海辺や川原に落ちている”石ころ”を拾って、愛でる──。そんな活動が今、密かなブームとなっている。「自分で拾って、自分で集めて、自分で楽しむ」のが醍醐味だ。AERA2022年10月3日号の記事を紹介する。

*  *  *

「石FES東京」。なんとも不思議なフェスが開かれていたのは、東京・清澄白河の喫茶店ハタメキ。9月10、11日の2日間にわたり開催され、石拾いや石を使ったアート制作、鉱物コレクションなど、様々な形で石を愛する人たちが出展した。

 フェスはハタメキの店主・江間みずきさんと友人のアッコさんが発起人となり、石好きの仲間たちと開催したもの。

 小さい頃から家族へのお土産に旅先で石を拾っていたという江間さんは、

「価値観が多様化して、自分の『好き』を大切にする人が増えています。石を愛する人たちの『私しかわからないこの石の良さ』を共有できる場になれば」

 とその意図を語る。

 石といえば、日本には水石と呼ばれる伝統文化がある。台座に置き、山並みや滝などの風景に見立てたりして鑑賞するものだ。一方、鉱物や天然石も世界中に多くのファンがいる。

 しかしこうした従来の石カルチャーと、今回のフェスを中心とした石ブームは、どうやら違うものらしい。

■情報より「一撃の感動」

 フェスの目玉イベントとして盛り上がりを見せていた宮田珠己さんのトークショーにお邪魔した。

「本当はもっと持ってきたかったんだけど、重くて持ってこられなかったの」とリュックから次々に石を取り出す。石が入った袋には、拾った海岸の名前が書かれている。

「これは大航海時代の地図みたいでしょ。これは太陽の石って呼んでるの。模様が太陽みたいでしょ。見つけたときは『きたっ!』と思ったね」

 参加者に石を見せながら熱く語っているのが宮田さんだ。現在の石ブームを牽引する人物で、2014年に出版した紀行エッセイ『いい感じの石ころを拾いに』は石拾いのバイブルとして愛読者が多い。

 書名が示す通り、宮田さんが拾うのは単なる「いい感じの石ころ」だ。水石を購入するでも鉱物を探し求めるでもない。

<とにかく海辺にしゃがみこんで、なんかいい感じの石ころを探していれば私は満足だった。そして、それ以上主張したいことは、とくにないのだ>

 とあとがきには記されている。誰でも海辺や川原に落ちている石ころを拾った経験があるだろう。あの石ころが、なぜこんなに人を惹きつけるのか。

 水石なら、数万円、時には数十万円という値がつく。鉱物の場合も、希少性によって市場での価値が決まっている。

 ところが石ころの場合は価値はない。正確にいえば、拾った当人にとっては価値があるものかもしれないが、一般に共通する市場価値はない。

 宮田さんが拾うのはあくまで「触ってちょうどよくて、いい感じのもの」。どんな種類の石で、どれほどの希少性があるか。そうした情報には目を向けない。

「面白いんだろうけど逆に目が曇っちゃうような気がして。一撃の感動が薄まりそうだから、調べないようにしてる」(宮田さん)

■今年からブーム実感

 石ころは石ころでも、「いい感じの石ころ」となるとどこにでも転がっているものではないらしい。この海岸にいい石があった、あの海岸はもう拾われ尽くされている……そんな情報交換を来場者たちと交わしていた。

 宮田さんと熱い石トークを繰り広げていたのは、愛知県から来たデザイナーの男性。石を拾うようになったきっかけは、同じ事務所のデザイナーが地元の海で拾った石を持ってきたこと。子どもの頃に石を拾っていた記憶が蘇り、石が好きだったことを思い出したという。以来、「石の人」を名乗り、ブログ「石と海」やSNSで発信している。

 石拾いの旅は一人で行くことも多いが、仲間と行くこともある。そんな時は宿に戻ってからそれぞれが拾った石を披露しあう。酒を飲みながら、これがいい、ここがいいと品評会をする時間が「めちゃくちゃ楽しい」。

「海岸では、埋もれて周囲に溶け込んでいた石が、持って帰ってくると1個の石という存在になる。海で見たときとは全然印象が違って見えるんです」

 今年になってSNSのフォロワーや問い合わせが増え、ブームを実感している。「売ってほしい」という問い合わせもあるが、拾った石そのものを売ることは現時点では考えていない。自分で拾って、自分で集めて、自分で楽しむ、それが醍醐味だと思っているからだ。

 石の人にとって、「いい感じの石ころ」とはどんなものか。そう聞くと明快な答えが返ってきた。

「1に形、2に色味、3に展開。あとは触り心地と密度です」

 展開とは表から裏への模様の広がりのことで、密度とは、石の大きさに対して重さがあること。ぎゅっと詰まった感じがするものが密度が高いのだそう。

 波打ち際で拾ったときなど石が濡れた状態だとより魅力的に見えるため、乾いた状態で確かめることも忘れてはいけない。(編集部・高橋有紀)

※AERA 2022年10月3日号より抜粋