内臓の病気が原因で皮膚に症状が出ることがあり、そういった病気が疑われる場合、皮膚科に他の診療科から検査の依頼が来ることがあるといいます。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、内臓の病気などで他の診療科から依頼を受けて皮膚の検査をする四つの皮膚疾患について解説します。

*  *  *

 皮膚疾患の特徴として、検査が比較的簡便ということが挙げられます。目で見え触ることができるため診断はしやすいですし、必要とあらば皮膚の一部をとって検査に出すこともできます。これが内臓の病気となると話がかわり、臓器の一部を切り取って検査に出すのも大変です。そのため、内臓に起きた病気の確定診断のために、皮膚の検査をする場面があります。今回は、内臓の病気などで他の診療科から依頼を受けて皮膚の検査をする四つの皮膚疾患を紹介したいと思います。

■乾癬

 乾癬はアトピー性皮膚炎と並んで皮膚に多く見られる疾患です。全身の皮膚に銀白色のフケを伴う赤色の皮疹が広がります。皮膚の症状が強い場合は、直接皮膚科を受診される人が多いですが、そうでない場合もあります。乾癬は関節の痛みを伴うことが多く、皮膚の症状が軽度の場合もあります。その場合、整形外科などで検査しても原因がわからず乾癬の可能性について皮膚科に診察依頼が来ます。患者さんも関節の痛みと体にできた発疹が関係しているとは思わず、どちらの症状も別々の病院で見てもらうケースもあります。

■サルコイドーシス

 サルコイドーシスは、全身の臓器に炎症細胞が集まり肉芽腫という状態をつくる病気です。肺や眼、心臓などにこの肉芽腫を作ることが多く、胸のレントゲン写真で肺に病変が見つかり、サルコイドーシスが疑われる場合があります。臓器の一部をとって、前述の肉芽腫を見つければ確定診断なのですが、肺や心臓といった臓器から検体を採取するのはかなり大変なことです。そこで、肉芽腫ができやすい皮膚の病変から検査を出すことになります。

 サルコイドーシスの皮膚病変は肘や膝など、ぶつけやすい場所に出ることが多く、ケロイド(傷の痕が大きく盛り上がり徐々に拡大していく)のような皮膚病変として見つかります。患者さん本人は、まさか傷の痕がサルコイドーシスによるものとは気が付かず、皮膚科に受診することは少ないのですが、内科の先生がサルコイドーシスを疑った場合は、皮膚に病変がないか診察依頼が来ます。皮膚科でくまなく皮膚病変を探し、疑わしい皮膚病変があれば検査をして確定診断を下します。

■血管内リンパ腫

 熱が続くもののその原因が全くわからず、皮膚科に検査依頼が来ることがあります。血管内リンパ腫という病気は、細い血管の中で腫瘍細胞が増殖する珍しい病気です。進行性に悪化するため、早期に診断し抗がん剤治療が必要な疾患になります。病気の確定診断となるのは、細い血管の中で増えた腫瘍細胞を見つけることですが、ここで検査の対象となるのが皮膚です。

 皮膚には細い血管がたくさんあるため、どこかの血管内には腫瘍細胞を見つけることができるかもしれない。そこで、皮膚を何カ所か米粒くらいの大きさで切って、顕微鏡で血管の中を確認するランダム皮膚生検というのを行います。1カ所の皮膚だけでは、腫瘍細胞を見つけることができず、何カ所も検査をするのが普通です。体のどこかに血管腫という血管の塊があれば、そこから検査をすると腫瘍細胞が見つかりやすいとも言われています。原因不明の熱の精査として、皮膚の検査を行うとは、患者さんにとってはなかなかびっくりすることではないかと思います。

■弾性線維性仮性黄色腫

 とてもめずらしい病気ですが、この疾患も他の臓器に症状が出てから皮膚科に診察を依頼されるケースが多い病気です。弾性線維性仮性黄色腫は弾性繊維が変性する病気ですが、皮膚に異常所見が出現します。初発症状として、眼が見えにくくなったり、視野が欠損した場合、眼科でこの病気が疑われ、皮膚科にコンサルテーション(相談)されることがあります。

 皮膚では、首やわきで皮膚の弾力性が失われ、黄色っぽいぶつぶつ(丘疹)ができます。この丘疹は痛くもかゆくもないため、皮膚の症状だけで皮膚科を訪れる患者さんはほとんどいません。眼に症状が出たことで、はじめて皮膚の症状も関係していると気がつくことになります。

 以上、今回は内臓疾患と関連した皮膚の病気・症状について紹介しました。内臓の病気ではあるものの、確定診断をつけるために皮膚の一部をとって検査に出す場面があります。皮膚はいろんな臓器とつながっているんですね。