人生で最も高い買い物が「マイホーム」という人も少なくない。失敗しないためにはどうすればいい? 自ら注文住宅を購入し、本も出版したマンガ家、倉田けいさんに聞いた。AERA 2022年9月26日号の記事を紹介する。

*  *  *

 「コロナ禍の在宅勤務を経験して感じたのは、住む家の大切さです。これまでは家族の状況に応じて、賃貸を移り住んでいけばいいと思っていましたが、最近は愛着が持てる持ち家の購入を考えて、不動産の情報をチラチラ見るようになったんです。でも……」

 そう話すのは、都心の賃貸マンションに小学生の子どもと夫とともに暮らす、42歳の会社員女性だ。とはいえ、住宅購入は人生でたぶん最大となる高額な買い物だけに、悩みも多し。借りるか買うか……そんな永遠の課題をクリアして「持ち家」と決めても、次はマンションか戸建てか、郊外か都心か、はたまた中古か新築かなど次々選択肢が迫ってくる。

■先輩家族のアドバイス

「考えれば考えるほど迷ってしまう。もしかしたら十数年前の婚活以上に、むずかしい決断かもしれません」(女性)

 そんな迷える「住宅購入活動」中の人たちの参考書となっているのが『わかるマンガ マイホームを買いたい! 満足・後悔・お金…リアル体験談聞いてきました!』だ。著者のマンガ家の倉田けいさんは、不動産情報をあれこれ見るのが大好きな、いわゆる「家オタク」。家を買うまで、倉田さんが「カジュアル引っ越し」と呼ぶ、気になるエリアの賃貸住宅へのお試し引っ越しを数回おこなうなど、5年間にもわたる準備期間を経て、最近、注文住宅を購入。念願のマイホームで、夫と子どもの3人の新生活をスタートさせた。

 この本はそんな倉田さんが、「建て売り戸建て」「注文住宅」「中古戸建て」「新築マンション」「中古マンション」の5ジャンルで、実際に住宅を購入した先輩家族を訪ねて、決め手や購入のポイント、実際の住み心地、さらに住み始めてからの管理組合の運営なども聞いたマンガのルポが中心になっている。

 ちなみに床や壁面のタイルのチョイスに凝りまくって決められない「タイル沼」や、新築マンション見学時の「モデルルームマジック」、引っ越したあともリフォームやDIYを続ける「サグラダ・ファミリア」化など、住宅を買うときの「あるある」も満載で、すでに家を買ってしまった人も、購入までの楽しかったあれこれを思い起こさせてくれる内容となっている。

■地域の祭りに参加して

 今回は5ジャンルのなかでも、マンション価格が高騰するなか、割安感が大きくなっている戸建てを購入するときのポイントをピックアップ。なかでもご自身も選んだ「注文住宅」の購入ポイントなどについて、倉田さんに聞いた。まずは戸建て住宅を選んだ理由から。

「今回ご協力いただいたファイナンシャルプランナーの泉美智子先生が、意外にも最初におっしゃったことがあって。『マイホームを持つことで叶(かな)えたい暮らしがあるなら、(金額より)それを大事にするのがいいんじゃないかしら』と」

 最終的に倉田さんも、カジュアル引っ越しで「ここに根ざして暮らしていきたい」という覚悟を持てた地域に注文住宅を建てることになる。

「新居に引っ越してまもなく、賃貸暮らしのときはほとんど参加したことのなかった地域のお祭りに参加したんです。そのときですよね。あ、地域に根ざすというのは、こういうことなんだと実感がわきました」

■土地購入前にすること

 一方、戸建て購入の決意は、カジュアル引っ越しした戸建て住宅での、ちょっとした瞬間にも訪れた。引っ越し当日のこと。2階にあった和室の畳の上で「実家にいるみたい」と思いながらごろんと横になると、

「1階から夫と息子の声が聞こえてきたんです。欲していたのはこの感覚……。私のなかで、戸建て購入が決まった瞬間でした。カジュアル引っ越しには、費用がかかりますが、家はとにかく大きな買い物。夫婦とも実家を出たあと長くマンション住まいをしてきただけに、リアルな戸建て生活を体験するのに、とても役立ちました」

 そうしてターゲットが「注文住宅」と決まったら、まずは土地購入から……と考えがちだが、今回倉田さんが取材した、注文住宅購入を体験した先輩家族の場合は、なんとハウスメーカーの選定が最初だったという。

「五つのジャンルのなかでも、もっとも予算オーバーを起こしやすいのが注文住宅だと感じました。例えば、いいなあと思う土地を先に買ってから家を建てようとすると、建物に予想外の費用がかかることも多かったり、法律上のしばりで思った間取りが建てられなかったり。そんな失敗談も“あるある”のようで、今回話を伺った“注文住宅の先輩”とも盛り上がりました」

 まずは複数のハウスメーカーとやりとりしつつ、建物にどれくらいのお金がかかるかを把握。同時に土地も探して、これぞという土地にめぐりあったときに、ハウスメーカーにラフ図面を描いてもらい、思った家が建てられることを確認したら、即、土地を購入……というハウスメーカーと土地選定の“デュアル進行”が吉だという。

 こうして、土地を買い、家を建てて住むまでの総額費用を、どこまで正確に把握できるかが、注文住宅購入の、資金面での成功の鍵になる。

■マネープランを作る

「家を建てるには建物本体工事費や土地代の他にも土地の造成費や地盤補強工事費など細かい費用がかかり、総予算の約2割ほどとなることが一般的だそうです。よく広告などで○○万円でマイホームが手に入る!などと書かれていますが、○○万円は建物の本体工事費のみ……ということもあるようです。“先輩”も言うように、契約の段階でハウスメーカーに、素人が想像もつかないような追加の経費を入れた『考え得る費用をすべて含んだ総費用』を出してもらうのがいいと感じました」

 資金計画では、そうしたテクニカルな技をしっかり押さえつつ、「まずは夫婦でライフプランを踏まえたマネープランをしっかり作ること」がファイナンシャルプランナーの泉さんのおすすめだった。

 まずはマネープランの表の作成だ。夫婦それぞれの年齢(80歳くらいまで)を書き入れた表に、理想の人生を書き込み、いつどんなお金が必要になりそうかシミュレートする。

「不動産屋さんがこうした表を作ってくれることもありますが、それより夫婦でじっくり考えをすりあわせるなどしながら、自分の手でマネープランを作ることが大事。完璧なプランができるかどうかより、作る過程が重要ということが、取材を通してよくわかりました」

 額が大きいマイホームの資金計画では、固定金利のローンか変動金利のローンかなど、誰にも正解がわからない選択を迫られたあげく、のちのちの支払額が大きく変わってしまうということも。とはいえこのマネープランが借入金や月々の返済額などを決めるときの道しるべになるほか、例えば転職など、人生の局面で立ち止まって考えたり見直したりするときにも心強い指標になってくれたりする。

 家を買うことは、人生を考えること。さあ、お買い物にでかけよう。(ライター・福光恵)

※AERA 2022年9月26日号