9月23日(金・祝)〜25日(日)の3日間、東京ビッグサイト(江東区有明)で「GOOD LIFEフェア2022(主催・朝日新聞社)」が開催された。「様々なモノ・コト・トキを通じて、SDGsを知り、体験し、楽しむ、参加型のフェステイバル」の会場には、約200の出典パートナーが集合。海のごみで万華鏡を作ったり、「いざ」に備える防災体験コーナーで災害への備えを考えたりなど、大人だけでなく子どもも目を輝かせながら参加していた。

 9月24日(土)には、「働く女性が大事にしたい仕事と暮らしの“マイルール”」と題し、あらゆる世代の働く女性を応援する2大雑誌、「日経WOMAN」の藤川明日香編集長と「AERA」の木村恵子編集長が対談した。各編集長の仕事と暮らしのマイルールとは何か? 対談の模様を、お届けする。

*  *  *

「日経WOMAN」と「AERA」は、それぞれ月刊誌と週刊誌という違いはあるが、ともに1988年の創刊であり、来年は創刊35周年を迎える。

「日経WOMAN」の藤川明日香編集長は、日経BPに24歳で入社。大学では建築を学んでいたが、メディアに興味があった。「日経アーキテクチュア」編集部に配属となった際は、中国の北京と上海に1人で取材に行き、現地で活躍している日本人建築家などを取材し記事を掲載したことも。その後、生活情報を扱う雑誌の創刊チームの一員となったときに、今まで出会ってこなかったタイプのカメラマンやインテリアスタイリストたちとのクリエイティブな仕事に刺激を受けたという。

藤川:そのときに「すごく気持ちが動いた」んです。その後「日経WOMAN」編集部に異動し、普通に働く女性たちがどういうことを考えているのかに興味を持ちました。取材をしてみると、悩みがキャリアの話だったり、人生の話だったりする。等身大の働く女性たちが考えていることや、試行錯誤していることにとても共感し、みんながんばっているんだと強く感じましたね。

 その後、「日経WOMAN」の副編集長になり、編集長になって5年目だ。

藤川:編集長としての仕事に慣れてはきました。でも、自分の中の悩みが大きくなったときには、友人のコーチングに助けられています。1番辛い時期は、月1回ぐらいでコーチングをしてもらい、私の悩みをひも解いてもらっていたんです。

 印象的だったのが、「毎月、一定の部数を売らなきゃいけないといったストレスやプレッシャーが大きすぎて、本当にきつい」と話したら、友人から返ってきた言葉が「目標部数を達成できないことは、あなたの価値とは関係ないよね」でした。それが本当に、救いの言葉になりましたね。「たくさん売れる雑誌を作れない私に価値がないわけではない。それとこれとは、別な話だ」と。

■ ニュースは自分の中にもある

「AERA」の木村恵子編集長は22歳で朝日新聞社に入社し、新潟支局や千葉支局での「サツ回り(警察回り)」などを経験した。そして朝日新聞社出版局(現在は朝日新聞出版)にあった「AERA」編集部へ27歳で異動を希望する。現在は、2人の女の子を育てるママでもある。

木村:「地方出身の女は損!?」という誌面を担当したりしました。私は福井県出身で、地方出身の女性が都会で仕事をすることへのストレスをとても感じていました。なので、その思いを誌面で発散する!みたいな。入社後は事件などを取材し、もちろんそれも面白かったんですが、「ニュースは自分の中にもある」と思ったんですね。ぜひ、普通の人が抱える悩みを記事にして掲載したいと思いました。

 働く女性として、20代だった木村が抱えていた悩みを記事にしていった。そしてそれは、すごく楽しかったと語る。30歳を超えても楽しかったが、「このまま続けていたら自分はどうなるんだろう?」という思いも、じわじわと増えていったという。

木村:「自分の人生って?」と思ったことも度々ありました。雑誌の場合は比較的、異動もなく仕事ができるのでは?という思いが、心の中には確かにありました。36歳で第1子を出産したときは本当にきつくて……当時は副編集長で、テレワークなどありませんでした。

 子どもを保育園に20:30まで預けて、最初はベビーシッターさんも雇っていましたが、仕事も育児も家事もうまく回らなかったんですね。副編集長はいわゆる管理職。藤川さんの話ではないですが、周囲の環境をちょっと変えてみると違ってくるかもしれないと思ったんです。

 41歳で第2子を出産したときに、PM7時15分まで預かってもらえる保育園に敢えて預けました。「それでもちゃんと迎えに行けるような生活にしよう」っていう風に考えたんです。編集部や仕事の仲間にも理解してもらって、働き方を変えていきました。仕事を整理したというよりも、やり方を変えたり、効率化したり、「この時間に帰ります」と周りに伝えたりして。いまは、小5と5歳の2人の娘がいます。

■編集長の仕事と暮らしのマイルールとは?

 働くママの中には仕事場で、「すいません。お迎えがあるので帰ります」という言葉を発することに勇気が必要だったり、後ろめたさを感じたりする人もいるだろう。そして以前は、夜中までオフィスで仕事していたという人も多かったはずだ。特にマスコミの場合、AM2時過ぎまで編集部で仕事をする部員たちも多かった。

 コロナ禍を経験した今、多くの人が普通にテレワークをするようになり、自宅で仕事ができる態勢も整えられた。現在「AERA」はインスタライブをしたりSNSで記事の内容を配信したりするなど、編集長の木村は自分らしく情報を配信していこうと思っているという。

 あらゆる世代の働く女性を応援する2大雑誌、「日経WOMAN」の藤川編集長と「AERA」の木村編集長の、仕事と暮らしのマイルールとは何であろうか?

藤川:私の仕事のマイルールは、以下の3つです。

(1)耳栓と音楽で自分を守る

(2)休日にプチ仕事をして平日の焦りをなくす

(3)推せる人と縁をつくり、仕事につなげる

 基本的に毎日出社していますが、他部署の人がオンラインで話している声など、いろんなノイズが聞こえてくるので、集中したいときには耳栓をしたり音楽を聞いたりして自分を守っています。「休日は仕事をしない!」と考える人もいると思いますが、私の場合、原稿のチェックや資料の作成など、休日に少し仕事を進めておいて、月曜日からの仕事の焦りを和らげるようにしています。

 また、雑誌で取材するなかで気になった方とは接点を作り、次の仕事に繋げています。現在、雑誌だけではなく、本の編集も手掛けていまして、去年は3冊の書籍を出版しました。この人の話を書籍にすることで、多くの人に響くのでは?と思える取材相手に書籍の話を打診することが多いです。自分の中で「推せる人」と仕事をするというのが、仕事の楽しみでもあります。

■イノベーションを起こすには、いろんなアイデアが必要

木村:私の仕事のマイルールは、この3つです。

(1)任せる。自分が絶対とは思わない

(2)効率化する

(3)朝時間を有効に使う

「任せる」ですが、雑誌を作っていると価値観は本当に多様だと感じます。「自分で決めて、みんなを導く!」みたいな仕事のスタイルの人もいると思いますが、自分はそうではありません。

 先が読めない時代だからこそ、みんながイノベーションを起こすにはいろんなアイデアが必要です。なので、自分がいいと思ったことがすべてではない、と感じるようにしています。自分の考えとしては、バッと決断するというよりは、チームのみんなの思いを集めて作って進んでいきたいですね。

 週刊誌の編集長になると、仕事は本当に効率化していかないと終わりません。だから、朝の時間はとても大切。子どもと一緒に帰宅して家事をした後、気がついたら仕事をする時間がなかったりします。なので、夜は子どもと一緒に寝て、朝はAM4時や5時に起きて仕事をしたりすることもあります。メールの確認など、コーヒーを飲みながら朝を自分だけの時間にすると、仕事にも余裕が持てます。

■ 何の役にも立たない時間が大切

藤川:暮らしのマイルールは、この3つですね。

(1)夜は好きなものを観てダラダラ

(2)休日の昼はカフェをハシゴ

(3)気の合う人とサシ呑み! 力をもらう

 自宅ではダラダラする時間、要は「何の役にも立たないかもしれない時間」が大切だと思っています。なので、推しの俳優の動画配信やDVDなどを、ひたすら見て過ごしたりしています。

 休日の昼は、カフェで少し仕事をしたら、お昼を食べるのは気分を変えて別のカフェに移動する……など、カフェをハシゴするのが定番。あと、友人とのサシ呑みは大切ですね。大人数で喋ると会話が薄くなっちゃう気がしているので、基本はサシ呑み。いろんなことを話して相手からパワーをもらうことで、自分の思いを言語化でき、結果として悩み事も整理できるような気がします。

木村:暮らしのマイルールは、この3つです。

(1)子どもを巻き込む

(2)夫と分担

(3)笑う!!

 SNSでよく、綺麗に盛り付けられたご飯の画像を見たりもしますが、わが家においてそんなご飯作りは、まったくできていません。家事は毎日のこと。ゆで卵を作ったら殻は子どもが自分でむいたり、上の子には野菜などの材料を切ってもらったりしています。もちろん、冷凍食品も利用しますよ。逆に、みんなで作る夜ご飯が楽しいよねっていう雰囲気にしています。

 夫との家事・育児の分担は欠かせません。家族の予定はアプリで管理をしています。この日は出張でいないとか、休日だけど仕事が入ったなどを書き込んで調整し合っています。

「夫と私と、どちらが忙しいの?」と聞かれることも多いのですが、どっちもどっちという感じですね。だけど週刊誌の編集長になると、祝日でも仕事が入ったりします。祝日だと小学校も保育園も休みなので、そうなると夫の出番でしょうか。最近は自宅で仕事ができるようになったので、助かっています。夫と不満をため合わずに相談して、爆発したりしないようにしています。

 そして「笑う!!」。家事や育児も、自分が疲弊していると回らなくなるし、嫌な気持ちになるときもあります。仕事もトラブル続きで、怒りっぱなしなときもありますが(笑い)。でも、自分の心の中にある「面白い仕事をやっているよねっ」ていう気持ちが、支えになっています。

■働く女性たちに対してエールを!

藤川:「毎日、自画自賛を!」。いい写真が撮れた、複雑な連絡事項をメールでうまく文章化して伝えられたなど、小さなことでもいいんです。今日はちょっとうまくやれた!という実感を積み重ねることで、自己肯定感につながると思います。

木村:「カンペキじゃなくても、自分らしくが一番!」。人と比べない。私はこのスタイルだし、自分らしく毎日を過ごしていくことが一番だと思います。働き方も、これをしたら全員が幸せみたいな「絶対的な正解」ってないと思うんですね。私も自身が完璧じゃないということを日々、感じているし、それを今回、お伝えできたら嬉しいです。

(朝日新聞出版/長谷川拓美)