武蔵野東中学(東京都小金井市)は、学校生活を健常児と自閉症児がともに過ごす「混合教育(インクルーシブ教育)」を実践する、国内でも珍しい私立中学だ。普通高校を併設していないため、健常児クラスの生徒は全員高校を受験するが、難関の国公立・私立高校に4割の生徒が進学するという。どんな学校なのか。

*  *  *

■向かい合わせや隣同士の教室

 武蔵野東中学校は、全校生徒300人あまりの小規模な学校だ。1学年5クラスのうち、A、Bの2クラスは健常児各30人が在籍。C、D、Eの3クラスは自閉症児各12人の少人数クラスに在籍している。健常児クラスと自閉症児クラスは別課程なので入試も在籍クラスも分かれるが、ABとCDEクラスは向かい合わせや隣同士になっており、廊下に面した大きな窓からは、お互いの様子をうかがうことができる。

 3年A組の中平野恵さんは、授業中にふと向かいのクラスに目を向ける。楽しそうに授業を受けている向かいのクラスの同級生の姿を見ると心が温かくなり、「よし、がんばろう」という気持ちになるという。

「朝の掃除や生徒会活動など、一緒に行う機会を日常的に設けています。今はコロナで中止になっていますが、給食もクラスの数人が入れ替わって一緒に食べています」(菊地知恵子校長)

 朝の掃除では、床のゴミひとつ見逃さない生徒、電話機のボタンの隙間まで丁寧に磨いている自閉症児クラスの生徒を見守りながら、健常児クラスの生徒が一緒に机を動かし床を掃いていた。

 中3の自閉症児クラスの担任、岩本淳二教諭は言う。

「自閉症の生徒にとって同じ年の友だちと一緒に過ごすことは、我々教員からとは違う学びがあります。健常児クラスの生徒の言動や行動から、良い刺激を受けています。同時に、健常児クラスの生徒たちも自閉症児クラスの生徒たちの純粋さやひたむきさに感化されており、お互いに良い影響を与え合っていると感じます」

 3年A組の腰原祐哉さんは、入学してから自閉症に対する考え方が変わったという。

「入学前は意思が通じないのでは、と思っていました。でもゆっくりと話せば理解しあえるし、それに集中力がすごい。学園祭などで発表する絵画や工芸作品には、驚かされます。熱心にコツコツと取り組む様子を見て、見習わなくては、と思うことも多いです。

 校内のところどころに自閉症児クラスの生徒の作品が飾ってある。色彩豊かで独創的な絵画、根気よく丁寧に仕上げた手芸作品など力作が並ぶ。

「健常児クラスの生徒が作品を見て、『すごい』と評価する。それが自閉症児クラスの生徒たちの喜びや自信となり、自己肯定感に繋がっています」(岩本教諭)

■修学旅行は宿泊も同室

 行事では、ともに活動する機会が多くなる。多くのイベントの企画、運営が生徒に任されている同校では、スポーツ大会などの競技も自分たちで考える。ムカデ競走やペア縄跳びなどの競技が取り入れられていて、大会間近になると、あちらこちらで一緒に縄跳びの練習をする姿が見られるという。

 幼稚園から高等専修学校まで、息子が武蔵野東学園の自閉症児クラスに通った卒業生保護者のAさんは、「自閉症児に対しての、まわりの生徒たちの理解がありがたかった。年上の生徒がよく声をかけてくれました」と振り返る。

「自閉症といっても障害の程度はいろいろですが、うちの子は比較的運動を得意としていました。スポーツ大会の競技に馬跳びがあったのですが、健常児の生徒が馬になって、うちの子がその上を跳んだんです。息子が何が得意かを考えて、主役にしてくれたんだと思います」

 夏休み前の7月のある日、9月に行われる京都奈良修学旅行の事前学習では、3年生の生徒全員が体育館に集まっていた。先生による説明の後、クラスから班ごとに分かれるとき、健常児クラスの生徒は、自閉症児クラスの生徒に声をかけうまく自班に誘導していた。修学旅行では健常児と自閉症児がグループになり、宿泊も同室だ。

「宿泊行事の前には、旅行先でグループになる生徒同士が一緒になる活動を設けて、お互いの理解を深めます。日常的に接しているうちに、健常児の生徒は、自閉症児のできることや個性を引き出すのが上手になりましたね。言葉が少ない生徒には、絵を描いてみようかと誘ったり、一緒に歌を口ずさんだりする姿が見られます」(菊地校長)

■アメリカにも姉妹校開設

 武蔵野東学園は、北原勝平、キヨ夫妻が1965年に幼稚園を創立したことから始まる。間もなくして、ある自閉症児の母親が「子どもを入れてほしい」と訪ねてきた。他の園から断られ、武蔵野東幼稚園が最後の頼みの綱だった。キヨは快諾し、やがて「生活療法」という自閉症児の教育方法論を確立する。

「生活療法では、基本的な挨拶やマナー、時間を守るなど、社会生活に必要なことを学びます。一人ひとりの個性を引き出しながら課題を克服していきます。健常児の生徒と一緒に過ごすことは、社会に出てからの付き合い方を学ぶうえで有効です。行事、校外学習を通じて、やっていけるという自信に繋げます」(岩本教諭)

 当時在園していた保護者たちからの「上級学校をつくってほしい」という願いを受けて、77年に小学校を、83年に中学校、86年に高等専修学校を開校し、健常児と自閉症児の混合教育を実践。さらに自閉症児の療養プログラムを実施する、武蔵野東教育センターが設けられた。自閉症児教育の評判は海外にも広がり、「米国にも生活療法の教育プログラムを実施する学校をつくってほしい」というアメリカの保護者の強い願いに応じ、87年に姉妹校としてボストン東スクールが開設された。

■卒業生には五輪メダリストも

 ほとんどの私立学校が中高6年の一貫教育を実施しているなか、普通高校を併設しない武蔵野東中学校は、健常児クラス全員が受験を経て高校に進学する。難関高校に進む生徒も多く、2021年度は最難関国立や都立の進学指導重点校、偏差値65以上の私立高校などに、約4割の生徒が合格した。菊地校長は言う。

「12歳で行う中学受験は親の力が必要で、すべてが子どもの意思で、とはいかない。でも15歳なら自分のことを客観的に見ることができるようになり、自分で進路を決められる年齢です。高校受験をきっかけに高校、大学と、自分の将来観を構築することができます」

 中学3年間の教育は中身が濃い。2年間で学ぶ基礎力を蓄えて、最後の1年間で一気に受験へと向かう。

 特徴的な授業のひとつが1、2年で行う「探究科」だ。1年次の6月からグループに分かれ、教員の示したテーマをゼミ形式で探究する。今年のテーマは「信号のない横断歩道問題」「直感を検証、考察してみよう」など、身近な問題に「問い」を持ち、探究する方法を身につける。1年次の12月からは自分の決めたテーマを探究する。冒頭の中平さんは「色彩計画を利用し、さまざまな建物に合う色を考える」、腰原さんは「過疎化した村を盛り上げよう!」というテーマで1年間の探究活動を行った。

 もうひとつの特徴ある授業が「生命科」だ。1年次は友だち関係や将来観、2年次は共生社会や命の尊厳、3年次は平和など、決まった答えのない問題についてもディスカッションを通して考えを深める。教科の授業もユニークだ。教科横断型授業が頻繁に行われ、国語科と英語科の先生がコラボレーションして文法の違いを学んだり、数学科と美術科のコラボで相似の知識から黄金比を求めたりするなど、複数要素の知識が結びついていく楽しさを学ぶという。

 同校では宿題が出ないため、生徒は家庭学習を自ら計画し、学ぶ力をつける。3年次になると習熟度別に10人程度のグループに分かれ、放課後や長期休みの講習で受験対策を行う。クラブ活動も盛んで、小規模校ながらダンス部は全国大会で15回優勝、陸上競技部も全国大会の常連、体操競技部もかつては全国大会で活躍し、OGには2020東京五輪銅メダリストで昨年引退した村上茉愛選手がいる。

 一方、自閉症児のクラスには独自の授業があり、中学校卒業後は高等専修学校に進学し、将来の社会自立を目指していく。学校で経験の幅を広げ、きめ細かく自立のためのさまざまなスキルを身につけている。

「自閉症児は個性に幅があり、個々に秘めた力がある。自立に向かう中学校時期には、得意なことを伸ばすとともに、不得意なことにも根気よく取り組める力をつけていきます。活気ある集団活動や行事での取り組みから、内に秘めた力が出てくるのも思春期ならでは。健常児の生徒もそんな自閉症児の姿を見て、学ぶことが多い。努力することを軽んじる生徒はいません」(菊地校長)

■「助けてあげる」だけの存在ではない

 中平さんは「電車や街で、障害者や困っている人を見たとき、声をかけられるようになった」と話す。将来は、世の中のいろいろなことを発信するテレビ局に勤めるのが夢だ。腰原さんもバスの中で、床に小物を落として大声を上げている人に遭遇したとき、それを拾って「大丈夫ですか」と、渡すことができたそうだ。

「卒業生が訪ねてきたとき、よく『高校には、中学のときのような自閉症の友だちがいなくてさみしい』と口にします。自閉症児との学校生活が、あたりまえのことになっていたのだと思います」(菊地校長)

 大学4年になったある卒業生が母校を訪れたのは、就職活動から生じた疑問がきっかけだった。企業説明会で一度も自閉症の人に出会うことがなかった。中学校のとき一緒に過ごした同級生は、いったいどこで働いているのか――。その疑問をきっかけに、卒業論文のテーマを「発達障害者への就労支援」とし、母校の先生に話を聞きにきた。在校生には起業して「障害者が働く会社をつくりたい」という将来像を描く生徒もいる。

「昔に比べると障害に対する理解度は上がっていると思いますが、武蔵野東の生徒が社会に出て経験を広めてくれれば、もっと自閉症の人たちが過ごしやすい世界になると思います」(前出のAさん)

 菊地校長も言う。

「健常児の生徒が自閉症児の生徒から得るものは大きい。自閉症の生徒は学校生活の中に欠かすことのできない存在感があり、決して『助けてあげる』だけの存在ではありません。多感な時期に同じ目標に向かう仲間として過ごす。そういう経験をした彼らが社会人になったとき、誰にとっても暮らしやすい共生社会をつくり上げる一助になると信じています」

(文/柿崎明子)