会員数750万人を誇る食事管理アプリ「あすけん」。一日の終わりに食事内容についてアドバイスをくれる管理栄養士キャラクター「未来(みき)さん」、通称「あすけんの女」の泣き顔がSNSで話題だ。「今日もあすけんの女を泣かせた」「あすけんの女、すぐ泣く」といった投稿があげられている。未来さんを泣かせているユーザーと、未来さんの“中の人”に話を聞いた。

 *  *  *

「小説トリッパー」2022年春号に掲載された作家の織守きょうやさんのエッセー「あすけんの女」は、食事管理アプリ「あすけん」のキャラクターを題材にしたもので「あすけんの女に対して抱く感情の全てが書いてある」と反響を集めた。織守さんが「あすけん」を使い始めたのはコロナ禍の体重増加がきっかけだったという。

「行動制限の影響もあってか2kgくらい体重が増えてしまったんです。『ゆるゆる調整しなきゃいけないな』と思っていたところ、久しぶりに会った知人がすっかりやせていたんです。理由を聞いたら『あすけん』だというので、その場でインストールしました」

「あすけん」は2007年にサービスを開始した人気のレコーディングダイエットサービス。コロナ禍における体形管理への関心の高まりや、口コミによって、ここ2年は年間150万人のペースでユーザーが増加していて、現在会員数は累計750万人を超える。

 使い方は体重や食事内容、運動量を入力するだけ。カロリーや栄養バランスが計算され、その過不足をもとに100点満点で採点結果が出る。ユーザー平均は53点と、意外と低めだ。「あすけん」事業責任者の道江美貴子さんは言う。

「高得点が難しいのは、カロリーのほかにPFCバランスや野菜の摂取量、運動量にもしっかり配点があるためです。『お菓子をいっぱい食べているけれど目標カロリー内だからOK』『とにかくりんごだけを食べて摂取カロリーを下げる』といったアンバランスなダイエットでは良い採点にはなりません。必要な栄養素を必要な分だけ取る、健康的なダイエットをサポートするアプリになっています」

■「あすけんの女」の表情がバロメーター

 そして、「あすけん」の最も特徴的な機能が、管理栄養士のキャラクター・「未来(みき)さん」による毎日のアドバイスだ。状況に応じてさまざま表情を見せ、「どうしてもこってりしたものを食べたい時は、お野菜をいっしょに食べるようにしましょう」など、食事内容に応じて具体的なアドバイスが表示される仕組みになっている。

 カロリーオーバーが続けばさめざめと泣き、カロリーが目標値内でも脂質や塩分の摂取量に厳しいものがあれば、スンとした表情で指摘をくれる。この、涙をもって食べ過ぎを指摘してくる未来さんの態度がSNSで話題になっている。「今日もあすけんの女を泣かせた」「あすけんの女、すぐ泣く」といったコメントとともに高カロリーの食事の画像や採点結果のスクリーンショットが毎日のように投稿されている。

 織守さんも「叔母がおやつに豚まんを差し入れてくれたので、今日もあすけんの女には泣いてもらいます」「あすけんの女、今日のところはなんとか笑ってる」など、SNSに未来さんとの攻防の様子をつづっている。

「あすけんの女が泣きそうでも、私は『食べたい!』と思ったときは食べるんです。『明日は友達と中華を食べにいく』と投稿すると、『明日は織守さんちのあすけんの女が泣くぞ』『あすけんの女がなんと言うか楽しみですね』といったコメントをもらったりして。そうこうしているうちに、あすけんの女を泣かせる悪い男のような気分になってきましたね(笑)」(織守さん)

 ほほ笑んでみせたかと思えば泣いたり冷めた目で見つめてきたり――。そんな「あすけんの女」の機嫌を保つ攻略法を探るうちに、いつのまにか食事管理ができてしまっているというわけだ。

 SNSでは泣き顔にばかり言及されている「あすけんの女」だが、本来はめったなことでは涙を見せない。道江さんによれば、カロリーオーバーやお酒の飲みすぎ、過度なカロリー不足が数日続いたときに泣いてしまうのだという。

「未来さんの涙は『いつもと違うけど大丈夫?』という心配の涙なんです。泣いてしまったときは、本当に心配されてしまうような、気を付けなくてはいけない状態なんだな、と思ってくださいね」(道江さん)

■「ダメな日」を受け止めることがダイエット継続のコツ

 道江さんいわく、ダイエットから脱落してしまう人に多いのは、飲み会などのちょっとしたイベントを機に、「一回カロリーオーバーしてしまったし、もういいや」となし崩し的に食事管理をやめてしまうパターン。未来さんが泣くという、“失敗”もある種の楽しみや笑いのネタになっている点が、「あすけん」が支持される理由のひとつかもしれない。

「あすけんの女に特別深い愛情があるわけではないんです。『泣かせちゃってごめんね!』とは思わない。でも、深刻そうな泣き顔で『このままだと体重に影響が出てきてしまうかもしれません』とか言われると、『わかったよ……仕方ないなあ』と調整しようという気持ちになります」(織守さん)

 そんないつも厳しく指導してくれる未来さんが、「食べ過ぎ」を笑ってゆるしてくれるタイミングがいくつかある。誕生日、クリスマス、年末年始などのハレの日だ。

「誕生日などは、“アメとムチ”で言うところの“アメ”ですね。1週間でやせることはないですから、ダイエットで一番重要なのは継続。ダメなときがたまにあってもいいよね、という気持ちで続けていくのが一番のコツです」(道江さん)

 織守さんも、誕生日の日の未来さんのコメントには思わず笑顔になった。

「誕生日だったので思いっきり食べたら、いつもだったら泣くはずの『あすけんの女』が『お誕生日は楽しめましたか?』と笑顔を見せたんです。『ふーん、かわいいとこあるじゃん』って感じ(笑)。点数は容赦なく低いんですけどね」(織守さん)

「ダイエットは自分自身との孤独な闘い。一人で継続するのは大変です。伴走者である未来さんの一喜一憂を楽しんでいただきながら、カロリー制限だけではない健康管理をぜひ学んでください。未公開の表情や衣装もあるので、これからの未来さんにもぜひ期待してください」(道江さん)

(文・金山佐和)