため、「痛みがあって当然」と考えがちだ。「たかが生理痛」と周囲からも理解されず、日常生活や仕事に支障をきたし、社会的、経済的につらい思いをしている人も多い。なかには抑うつ症状が強くなり、精神的な要因で不調を感じたり、月経時以外にも痛みが生じる人もいる。

■早期発見での対処を 病診連携も重要

 順天堂大学順天堂医院産科・婦人科教授の北出真理医師はこう話す。



「大切なことは、ただの月経痛だと我慢しないこと。日本人は我慢することが美徳とされていたり、経験者である母親からも月経痛はあって当たり前と教えられる人も多いと思います。しかし痛みは病気のサインであることが多く、早期に発見・対処できれば、予防したり進行を遅らせることも可能です。また治療することで日常生活が送りやすくなるので、我慢する必要はありません。特に市販の鎮痛剤が無効の痛みがある場合はすぐに近くの婦人科を受診してください」

 子宮内膜症は月経が繰り返されることで悪化するため、閉経前には再発も多く、治療後の経過観察はもちろん、患者のライフステージに合わせた長期の治療方針を立てることが大切だという。

「どんな症状があるのかだけではなく、妊娠を現在希望しているのか、将来希望するのか、今後も望まないかなど、患者さんの現状や将来計画をよく聞いて治療することが重要です」(北出医師)

 女性の思春期から性成熟期、閉経までの数十年単位で診療を継続するためには、かかりつけ医をつくることも重要だ。

「手術は大学病院などの大きな病院、定期受診は信頼できる地域の開業医と総合病院などが連携し、計画的に治療することが大切です。私たちは昨年から、受診ごとの診療情報をかかりつけ医と相互共有するハイブリッド診療を開始しました」(同)

 子宮内膜症などの慢性疾患は、日常的な診察は地域のクリニック、手術などは大きな病院でおこない、閉経を迎えるまで長期にわたる経過観察が必要だ。

(文・伊波達也)

※週刊朝日2022年9月23−30日号より